ブロガー・アフィリエイターになるには?現役フリーランスが解説

フリーランスの仕事
  • ブロガー・アフィリエイターとは?
  • ブロガー・アフィリエイターの仕事内容は?
  • ブロガー・アフィリエイターになる方法を知りたい

こんな疑問に答えます。

パソコンやスマートフォンなどで、毎日ブログを読んでいる人は多いのではないでしょうか。一方で、ブログは読むだけでなく、仕事にすることも可能です。
本記事では「ブロガー(アフィリエイター)の概要から、ブロガーになる方法、さらにはどうやって収入を得ているのか」を解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を具体的なものにすることができますよ。

ブロガー(アフィリエイター)とは

ブロガーとは、簡単に言うとブログを書くことで収入を得ている人たちのことです。

ブログの内容は、書いている人の趣味からビジネスなどで活用できる情報など多岐にわたります。ブログは誰でも始められるものなので、年齢制限や学歴、資格などは一切関係ありません。

収入に関してはピンからキリまであり、数万円から数百万円、トップクラスのブロガーになると1,000万円以上を稼いでいるケースもあります。

また、トップブロガーになると、ブログの収入だけでなく、書籍の出版やセミナーの依頼などによっても収入を得ることができるでしょう。

これだけ聞くと夢のある話だと思うかもしれませんが、ブログは膨大な数があるため、成功するのは決して簡単なことではありません。

ブロガー(アフィリエイター)がお金を得る仕組み

ブログを書くだけでお金が稼げる、と言うことに疑問を感じる人もいるかもしれません。ブロガーがお金を稼ぐ仕組みはどうなっているのでしょうか。

ブロガーはブログに広告を掲載し、その広告収入によってお金を稼いでいます。広告の種類は大きく分けて「クリック型広告」と「アフィリエイト広告」の2種類があります。

クリック型広告とは

クリック型広告は、Googleが提供する「Goole Adsense」が有名です。これは、広告がクリックされた数に応じて報酬が決まる仕組みとなっています。

クリック型広告を利用する場合、広告のクリック数が重要な役割を果たすため、ブログをとにかく閲覧してもらうことが大切です。

そのため、こまめにブログを更新したり、日記形式のブログにしたりと、読者が毎日読みたくなるようなブログを提供する必要があります。

アフィリエイト広告とは

アフィリエイト広告は、掲載している広告を読者がクリックし、さらにクリック先のサイトで商品を購入して初めて収入が発生するという仕組みの広告です。

アフィリエイト広告を利用する場合、特定の商品に関する広告を掲載することになるため、ブログの内容も商品に合わせたものになります。
例えば、掃除機の広告を掲載する場合「オススメの掃除機5選」といった内容にするイメージです。

ブロガー(アフィリエイター)とライターの違い

ブロガーと似た仕事にライターがあります。もしかしたら両者を同じものと捉えている人もいるのではないでしょうか。

確かにどちらも文章を書くことには変わりありませんが、ブロガーとライターでは、収入源が異なります。

ブロガーの場合は、先ほども説明したように、広告収入が主な収入源です。クリック型広告やアフィリエイト広告を利用して収入を稼ぐことになります。

一方のライターは、クライアントからの原稿料が主な収入源となります。ライターの場合は作成した文章に対して原稿料としてお金が支払われるため、そもそものお金を貰う先が異なるのです。

またブロガーの場合は、自分が書きたい文章を書くことができますが、ライターは、基本的にクライアントが書いて欲しい文章を書くことになります。

「こういった記事を作成してほしい」と、クライアントから要望が出るので、それに合わせて作成します。

フリーランスのライターとは?仕事の受注方法からポイントまで解説

2020-11-09

ブロガー(アフィリエイター)の仕事内容

ここで改めてブロガーの仕事内容を確認しておきましょう。

ブロガーの仕事は、ブログを書くこと、ブログを運営することです。作成するブログ記事は、自分で選ぶことができ、内容も自分で考えることになります。

ブロガー(アフィリエイター)の働き方

ブロガーの働き方は基本的に自由です。以下はあくまでも一例ですが、このような働き方をすることもできます。

時間行動
9:00起床、朝食
10:00自宅で作業開始
12:00昼食
13:00カフェに移動して作業
16:00気分転換の散歩
18:00買い物をしてから帰宅
19:00夕食
20:00リラックスタイム
24:00就寝
基本的に働き方は自分で決めることができるため、食後も仕事をしても構いませんし、全く仕事をしない日を作っても問題ありません。

