フリーランスは屋号をつけるべき?メリット・デメリットを解説

フリーランスの生き方
フリーランスになって屋号をつけたいと思っているけど、どうすれば良いのか悩むな...

こんな悩みに答えます。

フリーランスとして働く際に、屋号をつけるかどうか悩んでいる人は結構多いのではないでしょうか。
本記事では、「フリーランスと屋号の関係から、メリットやデメリットについて解説」します。

この記事を読むことで、屋号についてしっかりと理解を深めることができますよ。

屋号とは

屋号とは、個人事業主が仕事を行う際に使用する名前のことです。簡単に言うと、会社で言うところの社名にあたります。

フリーランスとして活動する場合、自身の名前で活動することもできますが、屋号を設けることで本名以外の名前で活動することが可能です。
また個人で商店や飲食店を営んでいる場合、店名が屋号に該当します。

屋号は必ずしもつけなくてもいい

よく勘違いされる部分ですが、屋号は必ずしもつける必要はありません。

そのため、自分の名前で活動したい場合はそのままでも問題ありません。一方で、飲食店などの場合は個人名よりも屋号があったほうが便利だと言えます。

屋号はどういった時に使用する?

屋号はつけてもつけなくても構いませんが、どういった時に屋号が必要になるのでしょうか。

具体的には以下の通りです。
  • 事業用に銀行口座を開設する時
  • 開業届を提出する時
  • 確定申告をする時
  • 名刺に記載する
  • 領収書を貰う時
  • 請求書や見積書を発行する時
フリーランスとして活動していると、意外と多くの場面で屋号を使うことになるでしょう。

フリーランスが屋号を登録する方法

屋号を登録する場合、開業届に記入して提出するだけでOKです。

開業届に屋号を記入する箇所があるのでそこに自分で考えた屋号を記入しましょう。

なお、フリーランスによっては開業届を出さずに働く人もいますが、屋号を使いたい場合は必ず開業届を提出するようにして下さい。

フリーランスの開業届の書き方は?【メリットや関連書類と含めて解説】

2019-06-06

屋号の変更方法

屋号を一度つけたものの、別の屋号に変えたくなることも中にはあるでしょう。

そういった時は屋号の変更が可能です。変更方法は確定申告の際に確定申告書に新しい屋号を記入するだけで構いません。

また屋号をこれまでつけていなかったけど、新しくつけたいと言う場合も同じ方法で行うことができます。

また引越しの際に税務署に「納税地の異動に関する届出」を出す際に屋号の変更を行うことも可能です。

このように、屋号変更のみを目的として手続きをすることはないので、手間がかかりません。

フリーランスが屋号を持つメリット・デメリット

ここからは、フリーランスが屋号を持つことのメリットとデメリットについて解説します。

フリーランスが屋号を持つメリット

信用に繋がりやすい

フリーランスが屋号を持つことによって、クライアントの信用獲得に繋げられる可能性があります。

理由としては屋号を示すことで「その個人事業主がどのような事業を行っているのか」という点を分かりやすくしてくれるからです。
また屋号を持っていることで、ビジネスを行っていると言うアピールにもなるでしょう。

