フリーランスのWebディレクターで成功するには?求められるスキルを解説

フリーランスの仕事
  • フリーランスのWebディレクターとは?
  • フリーランスのWebディレクターになる方法は?
  • フリーランスのWebディレクターで成功する秘訣が知りたい

こんな疑問に答えます。

近年では、会社に所属せずにフリーランスとして働く人が少なくありません。フリーランスの職種は多岐に渡りますが、その中の1つにWebディレクターがあります。
この記事では、フリーランスのWebディレクターの仕事内容から、成功を収めるためのポイント、仕事の獲得方法などについて解説します。

この記事を読むことで、あなたがフリーディレクターになる為の次の行動を明確化することができますよ。

フリーランスのWebディレクターの仕事内容は

Webディレクターとは、Webサイトを制作する際にデザイナープログラマーライターなどの制作スタッフに対して指揮をする総監督としての役割を持つ人のことです。

Webサイトの作成、管理を全体的にコントロールすることで、仕事の進捗状況の管理やサイトの品質管理を行います。

そして、フリーランスのWebディレクターとは、Webディレクターの仕事を特定の企業に属さずにフリーで行う人のことです。

通常は複数の案件を同時並行で進めることが多く、Webに関する知識はもちろん、コミュニケーション能力なども求められる仕事だと言えます。

会社員時代との違い

フリーランスのWebディレクターと、会社勤めのWebディレクターの大きな違いは、給料にあります。

会社に所属していれば、毎月一定以上の給料がもらえるほか、ボーナスや退職金も支給されます。一方で、フリーランスのWebディレクターになると、給料は固定ではなくなり、ボーナスや退職金も支給されません。

ただし、会社員とは違って働いた分がそのまま給料に反映されるので、会社勤めのWebディレクターよりも給料が高くなる可能性があります。

また、そのほかにも、会社員だと利用できる福利厚生がフリーランスになるとない他、社会保険も会社員とは別のものに加入しなければいけなくなります。

フリーランスディレクターとして独立するメリットとデメリット

Webディレクターがフリーランスとして独立することには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。確認していきましょう。

フリーランスディレクターとして独立するメリット

給料は自分次第

先ほども触れていますが、フリーランスになると、給料は自分が働いた分だけ増えます。

そのため、青天井で収入がアップするケースもあるでしょう。中には月100万円以上を稼ぐ人もいます。

働く場所は自分で決める

Webディレクターの仕事は、基本的にパソコンとインターネット環境があればできるため、働く場所を自由に選ぶことができます

自宅はもちろんカフェや公園、コワーキングスペースなど自分が働きやすい場所で働けるのは大きなメリットだと言えるでしょう。
また、出社の必要がないので、通勤ラッシュなどによるストレスもありません。

勤務時間も自分で決める

働く場所と同様に、勤務時間も自分で決められます。

会社のように就業時間は決まっていないので、午後から働いたり、深夜に働いたりすることも可能です。

また、制作スタッフやクライアントの都合にもよりますが、プライベートの用事に合わせて仕事の時間をずらすこともできるでしょう。

興味のある仕事を受注できる

会社勤めのWebディレクターの場合、あまり興味のない案件でも担当しなければいけないことがあります。

一方で、フリーランスであれば、受けたくない仕事は断ることができます。

もちろん断りすぎると収入やクライアントとの信頼関係に影響してしまいますが、自分のやりたくない仕事を無理してまで担当しなくても問題ありません。

フリーランスディレクターとして独立するデメリット

給料が不安定

青天井での給料アップが期待できるフリーランスですが、その一方で給料が一気に減ってしまう恐れもあります

クライアントからの仕事の発注がいつストップするかわからないため、ある時から急に給料が減るケースもあるでしょう。
このように給料が多い時もあれば少なくときもあるなど、不安定な点はフリーランスのデメリットと言えます。

生活リズムが乱れる恐れ

会社員の場合、就業時間があるため、それに合わせて生活することで生活リズムを保つことができます。

一方で、フリーランスになると働く時間は自分で決められるため、昼過ぎに起きて午後から夜にかけて働き、明け方に眠るという生活もできてしまいます。
そうなると生活リズムが乱れてしまうので、健康面でもマイナスになるでしょう。

代役がいない

フリーランスは自由度が高い一方で、自分の代わりが存在しません。

もし怪我や病気で仕事ができなくなると、全ての仕事がそこでストップしてしまいます。会社員であれば同僚や上司がサポートしてくれることもありますが、フリーランスはそういったサポートがありません。
フリーランスは会社員と保険の内容が違うので良く分かっていない人は下記の記事を確認してみましょう。

