96%で就職できるDYM就職の評判って?【ニートや既卒は必見】

ニート
この記事でお伝えすること
  1. DYM就職はニートやフリーターでも使えるの?
  2. DYM就職の評判や口コミ
  3. DYM就職を使うのに向いている人
  4. DYM就職を活用していく為のポイント

こんにちは、転職ブロガーのまっつんです。

ニートやフリーター、既卒や第二新卒などで「就職したいけどどうすればいいのか分からない」と感じている人は多いと思います。

そんな時にオススメしたいのが「DYM就職」です。

ニートやフリーター、既卒だと大手就職エージェントは「紹介できる求人がない」と断られてしまう場合が多く「ニートやフリーターが利用できる就職エージェントサイト」というのはあまり周知されていません。

そこでこの記事では「DYM就職のリアル口コミを交えた評判や利点・活用ポイント」を詳細に記事にしていきたいと思います。

スポンサードサーチ

DYM就職は既卒やフリーター・ニート・第二新卒向けのエージェントサイト

DYM就職は既卒やフリーター・ニート・第二新卒向けのエージェントサイト

DYM就職は20代若手の就職・転職に特化した求人紹介サービスです。

なんと就職の相談からの就職率が驚異の96%!!基本的にDYM就職を利用するターゲットとして当てはまる人は、

  • 18歳~35歳の若手就職希望者
  • 未経験から新しいことに挑戦したい新卒・既卒・第二新卒
  • 正社員で働いた事がないフリーターやニート
  • 中卒や高卒、大学中退や専門学校卒業の人

であり、上記の項目に当てはまるのであればDYM就職が就職までの手厚いサポートを行ってくれます。

以下メリットやデメリットを挙げていきますが、ここまでで興味を感じている人はまず公式サイトを一度見ておくと良いかと思います。

▼DYM就職はこちらから▼

DYM就職を使用するメリット!良い評判や口コミも含めて紹介

DYM就職を使用するメリット!良い評判や口コミも含めて紹介

それではDYM就職を使用する上でのメリットや口コミを紹介していきたいと思います。

書類選考なしで面接まで行くことが可能

まっつん
1点目は「書類選考なしで面接まで行くことが可能」という点です。

DYM就職は信用ある企業のみ求人に登録しているので、採用担当の人と直接交渉を進めていくことが可能です。

それ故に書類選考は必ず通過して面接からセッティングすることが可能になります。

これによって選考をかなりスピーディに進めることができますよね。

また採用担当とDYM就職のアドバイザーが繋がっている訳ですから、企業の内部事情や面接で聞きにくいことを応募前に全て確認することが可能です。

ちょっとした困り事も全て担当アドバイザーに相談し、解消しながらスピード感ある就職活動を行えることはかなりのメリットと言えるでしょう。

正社員求人が100%で就職率はなんと圧倒的な96%

まっつん
2点目は「正社員求人が100%で就職率はなんと96%もある」点です。

これはかなり凄いメリットだと思います。「未経験歓迎」の求人が多い中で書類選考もなく面接まで進むことができますし且つ正社員求人です。

しかも第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも就職率が96%で正社員になれるわけですからね。

担当アドバイザーと相談し、自分にマッチングする求人を見つけることができれば、高確率で就職することができるでしょう。

2000社の優良企業から適切なカウンセリングで企業を紹介してくれる

まっつん
3点目は「2000社の優良企業から適切なカウンセリングで企業を紹介してくれる」という点です。

一般的にエージェント会社というのは担当官1人当たり就職希望者は10人ちょい付く感じで仕事を回しています。

しかしDYM就職では担当官1人当たり数人しか請け負っていない為、1人に対して充実なサポートをすることが可能な体制になっています。

キャリアアドバイザーが就職希望者のニーズを適切に汲み取り、先にも言ったような「未経験歓迎」の求人や「研修制度が充実している会社」をしっかりマッチングさせてくれます。

ですので第二新卒・既卒・フリーター・ニートにはかなり向いているサービスと言うことができるでしょう。

スピード感のある採用活動を行うことが可能

まっつん
4点目は「スピード感のある採用活動を行うことが可能」という点です。

先にも言った通りDYM就職を利用することで書類選考はありませんので、スピーディに採用活動を進めることが可能です。

それに加えてDYM就職では「できるだけ早く就職したい」という要望にもかなり融通を効かせることができます。

なんと学歴や経歴に不安があったとしても企業によっては「最短1週間で就職することが可能」だそうです。凄い早いですよね。。

通常ここまで焦って就職先を決める必要はありませんが、スピード感持って臨むことができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

