フリーランスデザイナーとは?年収や仕事の取り方も解説

フリーランスの生き方

近年多くの職種でフリーランスとして働く人が増えています。数あるフリーランスの仕事の中でも今回は「フリーランスデザイナー」について取り上げていきたいと思います。

続々とWebページや広告が制作されている背景から、フリーランスのデザイナーは需要のある仕事の一つですが、しっかりと稼げるのかどうかが気になるところですよね。そこで今回はフリーランスデザイナーの平均年収について解説し、仕事の取り方や年収アップの方法も紹介します。

スポンサードサーチ

フリーランスデザイナーの年収はどのくらい?

フリーランスWebデザイナーの年収

デザイナーには様々な種類がありますが、ITの発展によりWebデザイナーとして働く人は特に多くなっています。仕事内容は主にサイトとして見えるようにWebページを作っていくことで、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を使って、Webコーディングという作業を行います。

フリーWebデザイナーの年収はスキルによって大幅に変わってきますが、おおよそ300万~400万が平均です。プログラミング言語以外にディレクションやプログラミングの技術がある人は500万円を超えることもあり、中には安定的に1,000万円以上を稼ぐ人もいます。ただし、国民年金や国民健康保険、所得税などの税金を払わなければならないため、実際の年収は更に少なくなります。

ちなみにどのフリーランスも共通ですが、出来高によって収入が決まります。つまり頑張った量がそのままお金として還元されるのです。しかし、コンスタントに仕事を受注し続けるのであれば、ただ単に頑張るのではなく、クライアントが求めることや最新の技術などにしっかりと対応できなければなりません。

フリーランスグラフィックデザイナーの年収

主に雑誌の広告や商品パッケージ、チラシなどの紙媒体をデザインするグラフィックデザイナーも大体300~400万円台が平均です。経験が少ないグラフィックデザイナーは300万円を切ってしまう場合もあり、スキルによって大きく分かれます。

そのため、Webデザイナーでもグラフィックデザイナーでもフリーランスの場合は、基本的に年齢によって年収に大きな差が出るわけではありません。どちらかといえば一定以上の実績やデザイン技術、経験が認められて単価が上がり、年収が上がっていくパターンが多いようです。

最近は電子書籍化やWeb化が進んでおり、紙媒体での情報提供が減ってきています。需要の点から考えると、今後はグラフィックデザイナーだけの経験を持つ人もWebページのデザインを学ぶことも考えなければなりません。

フリーランスデザイナーの仕事の取り方

まずは実績を積み上げる

フリーランスデザイナーとして独立をすると、案件は自分で獲得しなければなりません。未経験からでも仕事を得られることはもちろんありますが、制作実績があれば信頼も築きやすく、より効率的に仕事を獲得できることにつながるでしょう。

フリーランスとして働く人も増えてきている中、副業ができるサイトも続々と登場しています。「ランサーズ」や「クラウドワークス」のようなクラウドソーシングサイト、もしくはフリーランスデザイナー向けのエージェントを活用しながら、低価格でも案件を受注し続けることで実績が増えていきます。大変な道のりではありますが、低価格からの実績作りはデザイナーとしての活動の幅を広げるのに有効です。

もちろん過去に正社員のデザイナーとして働いていた場合はすでに実績があるため、フリーになっても仕事を獲得できる確率は上がります。しかしながら最初に述べたように、クライアントが求めることに柔軟に対応できなければ、たとえ経験があったとしても継続的に受注することは難しくなります。

スキルをつける

Webサイトデザインを行う上で主流のソフトはPhotoshopやIllustratorです。しかし、現在ではSketchと呼ばれるアプリやULデザイン用のツールも登場しています。

また、サイトデザイン自体はHTMLやCSSなどのスキルがあればできますが、アクションを加えて面白味のあるサイトにするためには、Javascriptも覚えておく必要があります。グラフィックデザイナーの場合はPhotoshop・Illustratorがメインになるので、両者を完璧に使えるレベルにしておいた方が良いです。

アプリやソフトの発展により、デザイナーが使えるツールも年々増えてきています。その流れを正確に汲み取り、新しいスキルを身に付けることで仕事の幅が広がります。フリーランスデザイナーとして活躍したい場合は、様々なアプリやソフトに挑戦してみましょう。

