フリーランス(個人事業主)は再就職手当が貰える?申請方法を解説

フリーランスの生き方

「フリーランスになりたいけど、再就職手当を受けるにはどうしたらいいの?」
「そもそもフリーランスになる人は、再就職手当を受給できるのだろうか?」

本記事では、このような疑問に答えます。

フリーランスになりたい人が再就職手当を受けるためには、8つの条件があります。

それでは、早速みていきましょう。

スポンサードサーチ

再就職手当とは?失業保険との違いは?

まず、再就職手当と失業保険の違いについて説明します。

再就職手当とは

再就職手当は、「離職者が再就職しやすいように」できた制度です。
1年以上の就業が見込める職場に再就職が確定した段階で、その保証をまとまったお金で受け取ることができます。
再就職手当を受けるには、失業保険を受ける期間の3分の1の期間を残しておかなければなりません。

受給額は以下の通りです。
①失業保険の期間を3分の2以上残していた場合
失業保険の1日当たりの給付額×失業保険の残り日数×70%

②失業保険の期間を3分の1以上残していた場合
失業保険の1日当たりの給付額×失業保険の残り日数×60%

失業手当とは

一方、失業保険とは、「会社を辞めてから生活を維持するために必要な生活費を受給できる手当」のことです。受け取る額は一般的に再就職手当よりも大きいです。

こちらは、就職が決まっていない状態でも受け取ることができますが、再就職が決まった時点で支給がストップします。

会社員であれば、お給料から天引きで失業保険料を納めているので、ほとんどの方が受給対象となります。
しかし、フリーランスは「失業の状態にあること」に該当せず、失業手当は受給できません。

受給額は以下の通りです。
失業保険の1日当たりの金額=退職前6か月分の給料/180

失業保険受給対象者は以下の通りです。

・ハローワークに出向き、求職の申し込みを行っている。
・いつでも就職できる脳局があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても職業につけない「失業の状態」である
・離職日以前2年間に被保険者期間が通算12か月以上ある
・倒産、解雇により離職したひとは、離職日以前1年間に被保険者期間が通算6か月以上ある場合も可能

フリーランスになる人が再就職手当を受給できる8つの条件

フリーランスの人が再就職手当を受給するには、以下の通り8つの条件があり、それらをすべて満たしている必要があります。

就職日の前日までの失業の認定を受けた後の基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること。
これは、失業手当(基本手当)の支給残日数が就職日の前日までに3分の1以上残っていることを意味します。

2.1年を超えて勤務することが確実であると認められること
再就職先のことを指します。1年以上の勤務が見込める場合が対象となります。フリーランスになる人は、1年を超えて事業を安定稼働が見込めるかという解釈になります。

3.待期満了後の就職であること
失業保険受給の手続き後、7日間の待期期間を満了後に、就職または自営業を開始しでいれば対象となります。※そのため開業届を出す時期は注意が必要です。

4.離職理由による給付制限を受けた場合は、待期満了後1か月間については、ハローワークまたは許可・届け出のある職業紹介事業者の紹介により就職したものであること
これは、自己都合での退職により、3ヶ月の給付制限がある場合は、1ヶ月目はハローワークもしくは人材紹介会社の紹介で就職を決めることが条件という意味です。

5.離職前の事業主に再び雇用されたものでないこと(資本・資金・人事・取引等の状況からみて、離職前の事業主と密接な関係にある事業主も含みます。)
これは、就職した会社が、退職した会社とは関係ない場合に受給対象であることを意味します。
例えば離職した会社と資本金・資金・人事・取引面で密接な関わりがないことなどを確認してください。


6.就職日前3年以内の就職について、再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けていないこと
過去3年以内に再就職手当、または常用就職支度手当の支給を受けていない場合に受給対象となります。

7.受給資格決定(求職申し込み)前から採用が内定していた事業主に雇用されたものでないこと
受給資格決定の前から、採用が内定していた会社ではないことが条件です。

8.原則、雇用保険の被保険者資格を取得する要件を満たす条件での雇用であること
※雇用保険の被保険者となっていればOKです。

フリーランスが再就職手当をもらうまでの手順

それでは、フリーランスになるが再就職手当をもらうまでの手順を説明していきます。

必要書類

再就職手当金の申請に必要な書類は以下の通りです。

・離職届(会社からもらう)
・再就職手当支給申請書(ハローワークからもらう)
・雇用保険受給者資格証(ハローワークからもらう)
・失業申告認定書(ハローワークからもらう)
・開業届のコピー(税務署からもらう)
・個人事業主として1年以上働けることを証明できる書類のコピー(ハローワークへ提出)

1.離職届をもらう

会社を退職する際に、会社から離職届をもらいましょう。郵送で送られてくることもあります。まず退職時に離職届を出してもらうよう依頼しましょう。

2.離職届をもって管轄のハローワークへ行く

ハローワークへ離職届を持っていきます。
ハローワークは平日8:30~17:15まで利用可能です。

その際に、以下のものも必要になります。
<必要なもの>
・本人確認書類

3.ハローワークに指定された初回講習へ行く

初回ハローワークへ訪問した際に、指定された場所へ、雇用保険に関する注意点などの説明会へ参加します。
講習は主にビデオで、雇用保険受給資格証など、重要書類を渡されます。

3.初回認定日にハローワークへ行く

講習会から2週間ほどで、初回認定日がきますので再度ハローワークに行きます。
ここでは、最低1回以上の再就職活動をしたかどうか、アルバイト等で賃金が発生していないかなどを確認されます。隠さずに話しましょう。
<提出物>
・失業申告認定書

4.開業届を税務署へ提出

待機期間が終了したら、管轄の税務署へ開業届を提出します。
待機期間は、離職届をもってハローワークに初回行った日から7日間です。

自己都合退職の方は、離職届をもってハローワークに初回行った日から7日間の更に1か月後となります。

5ハローワークへ行き、開業した旨連絡・再就職手当申請

開業した旨を担当者に伝えます。その際に以下の資料が必要となります。
<必要なもの>
・開業届
・本人確認証
・個人事業主として1年以上働けることを証明できる書類
※1年を通じて事業を安定稼働できるかの書類ですが、ハローワークの担当者と相談しながら集めましょう。経験上、業務発注書、委託メール、PCなどの領収証などが必要です。

6.ハローワークからの確認電話に対応

申請後1か月ほどで、ハローワークから「事業を続けているかの確認電話」がきます。
1年を超えて事業を継続することが前提ですので、辞めていたら受給できません。

不正受給とならないように、正直に答えます。

7.審査後、再就職手当の振込完了

上記審査を通過したら、1週間ほどで振込されます。

フリーランスが再就職手当をもらう方法 まとめ

いかがでしたか?
フリーランスになる人が再就職手当を受給するには、このように煩雑な手続きがありますね。

しかし、フリーランスになると、今後も税務処理など、自力で乗り越えなければならない手続きがたくさんあります。

しっかりと手続きをして、開業資金の足しにするなど、計画的に手続きを進めていきましょう。