面談できる場所が全国に散らばっており地方の人も使いやすい

まっつん
5点目は「面談できる場所が全国に散らばっており地方の人も使いやすい」点です。

これはかなりデカいメリットです。基本的に東京・関西辺りでしか利用できないエージェントは多く「利用したいのに地方だから利用できない」という人はかなり多いからです。

念のため主要の拠点を載せておきますね。

  • 東京: 東京都品川区西五反田2-28-5 第2オークラビル 3F
  • 大阪: 大阪府大阪市北区梅田2丁目4-9 ブリーゼタワー 23F
  • 名古屋: 名古屋市中村区名駅1丁目1番1号 JPタワー名古屋 12階
  • 福岡: 福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル6階
  • 札幌: 札幌市北区北7条西4丁目-1-2 KDX札幌ビル1階
  • 広島: オフィスではなく駅周辺の面談会場
  • 仙台: オフィスではなく駅周辺の面談会場

関東・関西だけでなく、東北方面や九州方面にも伸びていますので、利用できる人はかなり多いでしょう。

以上がDYM就職のメリットです。興味がある方は以下公式HPから一度覗いてみると良いかもしれません。

▼DYM就職はこちらから▼

DYM就職を使用するデメリット!悪い評判や口コミも含めて紹介

DYM就職を使用するデメリット!悪い評判や口コミも含めて紹介

メリットを紹介したところで、次はDYM就職を使用する上でのデメリットの部分も載せていきたいと思います。

少し求人数がもの足りなく感じてしまう

まっつん
1点目は「求人数が少ない」と言うことです。

マッチングできれば9割を超える確率で就職できるメリットがあるものの、やはり2000社では少し物足りなく感じてしまう可能性があります。

この部分は他の就職エージェントを併行して利用することで埋めていく他ないでしょう。

未経験歓迎なので業種が制限される

まっつん
2点目は未経験歓迎の求人が多いので業種が制限されるということです。
未経験歓迎なので業種が制限される
こちらはDYM就職における業界・職種を纏めたものになりますが、DYM就職は企画・事務・医療において他の就職エージェントよりも求人比率が低い傾向にあります。

求人が2000社しかないので、自分の希望の職種の割合が少ない!と感じるのであれば、やはり他の就職エージェントを同時に利用していくしかありません。

その点含めて、後でもう少し解説します。

キャリアアップには向いていない

まっつん
3点目は「キャリアアップには向いていない」という点です。
何度も言うように未経験求人の割合が大変多いです。「転職して年収を上げたい」とか「同じ職種で環境を変えて成長したい」とか、そのような思考の方には少し物足りないと感じると思います。

