フリーランスは健康診断を受ける?受診方法についても解説

フリーランスの生き方

フリーランスになってから健康診断を受けていないという人は意外と多いのではないでしょうか。

会社員時代は毎年定期的に受けていた人でも、フリーランスになり、どうやって健康診断を受ければいいのか分からない人もいるかもしれません。
本記事では、「フリーランスが健康診断を受けた方がいい理由と具体的にどこで受けられるのか」について解説します。

フリーランスの健康診断は任意

フリーランスの場合「健康診断を受けるかどうか」は任意となります。

そのため「受ける時間がない」「どこで受けられるか分からない」といった人は受けなくても構いません。
しかし健康に関わることであるため、出来るだけ受けた方がいいのは自明だと言えます。

フリーランスでも健康診断は受けた方がいい理由

ここでは、フリーランスでも健康診断を受けた方が良い具体的な理由について解説します。

仕事をする上では体が資本

フリーランスに限らず仕事をする上では体が資本となります。万が一怪我や病気をしてしまうと仕事をすることができなくなります。

会社員であれば、病気で会社を休んだとしても有給休暇が使える他、傷病手当金などを受け取ることができます。また自分が休んだ間の仕事は同僚がカバーしてくれるでしょう。

一方で、フリーランスは有給休暇はなく、病気などに伴って手当が貰えることもありません。

また同僚というものが存在しないため、仕事を休んでいる間は仕事がどんどん溜まっていきます。

こういった事態に陥らないためにも、定期的に健康診断を受け、体調を崩す前に対応できるようにしておきましょう。

プライベートにも支障をきたす

体調を崩すと仕事だけでなく、プライベートにも支障をきたしてしまいます。

友人や恋人、家族と中々会えない、行きたい場所に行けない、自分の好きな食べ物が食べられない、など様々な制限がかかってしまうかもしれません。

健康状態が優れないと仕事の効率も下がる

体調が優れない状態で仕事をしていると、集中力が散漫になるため、仕事の生産性が落ちてしまいます。

またいつもならしないような凡ミスをしてしまい、クライアントから注意を受ける可能性もあるでしょう。

仕事の成果にも影響が出る恐れがあるので、健康診断を受け、体調を万全の状態にしておく必要があります。

体調を崩して働けない=収入ゼロになる

病気になって仕事ができない間、フリーランスは収入がゼロになります。

ただでさえ健康状態が悪いにも関わらず「お金はどうすればいいんだろう…」と心配事が増えてしまい、さらに負担がかかってしまうでしょう。
病気になると健康を脅かすだけでなく、生活自体も脅かされる可能性があることを知っておきましょう。

セルフメディケーション制度が活用できる

健康診断を受けることで、セルフメディケーション制度を利用することができます。

セルフメディケーション制度とは、2017年に始まった医療費控除の特例で、特定の医薬品の購入や健康診断の受診などで、年間12,000円分の所得控除を受けることが可能です。
そのため、節税に取り組みたい場合は、健康診断を受けるべきだと言えるでしょう。

健康に対する意識の高まり

健康診断は自分の体に悪いところはないかを調べるためのものですが、健康診断を受けることで、自身の健康に対する意識を高めることができます

例えば、前回の健康診断よりも体重が増えていたり、前回は問題なかった検査で引っかかったとなれば、自身の体の状態が悪くなっていると把握することができます。
悪くなっているのであれば、生活習慣を改善するなどの、取り組みもできるでしょう。

