「フリーランスになるのはやめとけ!」そう言われる理由は?

フリーランスの生き方

自由に働けて、高収入も夢ではない、と考えてフリーランスに憧れを持っている人は多いのではないでしょうか。

一方で、フリーランスを経験している人の中には、「フリーランスはやめとけ」と考える人も少なくないでしょう。
この記事では、なぜフリーランスをやめとけと言われるのか解説します。

これからフリーランスになろうとしている人、フリーランスに興味のある人はぜひ参考にしてみて下さい。

フリーランスの実態

ランサーズの「フリーランスに関する実態調査2020」によると、1年以内にフリーランスとしての活動を始めた人は2019年から2020年で8%(287万人→312万人)増加しています。

数値からもわかるようにフリーランスに憧れや興味を持ち、実際に活動し始めている人は非常に多く存在しています。

これらの中には、フリーランスになって成功を収めている人、軌道に乗ってきている人もいれば、上手くいっていない人もいるでしょう。

フリーランスになるメリットとデメリット

ここでは、フリーランスになるメリットとデメリットについてそれぞれ解説します。

なぜ、フリーランスになるのはやめとけと言われるのか、メリットとデメリットを踏まえて解説していきます。

フリーランスになるメリット

まずは、メリットについて解説します。多くの人は、ここで取り上げるようなメリットに魅力を感じフリーランスになっているものと考えられます。

勤務場所・勤務時間は自由

フリーランスの場合、勤務場所や勤務時間に縛られることがありません

会社員であれば、会社の定める就業時間だけ働き、勤務場所も会社のオフィスであることが一般的です。

しかしフリーランスは特定の組織に所属している訳ではないので、働く場所も働く時間も自分で決めることができます。

そのため、場合によっては朝はゆっくり寝て午後から働く、自宅で働くといったことも可能です。

通勤ラッシュに巻き込まれたり、眠い目をこすって出勤したりする必要がないのは、大きなメリットだと言えるでしょう。

仕事を自分で決めることができる

フリーランスは自分で仕事を獲得する必要がありますが、裏を返せば、自分で仕事を選ぶことができると言うことでもあります。

そのため、自分の興味のある仕事を中心に受注することも不可能ではありません。
勿論独立した当初からそういったことができる訳ではありませんが、経験を積み重ねていくうちに、ある程度選択することはできるようになるでしょう。

収入アップも夢ではない

会社員の場合、給料は会社が定める規則に沿って支払われますが、フリーランスは働ければ働いた分だけ給料が増えます。

そのため、会社員時代に比べて収入がアップする可能性も十分にあるでしょう。収入アップを夢見て独立する人も少なくないはずです。

休みを取るタイミングは自分次第

フリーランスの場合、決められた納期までに成果物を出せばいいため、休みをどのタイミングで取るかは自分で決めることができます

勿論取引先の都合に合わせなければいけないケースもありますが、仕事が落ち着いていれば、休みたい時に休むことも可能です。
また纏まった休みを取ることも不可能ではないので、旅行に行くこともできるでしょう。

フリーランスになるデメリット

一方のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

メリットばかりに注目してしまい、デメリットに気づかないままフリーランスになってしまうと後悔することになるかもしれません。

仕事がゼロになる可能性もある

フリーランスは自分で仕事を取ってこなければいけないため、上手くいかないと仕事が全くなくなる可能性があります

そうなると収入もゼロになってしまいます。仕事を獲得するための営業スキルやノウハウがない人だと最初のうちは簡単に仕事が見つからないかもしれません。

オンとオフが曖昧になる恐れ

先述の通り、フリーランスには就業時間がありません。

確かにこの点はメリットとなりますが、逆に定められた時間がない分オンとオフの時間が曖昧になってしまう恐れがあります。
中には日曜日なのに仕事をしている、毎日深夜まで仕事をしているなど、仕事に追われてしまう人も出てくるでしょう。

税金の手続きなどすべて自分で行わないといけない

会社員の場合、税金の支払いは全て会社が行ってくれていました。

一方でフリーランスになると、確定申告をして自分で納税しなければいけません。また社会保険の手続きなども自分で行う必要があります。

そのため、お金に関する各種知識を身につけなければいけなくなります。

これまでする必要のなかったことを自分でしなければいけないのは、大きなデメリットだと言えるでしょう。

社会的信用が下がる恐れ

フリーランスは会社員に比べて社会的な信用度が下がってしまう恐れがあります。これは、収入が安定しないケースがあるためです。

そうなると、クレジットカードの新規作成や住宅ローンの申請などに通らなくなる可能性があるでしょう。
勿論全ての場面で社会的な信用が下がる訳ではありませんが、会社員時代よりも各種申請が難しくなると考えておいて下さい。

