未経験からでもなれる?フリーランスのプログラマーになる際のポイントを解説

フリーランスの仕事
  • フリーランスのプログラマーって何?
  • フリーランスのプログラマーになる方法は?
  • フリーランスのプログラマーになるポイントが知りたい

こんな疑問に答えます。

フリーランスのプログラマーになりたいと感じているものの「実際になる方法が分からない」と感じている人は多いのではないでしょうか?
本記事では「フリーランスプログラマーになる方法やポイント」について解説します。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確にすることができますよ。

プログラマーの仕事内容

プログラマーとは、その名前の通り、プログラムを組むことが主な仕事です。様々なプログラミング言語を使用してコードを書くことで、プログラムが組まれます。

また、業務の中では、プログラムのコードを書くコーディングだけでなく、バグの検出、修正を行うデバッグさらにはシステムをチェックするテストなども行われます。

未経験からでもフリーランスのプログラマーになれる

実は、プログラマーは未経験の状態からでもなることのできる職業です。では、なぜ未経験の人でもなることができるのでしょうか。確認していきましょう。

IT業界は人材不足が続く

IT業界は、私たちの日常生活に欠かせない様々なサービスを提供してくれている一方で、人手不足を常に抱えている業界でもあります。

また、業務のきつさや長時間労働、給料の低さなどのマイナスイメージを持っている人が多いのも人手不足に拍車をかけているようです。

一方で、人手不足に陥っているということは、人材に対するニーズが高いと理解することもできます。

つまり、未経験やフリーランスといた立場の人でも仕事を獲得できるチャンスがあるということです。

仕事を受注する方法は多岐にわたる

未経験のフリーランスのプログラマーでも仕事が受注できるようになった背景には、クラウドソーシングの存在が挙げられます。

様々な仕事が集まるクラウドソーシングでは、プログラミングに関する仕事も少なくないため、プログラマーにとっても追い風となっているようです。

もちろん勉強は必須

未経験からでもプログラミングの仕事をすることは可能です。ただし、これはあくまでもプログラミングの勉強をすることを前提とした場合です。

勉強なしでいきなり仕事が受注できるほど甘くはありません。ある程度の勉強量は必要になるので注意してください。

未経験からフリーランスのプログラマーになるメリットとデメリット

未経験からフリーランスのプログラマーとして働くことには、いくつかのメリットとデメリットが存在します。ここでは、そのメリットとデメリットそれぞれについて解説します。

フリーランスプログラマーのメリット

オフィスに出社する必要がない

フリーランスでしかもプログラマーとなると、オフィスに出社して仕事をする必要がありません。

基本的には自分のパソコンとインターネット環境さえあればどこでも仕事ができるので、場所の縛りなく働けるのはフリーランスのプログラマーの大きなメリットだと言えるでしょう。

時間に縛られない

場所同様、時間にも縛られずに働くことができます。

プログラマーの場合、クライアントが求める納品物を期限までに納品できれば、基本的にいつ働いても構いません。午後から働き始めてもいいですし、深夜に働いても構いません。
時間の縛りがないので、仕事とプライベートの両立もしやすいでしょう。

受注するかどうかの判断が自分でできる

どの仕事を受注して、どの仕事を受注しないか、はプログラマーが自分自身で決めることができます。

興味のある仕事だから引き受けてみた、自分の苦手なタイプの仕事だから引き受けない、といった判断基準を持っていたとしても問題ありません。

もちろん未経験のフリーランスのプログラマーとなると、最初のうちは仕事の選り好みをするほど余裕はないかもしれませんが、仕事が軌道に乗ってくるとそういったことも可能になるでしょう。

人間関係は最低限になる

フリーランスとして働くとなると、人との関わりは会社員に比べるとグッと減るはずです。そのため、煩わしい人間関係によるストレスを感じることもなくなります。

仕事で人と関わるのは最低限となり、しかもチャットやメールベースでのコミュニケーションがベースとなるので苦手な人と顔を直接合わせなくて済むのはプログラマーの大きなメリットだと言えます。

フリーランスプログラマーのデメリット

収入が不安定

フリーランスは必ずしも毎月の仕事の量が一定ではないため、収入は不安定になってしまいます。

ある月は過去最高月収を記録したものの、その翌月は過去最低月収を記録してしまうケースも十分にあるでしょう。

特に未経験のフリーランスのプログラマーとなると、最初のうちは受注できる仕事に限りがある可能性があるので、どうしても収入が安定しない状態となってしまいます。

仕事が見つからないこともある

IT業界は確かに人手不足ではありますが、だからと言って常に仕事が見つかるわけではありません。

企業が求めるスキルと自分のスキルや経験がマッチしていなければ仕事は発注されないため、場合によっては仕事が見つからないケースもあるでしょう。

孤独になりがち

人との関わりが減ることでストレスも減るのは、フリーランスのプログラマーの特徴ですが、人との関わりが少ないあまり、孤独感を感じることもあるでしょう。

そういった事態を避けるためにも、例えば人がたくさんいるカフェで仕事をしてみたり、友人と会ってみたりするようにしましょう。

雑務が増える

フリーランスは、自分の本業に加えて様々な雑務をこなすことになります。

例えば仕事を探すための営業活動や請求書の作成、確定申告などです。本業とは違う部分での労力と時間を必要としてしまうため、煩わしさや面倒臭さを感じる人もいるでしょう。

フリーランスのプログラマーに必要なスキルを身につける

未経験の人がフリーランスのプログラマーとして活動するためには、仕事が受注できるレベルのスキルを身につける必要があります。ここでは、スキルを身につけるための方法について解説します。

