フリーランスもクレジットカードを持てる!おすすめのカードもご紹介!

フリーランスの生き方

フリーランスもプライベートを充実させたり備品を購入したりする際にクレジットカードがあると便利です。しかし「フリーランスはカードを持てない」ともよくいわれます。実はフリーランスでも、ポイントさえつかんでいれば新規でカードを発行してもらうことが可能です。フリーランスがクレジットカードを持つ方法を、おすすめの種類と合わせてご紹介します。

スポンサードサーチ

フリーランスは本当にクレジットカードを持てるのか

よく、「フリーランスはクレジットカードを持てない」といわれています。確かに会社員など正規雇用者の方が発行してもらいやすいイメージが強いです。しかしフリーランスも、ポイントさえつかんでいればカードを発行できます。

「フリーランスはクレジットカードを持てない」といわれる理由とは

「フリーランスはクレジットカードを持てない」といわれる理由は、正社員に比べて収入が安定しにくいためです。正社員の場合は毎月決まった額の給料を得ている分、カード会社にとっても利用代金の支払いが期待できます。

しかしフリーランスの場合は月ごとの収入が決まっておらず、場合によって前月より大幅に少ないケースも多いです。このため、カード会社としても毎月きちんと利用代金が払われるかどうかで慎重に判断すべき点になります。「フリーランスはクレジットカードを持てない」といわれるのは、彼らの収入の不安定さとそれに対するカード会社の考え方が根拠です。

信用状態やクレジットカードの審査基準に注意すれば発行してもらえる

しかし実際は、フリーランスであっても申込者の収入面や信用状態が良好であれば、クレジットカードの発行は可能です。カード会社が審査で重要視するポイントに、「利用料金を遅滞なく払ってもらえるかどうか」が挙げられます。つまり「使った枠の分をあとから滞納することなく払ってくれれば良い」というスタンスで、この点に勤務形態は関係ありません。

このため、利用料金の支払い能力があり、支払いの遅延などで信用情報に傷がついていなければ、カードの新規発行は十分に可能です。

フリーランスがクレジットカードを発行してもらいやすいポイントとは

フリーランスがクレジットカードを発行してもらうには、いくつかのポイントを踏まえることが重要になります。具体的に心がけるべきポイントとは、収入を証明することや信用情報に傷がないこと、屋号や固定電話がある点です。

フリーランスとしての収入実績や収入源が証明できる

まず、事業の収入実績や収入源を証明する必要があります。カード会社は提出された収入の証明をもとに、利用者の支払い能力を審査して発行するかどうか決めるためです。

具体的には開業してから3年以上で、かつ全体的に事業収入の伸びが上昇しているか横ばいで推移している状況であれば、新規で発行されやすくなります。言い換えれば、事業が順調かつ安定的に推移していると判断されれば、問題なくカードを持てるようになるでしょう。

なおフリーランスが自身の収入を証明するには、確定申告書の控えをコピーしたものや、住民税の課税証明書・納税証明書を用いるのが一般的です。

信用情報に傷がついていない

収入とともに重要なポイントとなるのが、信用情報の状態です。信用情報は過去に何のトラブルもなければクリアな状態になっており、クレジットカードを比較的発行してもらいやすい要素になるでしょう。

一方で過去にカードや携帯電話料金などの支払いが遅れるなどトラブルがあった場合は、信用情報に傷がつきます。最悪の場合で信用情報機関に登録されると、発行は非常に厳しいです。

信用情報の状態は収入証明とともにクレジットカードの発行で大きく左右します。だからこそ、発行の際はCICなどの信用情報機関に自身の信用情報の状態を確認しておくことがおすすめです。

個人事業主としての屋号がある

フリーランスがクレジットカードを持つ際のポイントとして、屋号があることも重要です。個人事業主であることを示す屋号があるだけでも、綿密な事業計画を立てて、真面目に事業を営んでいる証明になります。

加えて屋号の存在は、税務署にきちんと開業届を提出していることを示すものです。そして開業届を出していれば、その人が個人事業主として社会的に認知されているということでもあるため、大きな信用となります。

自宅や事務所など勤め先に固定電話がある

最後に意外と見落とされがちな点として、自宅や事務所など勤め先に固定電話があることもカード会社の審査で重要です。屋号と同じく固定電話があることで、その人が自宅や事務所で日々真面目に事業に取り組んでいる証明になります。

