フリーランスのイラストレーターになるには?仕事を得るためのポイントを解説

フリーランスの仕事
  • フリーランスのイラストレーターって何?
  • フリーランスのイラストレーターのなり方は?
  • フリーランスのイラストレーターの案件を取る方法は?

こんな悩みに答えます。

絵を描くのが好き、イラストレーターとして働きたい、と考えている人は、意外と多いのではないでしょうか。

イラストレーターは企業に所属して働くだけでなく、フリーランスとして働くことも可能です。

本記事では「企業勤めのイラストレーターとの違いや求められるスキル、さらには仕事の獲得方法」などについて解説します。

フリーランスのイラストレーターに必要なスキルを確認

イラストレーターとして働く以上、イラストを描くスキルは当然必要ですが、フリーランスとなると、それ以外のスキルも必要になります。

例えば、フリーランスは自分で仕事を見つける必要があるため、コンペに参加したり、見込み客にアプローチしてみたりと営業力も必要になるでしょう。

またフリーランスになりたての頃は、上手くいかないことも少なくないため、ちょっとやそっとでは折れない強いメンタルも欠かせません。

このようにフリーランスになる場合は、イラストレーターとしてのスキル以外のスキルも必要になる点を覚えておきましょう。

企業に所属するイラストレーターとの違い

企業に所属して活動するイラストレーターとフリーランスのイラストレーターは仕事内容としては大きな違いはありません。

では、具体的にはどういった点が異なるのでしょうか。確認していきましょう。

仕事をした分だけ稼ぎは増える

フリーランスと会社勤めのイラストレーターを比較した場合、大きな違いが出てくるのは報酬の形態です。

会社勤めの場合、仕事量に関係なく毎月一定の給料が会社から支払われます。また、会社によってはボーナスや退職金が支給されるケースもあるでしょう。

一方でフリーランスは毎月決まった給料がもらえず、ボーナスも退職金もありません。

しかし、仕事をやったらやった分だけ全て給料に反映されるため、会社員よりも給料が高くなる可能性は十分にあり得ます。

仕事は自分で見つける

会社勤めの場合、仕事は上司が割り振ってくれるため、基本的に自分で見つけにいく必要がありません。

一方で、フリーランスになると、自分から見つけに行かないと仕事はありません。そのため、イラストレーターであっても、時には営業を行って仕事を取りにいくこともあるでしょう。

自分のやりたいことができる

会社勤めの場合、振られた仕事を断ることは基本的にないはずです。時には自分がやりたい仕事、書きたいイラストではなくてもやらなければいけないこともあるでしょう。

一方で、フリーランスのイラストレーターの場合、やりたくない仕事や興味のない仕事は断ることができます。
無理して興味のない仕事をする必要がない点はフリーランスの大きな魅力だと言えるでしょう。

社会保険が違う

会社に勤めていると厚生年金や健康保険に加入することになります。

また、加入にあたっての手続きなどは全て会社が行ってくれます。一方でフリーランスになると、国民年金や国民健康保険など会社員とは違った社会保険に自分で手続きをして加入することになります。

以上がフリーランスと会社勤めのイラストレーターの違いです。仕事内容が違う、というよりも仕事以外の部分での違いが大きいことを理解しておきましょう。

フリーランスが知っておくべき保険の知識【必要な手続きを解説】

2020-08-22

フリーランスのイラストレーターで成功するためのポイント

ここからは、フリーランスのイラストレーターが成功を収めるためのポイントについて解説します。

基本的な部分もありますが、これができているのといないのとでは、大きな違いがあるので、是非抑えておきましょう。

スケジュールはしっかり管理

フリーランスになると仕事場所も仕事をする時間も自分で決められるため、自由度がかなりアップします。

一方で、自由であるが故に時間にルーズになってしまう恐れがあるのも事実です。仕事を受注したら作業のスケジュールを確認するなど、スケジュール管理はしっかりと行うようにしましょう。

また仕事の依頼を受けるとついついどんどん引き受けてしまうかもしれません。しかし仕事の量が増えると仕事の質が落ちてしまう恐れがあります。

そのため、スケジュール的に無理のない範囲で仕事を引き受けるのもポイントの1つです。

オンとオフの切り替え

フリーランスとして働く場合、自宅で仕事をする人も沢山います。

自宅がオフィスになると出社の必要がなくなるため、一見するととても良いもののように思えるかもしれません。

しかし仕事をするオンの場所にもリラックスするオフの場所にもなってしまうため、オンとオフの境目が曖昧になってしまいます。

そうなると、仕事をしているつもりでも、テレビをつけてくつろいでしまうといった事態が起こってしまうかもしれません。

フリーランスとして働く場合は、オンとオフの切り替えをはっきりとさせるようにする必要があります。

目先の仕事だけにとらわれない

フリーランスは、時には仕事がゼロになってしまうこともあります。

そのため、中には仕事がなくなることを恐れるあまり、目先の仕事をどんどん引き受けてしまう人もいるでしょう。

しかし目先の仕事をこなすだけでは、長期的なキャリアプランを築くのが難しくなるだけなく、自身のスキルアップもなかなかできません。
そのため、仕事がなくなったときや少なくなった時は、一度立ち止まって自分のことを考える時期だと捉えるようにしましょう。

