個人事業主(フリーランス)になるには?脱サラ前に準備事項を確認!

フリーランスの生き方
  • フリーランスになる為には何から始めれば良いの?
  • フリーランスの準備の流れが知りたい

こんな疑問に答えます。

現状会社員でフリーランスになりたいと考えているものの「何から始めれば良いのか分からない」と疑問に感じている人は多いのではないでしょうか?
本記事では、開業までに行うべき準備と、開業してからの大まかな流れについてまとめていきます。


この記事を読むことで、スムーズに開業準備を進めていくことができますよ。

フリーランス(個人事業主)とは

個人事業主とは、個人で事業を展開している人のことです。税務署に開業届と呼ばれる書類を提出することで個人事業主となることができます。

個人事業主というと、飲食店や商店などをイメージする人もいるかもしれませんが、そのほかにも医師や弁護士、クリーニング業、美容業を営む人も個人事業主に該当します。
また従業員を雇ったとしても、事業自体を法人化していなければ個人事業主のままとなります。

フリーランス(個人事業主)になるメリットとデメリット

個人事業主になる場合、メリットとデメリットの双方を理解しておくことが重要です。

ここでは、個人事業主のメリットとデメリットについて解説します。

フリーランス(個人事業主)のメリット

実力次第で収入アップ

個人事業主は、会社員とは違い、行った仕事は全て収入に繋がります。

会社員だと沢山仕事をしていても固定給しかもらえずに不満を感じる人もいるかもしれませんが、個人事業主になると、そういったことがありません。
実力主義とも言える世界なので、頑張りがダイレクトに収入に反映されるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

面倒な人間関係がなくなる

会社員をしていると、苦手なタイプやそりが合わないようなタイプの人と仕事をすることもあります。

仕事とはいえ、自分と合わない人と一緒に仕事をするのはストレスになりますが、個人事業主であれば、仕事を自分で選ぶことができるので、自分と合わない人とする仕事を避けることができます。

時間の融通が利くようになる

個人事業主は、基本的に会社のように特定の勤務時間が決まっていません。何時に始業して何時まで働くかは自分で決めることができます。

そのため「今日は夜予定があるから早めに仕事を始めて早めに切り上げよう」「今日は疲れているから半日だけ働こう」といった働き方をすることも不可能ではありません。
勿論、仕事の都合によっては融通が利かないこともありますが、会社員に比べると自由度はアップするでしょう。

フリーランス(個人事業主)のデメリット

収入が安定しない

個人事業主は、会社員のように毎月決まった給料が貰える訳ではありません。その月の仕事量によって収入が左右されるため、どうしても収入は不安定になってしまいます。

社会情勢や景気などの影響で急に仕事がなくなり、収入がゼロになる可能性も十分にある点はデメリットとなるでしょう。

仕事が見つからない

個人事業主は自分で仕事を見つける必要がありますが、なかなか見つからないケースも中にはあります。

仕事が見つからなければそもそも収入が得られないので、生活自体も厳しいものになってしまうでしょう。

福利厚生がない

会社員の場合、会社の用意する福利厚生を利用することができます。また、有給休暇が利用できるのも会社員ならではです。

一方の個人事業主は、福利厚生はなく、有給休暇も利用できません。万が一病気や怪我によって仕事ができなくなったとしても、補償が何もない点にも注意する必要があります。

社会的信用度の低さ

個人事業主は、会社員に比べると社会的な信用度が低くなってしまいがちです。

これは、クレジットカードやローンの審査に影響するだけでなく、個人事業主ということで仕事の契約が取れない可能性もあります。

フリーランス(個人事業主)になる時の事前準備

これから個人事業主になろうとしている人は、事前にいくつかのことをしておく事をおすすめします。ここでは、事前にしておくべきことについて解説します。

脱サラする場合

まずは、脱サラして個人事業主になる場合に、しておくべきことについて解説します。

事業用の銀行口座やクレジットカードを準備する

フリーランスの業務で使う資金は事業用の銀行口座で管理するようにしましょう。
確定申告に向けて帳簿をつける際、事業用の銀行口座があると出費や収入を管理しやすくなります。

銀行口座はインターネット上で簡単にお金の出入りが確認できるネットバンクがおすすめです。

またクレジットカードを作る際は会社を退職する前に作っておきましょう。
開業して間も無くは収入を証明するものがない為、クレジットカード発行の審査に通りにくくなるからです。

クレジットカードの審査が心配な場合は、デビットカードを検討しましょう。
デビットカードは作成に審査がありません。


ただし、口座に入っている額以上の出費には対応できないので注意が必要です。

フリーランスはクレジットカードを持てる?おすすめのカードと共に解説

2020-09-29

印鑑・名刺の準備

ビジネスを始める上で事業用の印鑑と名刺を作っておきましょう。

事業主として営業に出る前に、早めに作っておく必要があります。印鑑も名刺もインターネットで注文することができます。
名刺に関してはデザインや記載内容を考えなければなりません。