フリーランスはクレジットカードを持てる?おすすめのカードと共に解説

2020-09-29

こんな人はフリーランスになるのはやめとけ

ここからは「フリーランスになるのはやめておけ」と言われてしまうような人の特徴について解説します。

自分に当てはまるものがあれば、今一度立ち止まって本当にフリーランスになるのか考えてみて下さい。

スキルアップに努めない

フリーランスになってからスキルが伸び悩んでしまう人がいます。

フリーランスの場合、それまでの経験で培ってきたスキルや知識をもとに仕事をしているため、意識してスキルアップに努めなければ成長することがないのです。

そのため、独立後も自分で勉強をする、セミナーや講習会などに参加するといった意欲がない人は、フリーランスにならない方がいいでしょう。

営業活動が苦手

会社員であれば「仕事を自らとってこないといけない」といったケースはあまりないはずです。

しかしフリーランスは仕事を獲得しなければ死活問題となります。そのため、クライアントに対する営業活動は必須です。

仕事を得るためにアクションを起こし、自分を売り込まなければ仕事はやってきません。

このような営業活動が苦手な人はフリーランスになってから苦労すると考えられるので、止めておいたほうがいいでしょう。

安定を求めたい

フリーランスはいつ仕事が0になってもおかしくありません。

景気が良い時は順調でも、不景気になったらすぐに切られてしまう可能性もあります。そのため、安定を求めている人は、フリーランスになるのは止め手おいたほうが良いでしょう。

フリーランスは常に変化する環境の中で働くことになります。変化に柔軟に対応できる人、どんどんチャレンジしていきたい人の方が向いていると考えられます。

スケジュールを組むのが苦手

会社員の場合、働く曜日や時間は就業規則によって決まっていたため、あとはそれに沿ってスケジュールを調整すればいいだけでした。

しかしフリーランスの場合、いつ働いていつ休むのかは全て自分で決めることになるので、クライアントの予定や納期に合わせてスケジューリングをしていかなければいけません。
そのため、スケジュールを組むのが苦手な人には向いていないと言えるでしょう。

フリーランスになるために求められるスキル

ここからは、フリーランスに求められるスキルがどのようなものなのか解説します。

フリーランスになるのはやめとけ」と言われないようにするためにも、ぜひ参考にしてみて下さい。
フリーランスになるためのスキル
  1. 営業力
  2. コミュニケーションスキル
  3. 自己管理

営業力

先述の通り、フリーランスは仕事を得るための営業活動が欠かせません。そのため、営業力は持っておきたいスキルだと言えるでしょう。

相手に対して自分を売り込みアピールする、積極的に働きかけ仕事を発注してもらえないか聞いてみるといったことができるかどうかは、非常に重要なポイントです。

コミュニケーションスキル

フリーランスはクライアントとの報酬の交渉から仕事に関する打ち合わせまで、全て1人で行うことになるので、その過程で多くのコミュニケーションが発生するでしょう。

相手が何を言いたいのか、何を求めているのか理解するように努めるのは勿論、時には自分の意見をはっきりと言うといったことも必要になります。

自己管理

フリーランスは、お金の管理からスケジュール管理、さらには体調管理まで、ありとあらゆることを自分で管理しなければいけません

スケジューリングに失敗すれば納期に終われ休みなく働くはめになるでしょう。また体調を崩せば仕事ができず収入は0になってしまうかもしれません。
そのため、日々の生活の中から徹底的に自己管理を行えるようにしていかなければいけません。

まとめ

今回は「フリーランスになるのはやめとけ」と言われる理由や言われる人の特徴などについて解説しました。

フリーランスは魅力的に見えるかもしれませんが、決して簡単なものではありません。デメリットも少なからず存在します。

また考えやスキル、性格がフリーランスに向いていない人もいるでしょう。

たった5分で分かるフリーランスの仕事内容【種類や仕事の取り方も紹介】

2020-09-11
今回紹介した内容を踏まえて、本当にフリーランスに挑戦してみたい方は、上記の記事も確認してみて下さいね。