人との繋がりを大切にする

フリーランスというと、1人で働いているイメージがあるかもしれません。

確かに作業をする際は1人であることが多いですが、実際には人とのつながりがなければ仕事をすることができません。

特にその人との繋がりがきっかけとなって仕事を発注してもらえることもあるため、人の繋がりは大切にするようにしましょう。

こまめな連絡を心掛ける

会社員の場合、出社して同僚や上司、クライアントなどと直接顔をあわせる機会が沢山ありますが、フリーランスになると、メールやチャットだけで仕事が完結することも珍しくありません。

面と向かって仕事ができない分、こまめにコミュニケーションを取ることが重要になります。

進捗状況の共有や疑問点が出てきた時は速やかに質問する、などこまめに連絡を取り合うことで、お互いに安心して仕事に取り組むことができるでしょう。

納期は厳守

仕事をする上で厳守しなければいけないのが納期です。納期の遅れはクライアントとの信頼関係を悪化させる原因にもなるので、必ず納期までの納品するようにしましょう。

また、万が一納期に遅れそうな場合は、それがわかった段階で連絡し、代替日を設定するようにしてください。納期の厳守は基本中の基本ですが、意外とできていない人がいます。
そのため、毎回ちゃんと納期を守るだけでもクライアントからの信頼を獲得することができるかもしれません。

スキルアップにも取り組む

仕事をするのと同時に、常にスキルアップにも取り組むようにしましょう。

技術やトレンドは日々変化しているので、そういった最新の情報についていけていないと、クライアントのニーズに応えられなくなる恐れがあります。

自分の仕事の幅を広げるためにも、クライアントに満足してもらうためにもスキルアップに取り組む時間を確保するようにしてください。

フリーランスのイラストレーターが仕事を得るには

ここからは、フリーランスのイラストレーターが仕事を獲得する方法について解説します。

仕事を得る方法は一つではありません。ぜひ自分にあった方法で仕事を見つけてみてください。

個人的な繋がり

フリーランスで多いのが、個人的な繋がりから仕事を発注してもらうケースです。

「フリーランスとして活動することになったので、いつでも仕事を発注してください」と一声かけておけば、仕事を実際に発注してくれる人も出てくるかもしれません。
仕事のためだけではありませんが、人の繋がりは大切にしておくといいでしょう。

クラウドソーシングなどを利用

クラウドソーシングとは仕事のプラットフォームのようなもので、仕事を発注したい人と受注したい人のニーズが合致すると、実際に契約が結ばれ仕事をすることができます。

クラウドソーシングは、イラストは勿論、ライティングやデザイン、プログラミングなど扱う仕事が多岐に渡るのが特徴です。

実際に報酬が発生した際に、手数料として運営会社に報酬の一部を支払うこと以外は、基本的にお金はかからないので、登録しておいて損はしないでしょう。

大手サイトのクラウドワークスランサーズに登録しておけば問題ありません。

駆け出しのフリーランスでも仕事が見つかる可能性は十分にあります。

クラウドワークスの評判と口コミは?人気のクラウドソーシングの概要解説

2020-09-14

ランサーズの評判と口コミは?副業でも使えるクラウドソーシングサービス

2020-09-11

直接企業に売り込む

自分の作成するイラストを活用してくれそうな企業、必要としていそうな企業に対して直接営業をかけて仕事を獲得するという方法もあります。

例えば、イラスト関連のイベントやセミナーに参加して、そこで出会った人と名刺交換をして後日アプローチするといった形をとることもできるでしょう。

直接営業活動を行うことに最初は恥ずかしさがあるかもしれませんが、意外と仕事に繋がるケースもあるので、勇気を出して試してみてください。

SNSを活用する

自分で作成したイラストをSNSにアップして、多くの人に見てもらい、それに興味を持った人から仕事を受注するケースもあります。

Twitterやブログを掛け合わせれば、自分の営業工数を減らしながら集客をすることが可能です。

フリーランスはブログが必要?メリットやプロブロガーについても解説

2020-07-16
SNSを活用することで効果的に案件を獲得することができるので、是非実践してみましょう。

フリーランスエージェントを活用する

最後にフリーランスエージェントを使う方法も有効です。

フリーランスエージェントは案件を紹介してくれるフリーランス専門のエージェントで、営業工数を減らしながらも安定して案件を獲得することができます。
現在案件が足りていない人や、営業についてよく分かっていない人は、積極的に活用することをおすすめします。

フリーランスエージェントのおすすめを30社比較してみた【厳選】

2020-05-11

まとめ

今回は、フリーランスのイラストレーターに関して、その概要から求められるスキル、さらには仕事の見つけ方などについて解説しました。

フリーランスといっても、イラストを描くという点では会社勤めのイラストレーターと大きな違いはありません。

また、フリーランスになるからといって、特別なスキルが必要になる訳でもありません。むしろコミュニケーションスキルやスケジュール管理能力、など社会人としての基本的な部分が重要になるでしょう。

たった5分で分かるフリーランスの仕事内容【種類や仕事の取り方も紹介】

2020-09-11
その他のWeb系フリーランスの職種を確認したい人は是非上記の記事も確認してみましょう。