メールアドレスやポートフォリオサイトにアクセスできるQRコードを設置しておくと、受け取った側もアクセスしやすくて便利です。

事業計画書の準備

フリーランスとして事業を行っていく上で最も大切なのが事業計画書です。

事業計画はあなたがどのような働き方をしていくかを決める大切なものです。明確な目標の設定や、事業を行う為に必要なものの確認など、現状を把握しなければなりません。

事業計画の作成には時間がかかりますが、しっかりと芯の通った計画を持っておくことで迷いなく事業を進めることができるようになります。


出だしの計画に手を抜かず、時間をかけて計画を練っておきましょう。

ポートフォリオの準備

職務経歴書とともに用意しておくと良いものがポートフォリオです。

ポートフォリオはあなたにできる仕事のサンプルとなるため、ポートフォリオの出来次第で仕事を受注できる可能性が広がります。
ポートフォリオは直接の営業で持ち込むこともできますが、データでも送れるようにしておくと良いでしょう。


フリーランスはブログが必要?メリットやプロブロガーについても解説

2020-07-16

退職準備を進める

脱サラして個人事業主になる場合、会社の退職準備も進めなければいけません。

一般的に退職する場合は、退職する日の1ヶ月前を目安に退職する旨を伝えます。会社側も退職に伴い新たな人員を確保する必要があるため、早い段階で伝えるようにしましょう。

副業で個人事業主になる場合は就業規則を確認

近年では、副業をOKとしている会社も少なくなく、中には会社に所属しながら副業として個人事業主で活動している人もいます。

もし、副業で個人事業主になりたい場合は、会社の就業規則をチェックするようにして下さい。会社がそもそも副業を許可していないケースや副業は可能でも条件がついているケースもあります。
そのため、副業を始めてからトラブルにならないようにするためにも、事前に必ず就業規則を確認しておきましょう。

フリーランス(個人事業主)になるために必要な手続き

ここからは、個人事業主になるにあたって、必要になる手続きについて解説します。

開業届の提出

開業届は、個人事業主になる際に提出する書類のことで、正しくは「個人事業の開業・廃業等届出書」と言います。

書類は所轄の税務署に事業を開始してから1ヶ月以内に提出する、とされていますが、1ヶ月を超えてから提出しても特に罰則などはありません。

ただし、屋号付きの銀行口座を作りたい場合などは、開業届が必要になるので、できるだけ早めに提出するようにしましょう。

なお開業届は国税庁のホームページからダウンロードできるほか、税務署の窓口で受け取ることもできます。

フリーランスの開業届の書き方は?【メリットや関連書類と含めて解説】

2019-06-06

青色申告書の提出(希望する場合)

必須ではありませんが、個人事業主になる場合、青色申告書と呼ばれる書類を提出しておくと何かと便利です。

青色申告書は、新規開業の場合事業を始めた日から2ヶ月以内に提出する必要があるので、忘れずに提出するようにしましょう。

青色申告書とは

青色申告書とは、確定申告の際の申告方法の1つです。青色申告以外にも、個人事業主は白色申告と呼ばれる申告方法を選ぶこともできます。

白色申告は、記帳が簡単にでき、手間がかからないのが特徴ですが、控除が受けられません。

一方で青色申告は記帳こそ面倒ですが、「青色申告特別控除」として10万円もしくは65万円の控除が受けられるため、節税をすることができるのが特徴です。

事業を展開する

フリーランスとして開業したら、あとは開業前に立てた事業計画に沿って事業を進めていきます。


開業当初は営業や案件探し、人脈作り等を繰り返し、仕事を探さなければなりません。
継続して依頼が受けられるよう1つ1つの仕事をこなしていきましょう。

仕事のスキルを上げていくための勉強も自分自身で行わなければなりません。
目標設定や仕事内容の振り返り、改善点の洗い出し、実践と繰り返しながらプロとして仕事の質を高めていきましょう。

フリーランス(個人事業主)と会社員時代との違い

個人事業主になると、社会保険や税金に関しても会社員時代との違いが発生します。ここでは、どのような違いがあるのか具体的に解説します。

国民健康保険に加入しないといけない

会社員は、基本的に会社が提供する健康保険に加入していますが、会社を辞めるとその健康保険から脱退することになります

そのため、個人事業主になる際には、国民健康保険に加入する必要があります。国民健康保険への加入手続きは全て自分で行う必要があるので注意して下さい。
手続きは済んでいる市区町村役場で行います。

