フリーランスのwebデザイナーになるには?年収や仕事の取り方を解説

フリーランスの生き方

インターネットの普及に伴い、年々人気が高くなってきているwebデザイナー。働き方も多様化しているため、フリーランスとしてとして活躍する方も増えています。現在フリーランスwebデザイナーを目指している方や、独立を考えている方も多いのではないでしょうか。今回は、フリーランスwebデザイナーのなり方や正社員との違い、また、年収や適性について解説していきます。

スポンサードサーチ

フリーランスのwebデザイナーとは?

フリーランスWebデザイナーとは、独立して個人事業主になった状態で、業務委託案件を受けてWebデザインを行う職種です。

では、実際にフリーランスのwebデザイナーとして活躍するためにはどのような方法があるのでしょうか。具体的ななり方や、平均年収について見ていきましょう。

フリーランスのwebデザイナーのなり方とは

webデザイナーの仕事内容は画像の作成、細部のデザインなど多岐にわたります。資格自体は必須ではありませんが、働くための知識やスキルが必要です。大きく分けて3つの方法があります。

一つ目は大学や専門学校に進学し、デザインや情報,について学ぶ方法です。美術系大学や工業系大学、またはアニメーションやwebデザインに特化した専門学校などでその知識を学ぶことができます。進学の場合は学校側からのサポートを受けられるというメリットもあります。特に専門学校においては実務制作に携われるチャンスも豊富です。

二つ目は、webデザインスクールに通う方法です。未経験者や別の仕事をしながらフリーランスのwebデザイナーを目指している場合、オンラインスクールを受講することがお勧めです。独学でも学ぶことができますが、効率よく基礎的なスキルを身につけるには短時間でもスクールに通うと良いでしょう。

三つ目は独学です。独学の場合はWeb制作に必要なソフトウェアを購入し、操作方法などをサイトや書籍で学びます。無料の学習サイトの活用もお勧めです。その後にクラウドソーシングサービスなどで案件を受けるとフリーランスとしての仕事につながる可能性もあります。

フリーランスのwebデザイナーの平均年収とは

一般的なwebデザイナーの平均年収は300~400万円と言われています。フリーランスとして働く場合には幅があるでしょう。独立して間もない場合や副業の段階ではそれだけでは生計を立てられない場合もあります。一方で、独立して軌道に乗った場合や大手企業の業務委託が多ければ平均年収を大きく上回る場合もありますが、少数であるのが現実です。

また、フリーランスの場合、契約書の作成や業務委託であれば委任契約なのか請負契約なのかを確認する必要もあります。

フリーランスのwebデザイナーの仕事内容とは?

では、実際にフリーランスのwebデザイナーとしての仕事内容を見ていきましょう。必要なスキルや、正社員として働く場合との違い、独学からの活躍の仕方など3つに分けて解説していきます。

必要なスキルや資格

基本的な技術として以下のものが挙げられます。フリーランスでも正社員でもこれらを扱えるようにしておく必要があります。

llustrator (イラストレーター)
Photoshop (フォトショップ)
HTML (エイチティーエムエル)
CSS (カスケーディング・スタイル・シート)
JavaScript (ジャバスクリプト)

webデザイナーは実力や技術が重要なため資格取得は必須ではありませんが、取得を通してスキルアップに繋げることはお勧めです。具体的には以下の資格があります。興味のある分野で資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

・ウェブデザイン技能検定
・Webデザイナー検定
・HTML5プロフェッショナル認定資格

正社員との違い

同じWebデザイナーでもフリーランスとして働く場合と.企業で正社員として働く場合は多々違いがあります。大きな違いとしては営業活動や事務仕事を個人で行う必要があることです。そのため、自分の作品や経歴をまとめたポートフォリオを作成しそれを営業資料として活用していきます。また、税務署へ開業届の提出や個人事業主としての確定申告などの手続きも個人でしなければならないので独立する際には確認しておきましょう。

独学、未経験でもできるのか

フリーランスとして初期の段階では安定した収入が見込めない場合も多くあります。企業で勤め実務経験と資金調達をしながら独立を目指していくのがお勧めです。ですが、実際に独学や未経験の場合でもフリーランスとして活躍している方も多くいます。フリーランスとして働く場合はWebデザインのスキルだけではなくSEOやマーケティングの知識があると活躍の幅も広がります。そのため、前職の職種によってはその経験を生かして仕事をすることも可能です。

Webデザイナーに向いている人の特徴とは

次にフリーランスのWebデザイナーの適性を紹介します。企業で働くかフリーランスで働くか迷っている方は是非参考にしてみてください。

金銭やスケジュールの管理ができる人

フリーランスの場合、税金や確定申告、領収書を集めるなどの業務を自分でしなければなりません。初期の資金調達や支出入の管理も必要ですので計画的に考えられる方が向いていると言えます。また、正社員の場合は有給や年休などがありますがフリーランスの場合は自分でスケジュールを組み立てる必要があります。金銭管理やスケジュール管理が苦手な人は正社員として働く方が活躍できるかもしれません。

交渉ができる人

フリーランスとして仕事を得る際には営業をする必要があります。依頼を受け金額や仕事内容の交渉もしなければなりません。そのため、相手の要望を理解した上で自分の意思を伝えるスキルも大切です。また、業界での人脈があれば仕事につながることもありますので能動的に行動できる人は向いているといえるでしょう。

一人で作業ができる人

企業で働く場合は上司や同僚と連携して働くことができますが、フリーランスの場合は一人での作業が多くなります。協力しながら働くことにやりがいを感じる場合はフリーランスよりも企業勤めが向いていると言えます。在宅での仕事や一人での作業がストレスにならない人はフリーランスとして活躍できるでしょう。

まとめ

今回は、フリーランスのWebデザイナーのなり方や、年収、適性について解説しました。Webデザイナーとしてのスキルに加え、フリーランスとしての能力も必要になります。独学や未経験から活躍することも可能です。

デザインやWeb業界は変化のスピードが速いため日々学んでいく必要がありますが、スマートフォンやインターネットの活用も含め将来性がある業種です。今回説明した適性を踏まえて、是非フリーランスのWebデザイナーとしての独立を目指してみてください。