また学歴が高い方や、大手企業に勤めていて転職したいと言う方も同様です。少し物足りない可能性が高いでしょう。

就職エージェントを利用する時の一般的な手順

就職エージェントを利用する時の一般的な手順

DYM就職のメリットやデメリットを紹介し終えたところで、就職エージェントを登録して使用する際の手順について説明していきたいと思います。

DYM就職に限らず、エージェントを利用する際の手順ですので、もう知っている方は飛ばしてもらって大丈夫です。

まずはWebサイトで個人情報の登録

まずはWebサイトで個人情報の登録

まずは対象のWebサイトにアクセスし、自分で個人情報を打ち込み、エージェントの登録を行います。

キャリアアドバイザーと初回面談の調整を行う

キャリアアドバイザーと初回面談の調整を行う

登録すると、担当の方が情報を確認してくれるので、2~3日後に担当のキャリアアドバイザーの人から電話がかかってきます。

この時に自分の状況を軽く伝え、キャリアアドバイザーと初回面談の行う日の調整をしていきましょう。

この部分、就職エージェントによっては対面ではなく電話で対応を済ませてしまうところもあり様々です。

エージェント会社に行きキャリアアドバイザーと面談する

エージェント会社に行きキャリアアドバイザーと面談する

調整を終え面談日になったらキャリアアドバイザーと面談を行っていきましょう。

服装に関しては特にスーツを着る必要はなく、普段着で別に問題ありません。

「希望業種や職種」「希望の年収」「勤務地」「どんな風に働きたいか」について話し合い、担当のキャリアアドバイザーに自分の希望を伝えられるように話していきましょう。

ここで「自分がどんな会社を求めているのか」が曖昧になってしまうと、相手の担当の人も微妙な求人しか紹介してこなくなります。

簡単でいいので、自分の思いをしっかり伝えられるようにしましょうね。

面談が終了すると担当アドバイザーが求人を紹介してくれる

面談が終了すると担当アドバイザーが求人を紹介してくれる

無事面談を終えると、担当アドバイザーがあなたに合うような求人を紹介してくれるようになりますので、自分の希望に合う求人を探していきましょう。

合わないと感じた求人はすっぱり断っていいので、自分に合う求人を探していきましょう。

応募求人が見つかったら書類を実際に応募する

応募求人が見つかったら書類を実際に応募する

無事応募求人が決まったら、実際に企業に応募していきます。

この時、履歴書や職務経歴書の書き方も担当アドバイザーから指導や添削が入るので、特に何も分からなくても進めていくことが可能です。

応募書類が無事通過したら面接を受けていく

応募書類が無事通過したら面接を受けていく

書類に無事通過したらいよいよ企業との面接を行っていきます。

DYM就職においては書類選考は必ず通過するので、すぐ様面接に移る準備が必要です。

ここの部分も担当アドバイザーが面接のテクニックや、面接練習を行なってくれますので、しっかり対策していきましょう。

内定を獲得したら入社日を決めて行こう

内定を獲得したら入社日を決めて行こう

面接を複数回行い、無事内定を獲得することができたら就職活動は完了です。

ここまできたら担当アドバイザーが企業と交渉してくれるので、入社日についての話を進めていきましょう。

まっつん
このように就職エージェントはかなり手厚いサポートを行ってくれます。無料で利用できるのでどんどん活用していきましょう!

▼DYM就職はこちらから▼

DYM就職を使うのに向いている人は?

DYM就職を使うのに向いている人は?

ある程度の説明は終わったので、ここで再度DYM就職を利用するのに向いている人について書いていきたいと思います。

冒頭でも軽く書きましたが、

  • 18歳~35歳の若手就職希望者
  • 未経験から新しいことに挑戦したい新卒・既卒・第二新卒
  • 正社員で働いた事がないフリーターやニート
  • 中卒や高卒、大学中退や専門学校卒業の人
  • 最速で就職したいと思っている人
  • 主要7都市で面談することが可能な人

このような方はDYM就職を利用するのにかなり向いています。

逆に「時間をたっぷり使ってもいいから、一生働いていける企業を探していきたい」と感じているならば、DYM就職を利用することはオススメできません。

就職を急かされるわけではありませんが、次項で述べるようにもっと適切な就職エージェントは存在します。

実際に登録して面談まで行くのは少し労力を使うと思いますが、受けれるメリットは絶大です。「あっこれ使えそうだな」って思ってもたぶんここですぐ様登録しようとする人は100人に1人くらいでしょう。

明日になるともう忘れてしまうと思いますので、この記事を読んでやる気になっている人はすぐ様行動に移していくことを推奨します。

▼DYM就職はこちらから▼

現実的にDYM就職だけだと就職はキツい。エージェントの複数利用が理想的

現実的にDYM就職だけだと就職はキツい。エージェントの複数利用が理想的

さてDYM就職について紹介してきましたが、現実的にDYM就職の2000社だけの求人だと、いくら最速で就職を決めることができるとはいえ少し不安要素が残ります。

加えて1人のキャリアアドバイザーの意見だけ信用することもとてもリスクが高いです。なぜなら相手のアドバイザーが「ただ就職させたいだけ」と思っている可能性があるからです。

複数人の適切な意見を聞くことで、自分が納得のいくような判断をしていった方が確実な手法だと言えます。

自分の経験からいう話を少ししますが、僕は新卒の会社をを10ヶ月で辞めて第二新卒として転職活動を行い就職しました。

効率的に転職をする為に転職エージェントを利用して転職を進めていたのですが、やはり1社だけの利用ではなく、5社くらい登録して複数のアドバイザーから助言を頂いていました。
まっつん
最終的に主要で使っていたのは1社ですが、どうせ無料で活用できるサービスですしこんな経験滅多にありません。登録するのに面倒と思うかもしれませんが、初動での対応が今後の結果に結びついてきますよ。

どこよりも充実な対応!ウズキャリ

どこよりも充実な対応!ウズキャリ

DYM就職だと書類審査は全てパスすることができますが、多少時間をかけてももっと安定した企業に入社したいと考えている方は「ウズキャリ(UZUZ)」がオススメです。

ウズキャリは就職内定率・入社後の定着率も約90%と高い数値がついていますし、何より他の就職エージェントと比較して就職に至るまでの相談から選考対策までを他社より10倍の時間を使って行ってくれます。