法人化する際に便利

屋号を持っておけば、将来的に法人化をする際に過去の実績として示しやすくなります。

例えば個人事業主時代から同じ屋号で活動し法人化した場合、屋号が同じなので、これまでに何をやってきたのか説明しやすくなるでしょう。

屋号用の口座を作るのでお金が管理しやすい

屋号を作ると、個人名義の銀行口座とは別に屋号名義の銀行口座を作ることができます。

そのため、プライベートの口座と事業用の口座とに分けることができ、お金の管理がしやすくなるでしょう。

お金の管理でいうと、屋号を持っておけば、領収書も屋号名義で切ることができるので、個人で切る領収書とはっきり区別することも可能です。

フリーランス(個人事業主)に欠かせない領収書の書き方を解説

2020-11-09

商工会議所に加入しやすくなる

屋号を持っていることで商工会議所に加入しやすくなります。

商工会議所とは、地域の商工業者による公益団体です。同じ地域の事業者と繋がることができる場でもあるので、人脈作りに活用することもできるでしょう。

なぜ屋号があると商工会議所に加入しやすくなるのかというと、屋号によって経営者であると認めてもらいやすくなるためです。

自分は商工会議所に加入するつもりはない」という場合は別ですが、繋がりを作りたい人などは是非屋号を作って商工会議所に加入するようにしてみて下さい。

求人を出す際の印象が変わる

今現在は個人事業主として活動していても、将来的に事業が軌道に乗ってくれば、求人を出すことになるかもしれません。

その際に、個人名義で求人を出すよりも、屋号で求人を出した方が求職者の印象を良くなるでしょう。

これは、屋号を示すことで何をしているのかが分かりやすくなり、安心感を与えられるためです。

フリーランスが屋号を持つデメリット

屋号次第で相手に与える印象が変わる可能性がある

屋号をつけることで相手に何をしているのか伝えることができますが、ネーミング次第では帰ってマイナスな印象を与えてしまいます。

例えば、多くの人がダサいと思うような屋号、ふざけているのではないかと勘違いされてしまう屋号などは、良い印象を与えることはできないでしょう。

屋号が長いと手続きの際に面倒

事業内容を分かって貰うために、屋号を長くしてしまう人も中にはいるかもしれません。

しかし屋号が長いと各種書類作成の際にちょっとした手間になってしまいます。例えば、領収書を切る時や屋号名を手書きで記入する時などは面倒に感じてしまうでしょう。

屋号を決める際の注意点

ここからは、屋号を決める際に覚えておきたい注意点について解説します。

屋号決めで失敗すると、事業にも影響が出てくる可能性があるので、注意するようにして下さい。

使えない文字がある

屋号をつける場合、漢字、カタカナ、ひらがな、アルファベットを使用することができます。

また自分の名前など個人名を使っても問題ありません。そういった意味では、屋号の自由度はかなり高いと言えるでしょう。

ただし、屋号では使ってはいけない文字列があります。それは、「○○会社」や「○○Inc.」、「○○銀行」、「○○証券」などです。

これらの文字を他の人が見ると、実際は個人事業主であるにも関わらず、会社や金融機関と勘違いしてしまう恐れがあります。

そのため、会社や特定の業種だと認識させてしまうような文字列は使用することができません。

商標権は守る

屋号をつける場合、商標権は守るようにして下さい。商標権とは、例えばアニメのキャラクターや企業が展開するブランド名などが該当します。

もし大手企業が展開するブランド名が屋号に入っていると「この人はあの企業と関係のある人なんだ!」と勘違いされてしまうでしょう。

結果的に企業と関係ないことが分かると「なんだよ騙しやがって!」と相手の印象を悪くしてしまうかもしれません。

そのため、商標権を侵害するような屋号はつけないようにしましょう。

他の屋号と被らないようにする

自身が活動を行う市区町村内で、既に使用されている屋号を使うのは避けるようにしましょう。

これは、同じ屋号が同じ市区町村内に2つあると、仕事を依頼する側が混乱してしまうためです。

例えば「山本デザイン」という屋号の個人事業主が名古屋市内で2つあったとすると「どっちがどっちなんだ!」といった事態になってしまいます。
他の個人事業主と勘違いされては、それぞれの事業主に不利益になるので避けるようにしましょう。

何をしているのか分かりやすい屋号にする

屋号をつける場合、どのような事業を行っている人なのか分かるようなものをつけるようにしましょう。

例えば、デザインを行っているのであれば「〜デザイン」とつければ、屋号を見た人は一目瞭然です。
また実際にデザイン関連の仕事を発注したい企業は、まずデザインをやっていそうな屋号を確認していくと考えられるので、そういった意味でも分かりやすい屋号の方がいいと言えます。

覚えやすい屋号にする

屋号が覚えやすいかどうかも、非常に重要なポイントだと言えます。

せっかくいい仕事を行なってクライアントからも満足してもらえたにも関わらず「あれ、この前いい仕事してくれた人なんて名前だっけ?」となってしまっては大きな機会損失となります。

覚えて貰うためには、屋号を長くしすぎないようにしましょう。また言いやすさや聞き取りやすさも重要なポイントの1つです。

電話で自分の屋号を伝えた時によく聞き直されるという場合は、変更した方がいいかもしれません。

まとめ

フリーランスの屋号に関連する記事は以上です。

最後になりましたが、本メディアでは仕事や転職に関連する情報から、フリーランスに関連する情報まで広く発信しています。

たった5分で分かるフリーランスの仕事内容【種類や仕事の取り方も紹介】

2020-09-11
フリーランスの仕事についても発信しているので、こちらの記事も確認してみて下さいね。