独学で勉強する

1つ目は独学によってスキルを身につける方法です。

プログラミングに関しては、たくさんの書籍が販売されているほか、インターネット上で検索をかけてもたくさんの情報がヒットします。そのため、独学だけでも十分に知識を身につけることが可能です。

スクールを利用する

2つ目は、プログラミングスクールを利用する方法です。

プログラミングスクールを展開している企業は少なくなく、中には就職支援を行ってくれるケースもあります。

特に大手のTechAcademyでは様々なコースが用意されている為、非常におすすめのスクールです。

Techacademy(テックアカデミー)の評判は?気になる口コミについて解説

2020-08-04
自分のスキルや経験に自身のない方は是非利用してみて下さいね。

学んだことはアウトプットする

独学の場合でもスクールの場合でも、学んだことは実際にアウトプットすることが重要です。

知識として知っているのと、実際にスキルとして扱えるのとでは大きな違いがあります。また、頭ではわかっていても実際にやってみるとうまくいかないケースもあるでしょう。
そのような経験を繰り返していくことで、実務で使えるレベルのスキルが磨かれていくはずです。

フリーランスのプログラマーが仕事を得る方法

ここからは、フリーランスのプログラマーが仕事を見つける方法について解説します。近年では様々なサービスが展開されているので、仕事は比較的見つかりやすくなっています。

人の繋がりで紹介してもらう

1つ目は、自分の友人や知人から仕事を紹介してもらうという方法です。

もし自分の知り合いにIT業界で働いている人がいたら、一声かけてみるといいでしょう。応援する意味を込めて仕事を紹介してもらえるかもしれません。

スクールのつてを頼る

先ほども触れていますが、プログラミングスクールでは就職支援を行っていることもあり、IT関連の企業とのつながりを多数所有しています。

そういったつてをたどることで、仕事が得られる可能性があります。ただ、スクールのつてを利用するには、スクールの講師やスタッフからの信頼を獲得する必要があるでしょう。

エージェントを利用する

プログラマーをはじめとしたIT関連の仕事を扱うエージェントが存在するため、それらを利用するのも1つの方法です。

エージェント経由だと案件の獲得が非常に簡単になりますが、一方スキルなしや未経験だと案件が貰いにくいというデメリットもあります。
しかし営業工数を減らす為の手段の1つとして、自分に合ったエージェントは登録しておきましょう。詳細は下記の記事に纏めてあります。

フリーランスエージェントのおすすめを30社比較してみた【厳選】

2020-05-11

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、仕事のプラットフォームのようなもので、未経験のフリーランスのプログラマーが仕事を見つけるにはうってつけの方法だと言えます。

利用にあたって登録料金などはかからないので、登録しておいて損はしないでしょう。

クラウドソーシングサイトとしては大手のクラウドワークスランサーズに登録しておけば問題ありません。

案件も比較的簡単なものから本格的なものまで多岐にわたるので、自分のスキルにあった仕事を見つけることができるでしょう。

クラウドワークスの評判と口コミは?人気のクラウドソーシングの概要解説

2020-09-14

ランサーズの評判と口コミは?副業でも使えるクラウドソーシングサービス

2020-09-11

副業フリーランスという選択肢もある

最初から完全なフリーランスとして独立する必要は必ずしもありません。

例えば本業を持っている状態で、副業としてプログラマーを始めることもできます。この方法であれば、本業で安定した収入を稼ぎつつ、プログラマーにチャレンジできるので、無理がありません。

プログラマーとしての経験を積み、ある程度稼げるようになってきたタイミングでフリーランスとして独立することもできるでしょう。

フリーランスのプログラマーになれる年齢はいくつまで?

フリーランスになるのに、年齢制限はありません。

そのため、何歳からでもフリーランスのプログラマーになることは理論上可能です。しかし、実際にはスキルと実務経験を積み重ねていく必要があるため、ある程度若い段階から始めておいたほうが良いでしょう。

フリーランスに向いている人と向いていない人

プログラマーを含め、フリーランスに向いている人と、そうではない人が存在します。どういった人が向いていて、どういった人が向いていないか解説します。

フリーランスに向いている人

フリーランスに向いているのは、時間を自分で管理できる人です。

フリーランスになると時間の縛りがなくなる分、時間にルーズになってしまう恐れがあります。納期まで余裕があるからといってついつい遊んでしまうような人はフリーランスには向いていないでしょう。

自分で仕事の計画を立て、それに沿って黙々と仕事に取り組める人が理想的です。

また、プログラマーとして活動する場合、スキルアップは欠かせません。そのため、仕事とは別にスキルアップにも取り組める人の方がフリーランスのプログラマーに向いているでしょう。

フリーランスに向いていない人

フリーランスが向いていないのは安定を求めたい人です。

先ほども説明しているようにフリーランスは仕事が見つからない可能性があるほか、毎月の収入も不安定になりがちです。

「毎月絶対○万円以上は収入が欲しい!」というようなスタンスの人は、フリーランスには向いていないと言えるでしょう。

まとめ

今回は、フリーランスのプログラマーに関して、その仕事内容からメリット・デメリット、さらにはスキルの身につけ方、仕事の見つけ方などについて解説しました。

決して簡単ではありませんが、未経験の状態からでもフリーランスのプログラマーになることは可能です。勉強は必須ですが、プログラマーに対する需要は高いためチャレンジする価値は十分にあると言えます。
最後になりましたが、その他フリーランスの仕事について知りたいと感じている人は下記の記事も確認してみて下さいね。

たった5分で分かるフリーランスの仕事内容【種類や仕事の取り方も紹介】

2020-09-11