フリーランスのグラフィックデザイナーとは?収益や必要なスキルを解説

フリーランスの生き方

フリーランスとして働く人が増えており、国内のフリーランス人口は1,000万人を超えています。

フリーランスのデザイナーとして独立する人も増えてきており、イラストレーターやUX/UIデザイナー、グラフィックデザイナーなど様々な職種の人が増えている状況です。

今回は、グラフィックデザイナーとして独立するためにはどうしたら良いのか、そして独立したどのように仕事をしていけば良いのかについて解説します。

スポンサードサーチ

フリーランスのデザイナーとして独立するためには

フリーランスのデザイナーとして独立するためには、大前提としてスキルが必要です。デザイナーとしてのスキルを磨くためには
・企業に在籍して経験を積む
・独学やスクールで勉強する
などの方法があります。

これに加えて、仕事を得るための営業スキルを磨く必要があります。フリーランスは自分で営業をかけて、仕事を取らなければいけません。

自分でメディアに連絡を入れたり、フリーランス向けのエージェントを活用したりなど営業のやり方は様々です。

営業をかける際には、いかに企業のデザイナーと違って自分の価値を出せるかがポイントです。

また、クライアントとの信頼が大事になるので、デザインの質向上やレスポンスのスムーズさなども意識しましょう。

フリーランスのグラフィックデザイナーの気になる収益

これからグラフィックデザイナーとしての独立を考えている人にとって、気になるのは「年収」ですよね。

あまり稼げないとなると、独立をせずに企業に勤めながらグラフィックデザイナーとして続けていくことも選択肢の1つです。

フリーランスのグラフィックデザイナーの年収は300~400万円の人が多く、新人の時は300万円以下の場合もあります。

しかし、大きな案件に関わることで報酬額が大きく伸びるため、独立初年度から売り上げが跳ね上がるフリーランスもいます。

そのため、実績や経験次第では大きく稼ぐことも不可能ではありません。

フリーランスのグラフィックデザイナーに必要なスキル

グラフィックデザイナーとして必要なスキルは以下の通りです。
・デザインに関するスキル
・グラフィックソフトやDTPソフトを扱うスキル
・営業に関するスキル
があります。

ここからは、これらのスキルを学ぶ方法を解説します。

デザインに関するスキル

デザイナーである以上、デザインに関するスキルが必須となります。グラフィックデザイナーには、「レイアウト」や「フォント」などのデザインスキルが必要です。

例えば、見やすいレイアウトの作り方や余白の取り方をマスターしておくと、クライアントの目的に沿った見やすいレイアウトが作ることができます。

フォントも同じことが言え、どのフォントを使用するかによってもデザインを見る人に与える印象は変化します。クライアントが求めるデザインの印象に合わせたフォントを選べるように勉強しましょう。

グラフィックソフトやDTPソフトを扱うスキル

グラフィックデザインでは、「illustrator」「Photoshop」「InDesign」など、様々なソフトを使用します。

それぞれのソフトによってできることも違うので、ソフトの特徴や使い方をマスターしておく必要があります。

より複雑なデザインを作るには専門的な知識やスキルが必要です。スキルに関しては実際に触って見るのが一番てっとり早いです。

書籍やYoutubeの解説動画を見ながら、実際に触ってみることでより実践的にソフトスキルを身に付けることができます。

また、自分が好きなデザインを真似して作ってみることも大事です。自分のイメージを作り上げる能力はデザイナーにとって大事です。

自分の頭の中のイメージと、実際にデザインするスキルがなければ思ったようなデザイン作りは不可能です。

営業に関するスキル

フリーランスになると自分で案件をとってくる必要があり、そのための営業スキルも身に付ける必要があります。

企業では自然と仕事が割り振られてこなすことになりますが、フリーランスは自分のスキルや得意なことを訴えなければ仕事はきません。自分に適性がない仕事を割り振られることもあるため、ブランディングを明確にしておきましょう。

デザイナーの中でも、
・どんなジャンルの案件を受けたいのか
・どんな強みがあるのか
などを訴えていく必要があるので、一度、自分について研究しておきましょう。

自分がどのようなデザイナーであるかを知っておいて、それを営業の際に伝えることでクライアントとのミスマッチを防ぐこともできます。

ここからは、フリーランスのグラフィックデザイナーの具体的な仕事の探し方について解説します。

フリーランスのグラフィックデザイナーの仕事の探し方

上記で説明した通り、フリーランスは自分で営業をしなければいけません。しかし、フリーランスなりたての人がいきなり営業と言われても難しいです。

そこで具体的な営業の仕方について解説します。

それぞれメリットやデメリット、どれくらいの経験を積んでいるときに有効なのかも解説するので、これからフリーランスを目指す人は覚えておきましょう。

クラウドソーシングサイトで仕事を受ける

グラフィックデザイナーとして経験がまだ浅く、実績や経験を積みたい人にはクラウドソーシングサイトがおすすめです。

クラウドソーシングサイトとは、お仕事を依頼したいクライアントとそれを受注したいフリーランスをマッチングさせるサービスです。

企業のロゴデザインやWebサイトデザインなどの案件が多く、経験を積むにはぴったりです。

一方で、全体的に案件の単価が安い傾向があります。そのため、経験を積むことを目的として使用するのは良いですが、クラウドソーシングサイトで稼ぎ続けるということは考えない方が良いです。

クラウドソーシングサイトで大きな金額を稼ぐためにはより長い期間が必要になります。そのチエルめ。途中からこれから紹介する
・友人や知人から仕事を紹介してもらう
・直接企業に営業する
といった方法を利用するようにしましょう。

友人や知人から仕事を紹介してもらう

デザイナーとして企業で働いた後、フリーランスとして独立した場合は退職する前の職場や取引先などに対して営業活動を行っておくことが大事です。

営業をしておくだけでも印象残っていれば、案件をもらえる可能性があります。

また、セミナーやイベントに参加した知人を増やしておくことも重要です。知人を増やしておけば案件を紹介してもらえる可能性があります。

こういった際により営業を円滑にするためにポートフォリオを作成しておきましょう。ポートフォリオを見せることで自分の実績を提示することが出来、案件を獲得できる可能性も高まります。

直接企業に営業する

SNSを見ていると、デザイナーを募集している企業もあります。そういった募集案件を見つけて、応募することで案件を手に入れることもあります。

しかし、この方法は実績やポートフォリオが充実している人でなければ案件を受注することは難しいです。

案件獲得のハードルが高く、有名な企業であればあるほど倍率も高くなります。もし、自分が「ここで仕事をしたい」と考えている企業があれば応募するようにしましょう。

グラフィックデザイナーになるには1つの案件を確実にこなすことが大事

今回の記事では、フリーランスのグラフィックデザイナーのなり方と独立後の生活について解説しました。

フリーランスは営業から案件をこなすまで、全てを自分で行わなければいけません。そのため、案件をこなす以外の業務の時間などについても研究していく必要があります。

これからフリーランスのグラフィックデザイナーになることを検討している方は事前に準備や勉強することが多いので、この記事をしっかりと読んで独立に備えておきましょう。