SNSをフルに活用する

今やSNSで自分の活動を発信することが仕事獲得のカギになると言っても過言ではありません。「Instagram」や「Twitter」などで自分の制作実績をアピールし、人々の目に留まれば拡散されていきます。過去に描いたデザインを多くの人に見せることで、自分の宣伝にもつながるのです。

そしてSNS上の発信やスキルが注目され、新しいクライアントから思いがけず「仕事を一緒にやりたい」という連絡が来るケースも多々あります。SNSでの表現が苦手な場合は、プロフィールに職歴やフリーデザイナーになった経緯などを示しておくだけでも良いでしょう。

ポートフォリオを作っておく

仮に少しでも実績がある場合は、「ポートフォリオ」としてまとめておくことをおすすめします。ポートフォリオとは自分が過去に手掛けたデザインを載せた、いわば「作品集」のようなものです。先述のSNSだけではなくポートフォリオでも作品を公開しておくことで、クライアントや企業から注目が集まりやすくなります。

ただし、できれば作品を載せるだけではなく、どのような技術を使ってデザインしたのかを示してみましょう。見ている人に自分がどのようなデザイナーなのかを訴えかけることができ、「名刺」のような役割を果たすのがポートフォリオなのです。

デザイナー仲間を作る

 多様な働き方が認められ、フリーランスが増えている今、フリーランス独自のコミュニティも数多く存在します。フリーランスデザイナー向けの交流会やイベントもあるので、ぜひ積極的に参加してみましょう。デザイナーならではの悩みなどを共有することで分かち合い、いい仲間もできるはずです。

さらに、コミュニティに参加することは横のつながりを幅広くするのにも有効な手段です。人とのつながりが広がっていくことで「仕事があるから紹介したい」という流れになるかもしれません。そもそもフリーランスは一人で過ごすことが多く、なかなか人と知り合う機会がないので、一度はフリーランスデザイナーの交流会に参加してみることをおすすめします。

フリーランスデザイナーの年収の上げ方

特定のジャンルでのデザインスキルを磨く

年収を上げる1つの方法として「自分の得意ジャンルを作る」ことが挙げられます。例えば「広告デザインといえばこの人!」のように、ある特定のジャンルでも評価が上がれば比例して単価も上がりやすくなります。自信のある分野で評価も単価も上がり、効率よく稼げるようになれば、仕事の量が無駄に増えてしまう事態を避けることもできます。

マーケティング視点でデザインを考える

デザイナーは広告やチラシ、各種商品など市場に出回るもののデザインを手掛けます。従って自分本位の考えだけではなく、どのようにして世間にインパクトを与えるかを考えながらデザインすることも大切です。

クライアントが求めることに加え、マーケティング戦略にぴったりはまるデザインを創作することで市場でのデザイナーの価値も高まります。マーケティング・デザインの両方が備わることで「できる人」と見られる可能性も高くなり、年収アップにも直結します。

継続の案件を受注する

フリーランスは主に案件のタイプが「継続案件」と「単発案件」の2種類に分かれます。年収を上げたい場合はずばり、継続案件の受注を目指すことが重要です。

単発の案件は受注ができたとしても単価が低い傾向にあり、収入も途切れ途切れになってしまいます。つまり、一つの仕事を終えると再度営業活動に時間を割くことになるので、最終的に年収アップが見込みにくくなります。

やはり継続の案件を請け負う上でも重要なのが横のつながりで、人脈を広げることで継続の案件が舞い込んでくることがあります。人脈がないという場合はクラウドソーシングやエージェントを使って継続案件を探し出すしかないでしょう。

まとめ

フリーランスデザイナーの中には1000万円稼ぐ人もいると述べたものの、実際には一握りしかいません。生計を立てるには厳しい世界が待ち受けており、不安定であることは否定できません。

それでもフリーランスデザイナーは自由な時間に働けることが魅力の一つで、子育て中の女性にも人気が高まっている職種です。自分のリズムで仕事をしながら、実績やスキルを身に付け、クライアントとの信頼関係や人脈を築くことで年収アップのチャンスが広がります。自分の作品が世に出回ることで社会に貢献できる、やりがいも見出しやすい仕事なので、デザインが好きな方はぜひ挑戦してみてください。