フリーランスが知っておくべき保険の知識【必要な手続きを解説】

2020-08-22

フリーランスのWebディレクターで成功するためのポイント

ここからは、フリーランスのWebディレクターとして活動する際のポイントについて解説します。

成功を収めるためには何が大切なのか、しっかりと理解した上でフリーランスになるようにしましょう。

実績を持っている

フリーランスのWebディレクターが仕事を取るためには、ある程度の実績が必要になります。

過去にどういった案件を担当してきたのか、具体的な実績を伝えることができれば、クライアントが興味を持ってくれる可能性も高くなるでしょう。

自身のブログを通して実績をアピールすることで、営業工数を減らしながら案件を獲得することが可能です。

Webディレクターのスキルは証明しにくい

実績が必要な理由の一つに、Webディレクターのスキルは証明が難しい点が挙げられます。

例えばプログラマーであれば「私は○○と××の言語を扱えます」と言えばスキルを理解してもらえますが、Webディレクターは具体的なスキルの証明ができません。
そういった意味でも「株式会社○○でWebディレクターを5年やっていました」というような分かりやすい実績が必要になるのです。

未経験者はまず企業で実務経験を積むのがベスト

独学で知識を学び、フリーランスのWebディレクターとして活動しようとしている人もいるかもしれませんが、先述の通り、スキルの証明が難しいため、なかなか仕事を見つけることはできないと考えられます。

そのため、基本的には企業に所属してWebディレクターとしての経験を積んでから独立する方が良いでしょう。

人脈を活用できる

フリーランスが仕事を獲得する上で重要なのが人脈です。

人の繋がりによって仕事を紹介してもらえることが少なくないため、人脈を形成し、それを活用できる人は成功を収める可能性も高くなるでしょう。

コミュニケーションをこまめに取る

Webディレクターの仕事は複数の案件が同時に進行していることが多くあります。

そのため、それぞれの案件の進捗状況をしっかりと把握するためにも、こまめなコミュニケーションが欠かせません。

情報共有が仕事の鍵といっても過言ではないため、日々スタッフとのコミュニケーションを取っていくことになります。

計画的に仕事を引き受ける

フリーランスの場合、収入の不安定さからついつい沢山の仕事を引き受けてしまいがちですが、仕事が増えるとスケジューリングが難しくなります。

また、休みも入れにくくなってしまうため、健康面でのリスクも高くなってしまうでしょう。

そのため、仕事は、スケジュールを調整しながら計画的に引き受けるようにする必要があります。

開発言語や統計など専門的な知識を理解している

Webディレクターは、デザイナーやエンジニアなど様々なスタッフと関わることになるので、各スタッフが使用しているツールに関する基本的な知識を持っていることが望まれます。

例えば、CSS・JavaScriptのような開発言語を知っている、Photoshop・Illustratorのようなデザイナーが使用するツールを知っている、といったイメージです。

基本的な知識を知っているだけでも、仕事の打ち合わせがスムーズに行える可能性があるので、ぜひ把握しておくようにしてください。

フリーランスのWebディレクターが仕事を獲得するには

会社勤めの場合は、仕事を割り振ってもらえますが、フリーランスの場合は自分で仕事を見つけなければいけません。

ここでは、フリーランスのWebディレクターの仕事の見つけ方について解説します。

人脈を活用する

先ほども説明しているように、フリーランスの場合、人づてで仕事が舞い込んでくることがあります。

そのため、人脈形成が仕事を見つける上では欠かせません。会社員時代の同僚や取引先、さらには友人、知人などに独立した時に一声かけておくことで、仕事を紹介してもらえることもあるでしょう。

見込み客に対して営業をかける

見込み客に対して、自ら営業をかけることで仕事を獲得するケースもあります。

例えば仕事関連のイベントやセミナーなどに参加して、そこで名刺交換した人に対して後日アプローチすることもできるでしょう。
勿論その場で直接営業することも可能です。自分の経験が活かせそうな場合は、積極的にアピールしていきましょう。

エージェントサービスを利用する

フリーランス向けのエージェントサービスを利用して仕事を見つけることも可能です。

エージェントは、クライアントとの太い繋がりを持っているケースが多いため、登録することで単価の高い仕事を受注できる可能性が高くなります。

また、クライアントの内情についても詳しいので、「このクライアントの時はこうしたほうがいいよ」といった具合で仕事を進める時のアドバイスをもらえることもあるでしょう。

エージェントに関しては下記の記事に纏めてあるので、案件獲得に困る場合は参考にしてみて下さい。

フリーランスエージェントのおすすめを30社比較してみた【厳選】

2020-05-11

まとめ

今回は、フリーランスのWebディレクターの仕事内容から、メリット・デメリット、仕事を進める際のポイントなどについて解説しました。

その他フリーランスの職種・仕事について興味のある方は下記の記事からさらに深掘りしてみて下さい。

たった5分で分かるフリーランスの仕事内容【種類や仕事の取り方も紹介】

2020-09-11
フリーランスになると給料アップが期待できるほか、仕事場所や勤務時間など自由度が高くなります。一方で、仕事を見つけられるかどうかが、鍵になります。
人脈形成や見込み客への営業など、忘れずに取り組むようにしましょう。