加えて内定定着率が95%であり、手厚いサポートがしっかり内定後の定着に結びついているのが素晴らしいです。

DYM就職と同様に第二新卒・既卒・フリーター・ニートがターゲットになっているので、不安であれば是非こちらにも相談してみると良いでしょう。

▼ウズキャリ(UZUZ)はこちらから▼

就職Shopは求人数も多いので併用がオススメ

就職Shopもオススメ

またDYM就職と同じように「就職Shop」の利用も大変オススメです。

DYM就職と同様に就職Shopでも書類選考なしで求人を応募することが可能です。

しかも就職Shopは求人数がなんと8500社もあり、DYM就職の4倍もあります。これはかなり大きい差です。

関東圏と関西圏でしか利用できないことが最大の難点ですが、もし利用する場所に住んでいるのであれば、必ず一緒に登録しておくことを推奨します。

▼就職Shopはこちらから▼

ハタラクティブの利用もオススメ

ハタラクティブの利用もオススメ

またDYM就職と就職サポートが似ている「ハタラクティブ」もオススメです。

ハタラクティブも就職ShopやDYM就職と同様に「完全未経験」で求人を紹介してくれますし、何より「若手をしっかり育てていきたい」「幅広い人材を採用したい」という思いから人物重視の採用を行っている企業が多く集まっています。

職種も幅広く集まっていますので、DYM就職との複数利用で使うのに向いていると思います。

▼ハタラクティブはこちらから▼

営業職で高収入の求人を見ていきたいと感じているなら

営業職で高収入の求人を見ていきたいと感じているなら

もし上記のような就職エージェントで仕事を探していくのではなく「営業職単体として高収入の求人を見ていきたい」と感じているならば、「NARIAGARI営業職特化型人材紹介サービス」を利用することをオススメします。

こちらNARIAGARIの特徴としては、

  • 他の就職エージェントには存在しない営業職の求人に特化
  • アドバイザーが企業と求職者の両面を1人で担当する「一気通貫型」を採用している
  • 給与の高い企業をご紹介

という点が特徴で、担当官1人がミスマッチの少ない企業を紹介をすることで、高い内定率と定着率を実現しております。

給与も高い仕事を紹介してくれるので、もし「高収入の求人が欲しい」「営業職希望」と言う方は、このような特化サービスを利用した方が効率的に内定獲得しやすいと思います。

▼NARIAGARIはこちらから▼

DYM就職のよくある質問

DYM就職のよくある質問

最後にDYM就職を利用するに当たって、よく皆さんが疑問に思う部分をここに纏めましたので、興味があればご覧ください。

就職経験が無いのですが面談可能でしょうか?

DYM就職
もちろん可能です。面談させていただき、どのような職業が合うのかを一緒に考え、一人ひとりに合った求人をご紹介させていただき、内定までサポートさせていただきます。
まっつん
就職経験がないと不安に感じるかもしれませんが、DYM就職においては心配ありません!

第二新卒ですが求人をご紹介いただけるのでしょうか?

DYM就職
ご心配には及びません。弊社のサービスは新卒・中途・第二新卒全てをカバーしております。特に第二新卒においては求人数も多いのでご紹介出来る幅が他社に比べて広い事が特徴です
まっつん
第二新卒においても利用可能ですので活用していきましょう。

異種業への転職を希望していますが可能ですか?

DYM就職
可能でございます。弊社が取り扱う求人の中には未経験者募集の求人が多数ございますので、現在の業種と関係なく様々な求人をご紹介することが可能です。
まっつん
基本的に未経験求人が多いので、業種が異業種であろうと問題ありません!

専門学校を卒業してからフリーターをしていましたが、求人はありますか?

DYM就職
もちろんございます。弊社のエージェントと面談していただいた上で、あなたに合った企業をご紹介させていただきます。
まっつん
フリーターやニートにも求人が手厚いのが、DYM就職の強みですね。

大手企業などの求人もあるのでしょうか。

DYM就職
ご案内可能な求人はもちろんございます。東証一部上場企業の求人などもございますので、一度エージェントと面談していただければ求人をご紹介することは可能です!
まっつん
一部大手の求人もあるそうなので、希望なら積極的に狙っていきましょう!

まとめ

というわけで内容は以上となります。

基本的にエージェント関係は使用者は無料で利用することができるのが強みです。もし利用して「ダメだった」「使えない」と感じてしまっても、利用を止めればいいだけで自分に損はありません。

是非天職に巡り会うための選択肢を増やして、自分に合った方法で就職先を探していきましょう。

それでは。