ブロガー(アフィリエイター)になるのに必要なもの

ブロガーになるためには、特別なスキルなどは必要ありません。最低でも以下の2つのものがあればブロガーとして活動できます。

  • ブログを作成するための機器(パソコンやスマートフォンなど)
  • ブログを掲載するサイト

ブロガーになるためにはブログを書くためのツールが必要になります。

また、ブログを掲載するサイトとははてなブログやWordPressのようなツールのことです。

特にWordPressは専門的な知識がなくてもブログサイトの構築や編集が簡単にできるので、おすすめです。

フリーランスになるために必要なスキルは?3つのSTEPで解説

2019-06-06

ブロガー(アフィリエイター)になることのメリットデメリット

ブロガーになることには、メリットとデメリットの双方が存在します。

これからブロガーになろうとしている人は、ぜひメリットとデメリットをそれぞれ抑えておくようにしましょう。

ブロガー(アフィリエイター)のメリット

時間の融通がきく

ブロガーはブログを書くことが仕事であり、ブログを書いていれば、それ以外の時間は何をするのも自由です。

そのため、夜型で朝が弱いという人は昼過ぎに起きて、夕方から夜にかけて仕事をすることもできる点はメリットと言えるでしょう。
さらに「旅行に行きたいからこの日は休む」というようなスケジューリングをすることも可能です。

場所に縛られない

ブロガーは記事を書くツールとインターネット環境さえあればどこでも仕事ができるため、仕事場所に縛られることがありません

自宅はもちろん、公園やカフェなどで仕事をすることも可能です。また、海外からでもブログの投稿はできるので、旅行先で経験したことをリアルタイムでブログ記事として作成することもできるでしょう。

読者からの反応がモチベーションに

ブログにコメント欄を用意しておくと、ブログを読んだ読者から反応をもらえることがあります。

全てがポジティブな反応ではないかもしれませんが、励ましの言葉をかけてもらえるとブログを書くモチベーションになるはずです。

ブロガー(アフィリエイター)のデメリット

稼げるようになるまでに時間がかかる

ブログでお金を稼げるようになるまでにはある程度の時間がかかります。

ブログの内容などにもよりますが、ブログを開始してから1年後にようやく稼げるようになる人も珍しくありません。

そのため、ブログを始める場合は、正社員をしながら副業でブログをするなど、ブログによる収入がしばらくなくても問題ない状態を作っておくようにしましょう。

Webライターと併行してブログを作ると、スキルも身についておすすめです。

常にネタを探さないといけない

ブログは継続して記事をアップすることが重要です。そのため、常にネタ探しをすることになるでしょう。

自分な得意な分野でブログを書く場合、最初のうちはネタが沢山あったとしても徐々にネタが尽きてきます。

そのため、読者が何を求めているのか、どういった視点から記事を書けるのか、など常にアンテナを張っておくようにしましょう。

ブロガー(アフィリエイター)になるには

ブロガーになるためには、先述の通り、必要なものを揃えた上で、ブログのテーマを決める必要があります。

インターネットで検索してみれば分かりますが、ブログのテーマは多くの人が興味関心を持つものからニッチなものまで多岐に渡ります。

また、特定のテーマに特化したブログもあれば、テーマを特定していない雑記ブログもあります。

特定のテーマに特化したブログは、そのテーマに興味を持っている人に継続して読んでもらえる可能性があるのが特徴で、雑記ブログはテーマが自由なのでネタを探しやすいのが特徴です。

どちらが良くてどちらが悪いというものではないため、自分にあったテーマを選ぶようにしましょう。

どういった人がブロガーに向いている

ブロガーは誰でもなることができますが、向き不向きはあります。

ブロガーに向いているのは、粘り強く記事を書き続けられる人です。ブログを始めた当初はなかなか読者の数が増えず収入も得られないかもしれません。

しかし、だからと言ってそこで辞めてしまったら収入は絶対に得られません。そのため、まずはとにかく継続して書くことが重要になります。そのため、粘り強さは必須なのです。

一方で、すぐに結果を求めてしまう人にはブロガーは向いていないでしょう。

ブロガー(アフィリエイター)で稼ぐためのポイント

ブロガーとして稼げるようになるためには、ブログを書き続けるのは勿論ですが、それ以外にも様々な取り組みをする必要があります。

ここでは、ブロガーとして稼げるようになるためのポイントについて解説します。

SEO対策を行う

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の頭文字をとった言葉です。

簡単にいうと、自分のブログがインターネットで検索した際に検索結果の上位に表示されるようになるための対策のことです。

キーワードを入れる、共起語を入れるリンクを設定するなど、SEO対策には様々な方法があるので、それらを行い検索結果の上位を目指すようにしましょう。

上位に表示されるようになれば、多くの人に読んでもらえる可能性が高くなります。

分析を行い読者のニーズを探る

ブログをある程度書いていくと、どの記事が沢山読まれていて、どの記事があまり読まれていないのかが分かってきます。

読まれている記事と読まれていない記事を比較して共通点などを分析することで、読者のニーズが把握できるでしょう。
ニーズがわかれば、さらに質の高い記事が書けるようになるはずです。

トライ&エラーでどんどん書く

SEO対策や分析も大切ですが、最初のうちはとにかく記事を書くことが重要です。

書く前からあれこれ悩むのではなく、どんどん書いていきながらトライ&エラーを積み重ねていきましょう。

まとめ

ブロガー・アフィリエイターに関連する記事については以上になります。

このようにこのメディアではフリーランスに関連する記事から仕事に関する情報まで発信しています。

たった5分で分かるフリーランスの仕事内容【種類や仕事の取り方も紹介】

2020-09-11
上記の記事も参考になりますので、興味のある方は覗いてみて下さいね。