フリーランスが健康診断を受ける方法

ここでは、フリーランスが健康診断を受けるにはどうすればいいのか、という点について解説します。

具体的にどこで受けることができるのか解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

病院で健康診断を受ける

健康診断は病院で受けることができます。自分が住んでいる地域の近くの病院で健康診断が受けられないか確認してみましょう。

受ける場合は有料となり、だいたい数千円から1万円程度かかると考えておいて下さい。なお、健康診断では、健康保険は使えないので、全額自己負担となります。

また病院での健康診断は、検査項目を自分で決めることができます。そのため、気になる部分がある場合はしっかりと診断して貰うようにしましょう。

市区町村の健康診断を利用する

市区町村などの各自治体でも健康診断を行っているケースがあるので、それを利用することも可能です。

自治体の健康診断は無料で受診できるものもあり、有料でも数百円程度で受けられるなどその価格の安さが特徴です。

ただし、自治体によって条件は異なるので、自分の住む自治体の条件を確認しておくようにしましょう。

そして自治体による健康診断は、受診できる項目が限られている他、受診日も決められているので注意して下さい。

保険組合の健康診断を利用する

フリーランスになる前に会社勤めをしていて、会社員時代に加入していた保険組合を任意継続している場合は、組合の提供する健康診断を受けることができます。

保険組合にもよりますが、通常の健康診断の他に、乳がん検診や子宮頚がん検診、付加健診、特定健康診査などが受けられるケースもあるので、しっかりと健康状態を確認することができるでしょう。

また職種別の保険組合というものがあり、各組合が提供する健康診断を受診することもできます。

例えば、デザイナーやライターなどを対象とした文芸美術国民健康保険組合では、加入者は1年に1回基本健診が受けられます。

あんしん財団を利用する

あんしん財団とは、中小企業を対象とした保険のことです。

中小企業対象となっていますが、フリーランスのような個人事業主も2,000円/月で加入可能です。あんしん財団に加入することで、1年に1回定期健康診断を受ける際に補助金を受けることができます。

補助金は1人2,000円までです。また人間ドックや脳ドックなどを受けた場合は、加入期間に応じて最大で20,000円が支給されます。

フリーランスが健康診断を受ける際の注意点

ここでは、フリーランスが健康診断を受ける時に覚えておきたい注意点について解説します。

経費で落とせない

フリーランスになると、仕事のために支払ったお金を経費として計上することができますが、健康診断はその費用を経費として計上することはできません

また家賃や光熱費、通信費などは按分による経費計上が可能となっていますが、健康診断は按分も適用されません。
そのため、完全に自己負担で受診しなければいけない点に注意して下さい。

定期的に受けるようにする

健康診断は定期的に受ける必要があります。体は日々変化するため、1年前はなかった病気が、1年後には見つかるかもしれません。

1度健康診断を受けたからしばらく受けないのではなく、年に1回は必ず受診するようにしましょう。
フリーランスは、仕事のスケジュールも自分で決められるため、健康診断に行く程度の時間であれば、調整すれば確保できるはずです。

人間ドックやがん検診も受ける

年齢を重ねてきている人は、人間ドックやがん検診も受けるようにして下さい。

人間ドックは通常の健康診断よりもさらに精密に検査を行うので、健康診断では見つからなかったような病気が見つかるかもしれません。

がん検診は「胃がん」「大腸がん」「肺がん」「乳がん」「子宮頸がん」の5大がんを早期発見することを目的とした検診です。

40代以上の人は1年おきに受けることをおすすめします。

必要な健診項目をチェックしておく

健康診断は、労働安全衛生法によって、受診するべき項目が以下のように定められています。

  • 既往歴及び業務歴の調査
  • 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査
  • 胸部エックス線検査及び喀痰検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(LDL・HDLコレステロール、TG)
  • 血糖検査
  • 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

上記の項目のうち、以下の項目に関しては、35歳以外の40歳未満の人は省略することができます。

  • 腹囲の測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査
  • 血中脂質検査
  • 血糖検査
  • 尿検査
  • 心電図検査
なお、これらの項目は35歳の時と40歳以降の毎年健康診断で調べなければいけません。

まとめ

今回はフリーランスと健康診断の関係について解説しました。

フリーランスとして働く上で、健康であることは何よりも重要な要素です。体調を崩し、仕事ができなくなると収入がなくなってしまいます。

そういった事態を避けるためにも必ず定期的に健康診断を受け、自身の健康状態を把握しておくようにしましょう。

最後になりましたが、本メディアではフリーランスに関連する情報を幅広く発信しています。

たった5分で分かるフリーランスの仕事内容【種類や仕事の取り方も紹介】

2020-09-11
フリーランスの仕事については上記に纏めているので、こちらも合わせて確認してみて下さいね。