なお、国民健康保険に加入する以外にも、それまで勤めていた会社で加入していた健康保険に任意継続で加入することも可能です。

さらに、業種によっては、その業界向けの健康保険組合や団体、協会などが存在するため、そちらに加入することもできます。

いずれにしても、何かしらの保険には加入しなければいけないので、必ず手続きを行うようにして下さい。

国民年金に加入しないといけない

国民健康保険同様、国民年金への加入手続きが必要になります。手続きは住民登録をしている市区町村役場の年金担当窓口で行って下さい。

なお、会社員の場合は、国民年金と厚生年金の2つの年金に加入していますが、個人事業主は国民年金のみの加入となっているため、将来もらえる年金の額が会社員に比べると減ってしまいます。
そのため、必要に応じて国民年金基金や個人型確定拠出年金などを活用するようにしましょう。

確定申告をしないといけない

会社員の場合、各種税金の支払いは、全て会社が行ってくれていました。一方で、個人事業主となると、それらの手続きは全て自分で行うことになります。

代表的なものが確定申告です。確定申告では、自分の1年間の所得を申告して所得金額に応じて納税をする必要があります。

個人事業主の場合、所得が事業所得のみで、年間の所得が38万円以下なら確定申告をする必要はありません。

また、副業として個人事業主を行っている場合は、年間の所得が20万円を超えると確定申告が必要になります。

もし確定申告を行わないと、ペナルティーとして延滞税や無申告加算税といった各種税金を追加で納税しなければいけなくなるため、必ず期限内に確定申告をするようにして下さい。

フリーランスの確定申告は?収めるべき税金の種類や申告方法を解説

2020-09-29

フリーランス(個人事業主)で人気の仕事・職業

最後にフリーランス(個人事業主)で人気の仕事・職業を6つ紹介します。

さらに詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしましょう。

たった5分で分かるフリーランスの仕事内容【種類や仕事の取り方も紹介】

2020-09-11

プログラマー

プログラマーとは、Webサイトやシステムに対してコーディングを行い、プログラムを組んでいく仕事です。

近年プログラミングの需要が非常に進んでおり、スクールを通じて就職したり、フリーランスとして活動する人が非常に増えています。
一度スキルを身に付ければ食いっぱぐれのないスキルなので、非常におすすめだと言えるでしょう。

未経験からでもなれる?フリーランスのプログラマーになる際のポイントを解説

2020-11-09

Webデザイナー

WebデザイナーはWebサイトや雑誌・ポスターに対してデザインを行う仕事のことです。

Webデザイナーもプログラマーと同様に非常に人気の職種で、職業訓練やスクールでもデザインスキルを学ぶことができます。

フリーランスのwebデザイナーになるには?年収や仕事の取り方を解説

2020-11-09

Webライター

Webライターは文字通りライティング業務を行う職種のことです。

コラムライターやSEOライターなど種々ありますが、SEOの知識を持っている人や、医療系・金融系などのジャンルを絞ったライティングができる人は非常に重宝されます。

また自身でブログを開設してブログを書くことで、ブロガー・アフィリエイターとしても収益を得ることが可能です。

フリーランスのライターとは?仕事の受注方法からポイントまで解説

2020-11-09

イラストレーター

イラストレーターはイラストを書いて納品する仕事です。

仕事内容はアイコン制作・図解・表紙制作など、業務の種類は多岐に渡ります。Illustratorを使って業務を行うことが多いです。
デザインと間違われることが多いですが、近年非常に需要が伸びている職種の1つです。

フリーランスのイラストレーターになるには?仕事を得るためのポイントを解説

2020-11-09

Webマーケター

Webマーケターはマーケティングに関する業務を行う仕事です。

マーケターと一言で言っても様々な業務があり、SEOの解析やや広告の運用、リスティング広告の運用など様々な形態があります。

マーケターは会社で抱えていることが多いですが、そうでない企業に営業をかけることで、高単価の案件を獲得することができるのでおすすめです。

フリーランスのWebマーケターになるには?求められるスキルを解説

2020-11-09

Webコンサルタント

Webコンサルタントは企業の課題や問題点を分析し、改善に導く仕事です。

コンサルタントは年収1000万円を超えることも珍しくないですが、仕事内容に高いスキルが求められるので、一般的に会社員から独立するのが一般的です。

フリーランスコンサルタントになるには?仕事内容から見つけ方まで解説

2020-11-09

まとめ

フリーランスの準備に関する記事は以上になります。

フリーランスになるのには入念な準備が必要なので、この記事を読んで足りない部分を確認してみると良いでしょう。

またフリーランスはエージェントを活用することで安定的に案件を獲得することができるので、下記の記事も確認してみて下さいね。

\こちらもおすすめ/

フリーランスエージェントのおすすめを30社比較してみた【厳選】

2020-05-11