加えて固定電話があれば、金融機関にとってはカードの支払いなどで何かが起きた際、確実に連絡できるメリットもあります。このように固定電話があるだけでも、カードの発行を申し込んできたフリーランスが金融機関にとって誠実で信用できる人間であると判断される点です。

フリーランスのクレジットカード発行でおすすめの方法とは

フリーランスがクレジットカードを持てるようになるには、収入の証明や信用情報の状態などが大きなポイントであることに触れてきました。おすすめの方法として、どのようなものがあるのでしょうか。

具体的にはフリーランスでも発行されやすい種類のカードを申し込んだり、個人事業主であることを証明したりするなど、方法はさまざまです。

フリーランスでも発行されやすいクレジットカードを申し込む

おすすめの方法はまず、フリーランスでも発行されやすいクレジットカードを申し込むことです。クレジットカードは種類や発行会社が非常に多い分、審査基準やその厳しさの度合いもいろいろと異なります。

具体的には銀行や信販会社が発行するカードは比較的審査が厳しく、流通グループや消費者金融が発行するカードは審査基準が緩めです。流通系のカードには、イオングループの発行するイオンカードや、楽天グループが発行する楽天カードなどがあります。また消費者金融のカードであれば、アコムやアイフルなどが発行したものが代表的です。

いずれもなるべく多くの人に利用してもらうために審査基準が緩くなっています。これらの種類に的を絞って申し込むと、フリーランスでも簡単に発行してもらえるでしょう。もちろん、事前に自身の信用情報を確認することは欠かせません。

個人事業主であることを証明する

また個人事業主であることの証明もカードを発行してもらううえで重要です。個人事業主であることの証明として、開業届や確定申告書の控えや、屋号の入った通帳、領収書などがあります。

いずれにせよ、屋号が入っていることが大きなポイントとなるため、独立・開業したら開業届の提出は真っ先にやっておくのがおすすめです。

勤め先や事業内容をきちんと示す

実際にクレジットカードを申し込む際は、屋号のほかにも勤め先や事業内容まできちんと示すこともおすすめの方法です。勤め先については、自宅や事務所の住所・番号を記入すれば問題ありません。

一方事業内容については、普段取り組んでいる案件の具体的な内容を示します。実績を示した公式サイトやポートフォリオページなどのURLを一緒に紹介するのもおすすめでしょう。

申し込みの際はキャッシング枠をなしに設定する

ほかにも実際に申し込む際は、キャッシング枠をなしの状態に設定することもコツです。カード会社はフリーランスなど個人事業主の収入が不安定であることから、キャッシングでお金を貸すことに危険を感じます。特にキャッシング枠で借金した後、廃業して回収できなくなることも恐れられる点です。

このためにカードを作る際は、キャッシング枠を事業資金に回さないことを示す必要があります。たとえお金が必要でも安易にキャッシングできないようにする意味でも、キャッシング枠を0円に設定するのは有効な方法です。

開業後1年以降か独立前に申し込む

クレジットカードを申し込むべき時期も知っておくと良いでしょう。特に開業してから1年以降に申し込むのがおすすめです。フリーランスの1年目は開業して間もない分、今後事業が軌道に乗るかどうかも予測が難しいといえます。加えて確実な事業年収が出せない分、収入の証明でも苦労するでしょう。

また1年目に申し込むよりも数年ほど事業を続けたうえで申し込む方が、カード会社の心証もよく審査の通過率も高まります。月ごとの収入に差はあっても、今後とも事業が滞りなく続き、利用料金の支払いも間違いなく行われると判断されることが重要です。

なるべく急いで作りたいのであれば、会社員であるうちに発行してもらうと良いでしょう。特に独立・開業直後は収入が一気に下がる分、カード発行のハードルが上がりやすくなります。また独立・開業前に発行するのであれば、事業でも役立つ法人カードがおすすめです。

買い物や経費入力で役立つデビットカードも1つの手

万一クレジットカードの発行が厳しい場合は、デビットカードを発行してもらう方法があります。デビットカードは、備品などの買い物で指定した口座から金銭を引き落とす方式であるため、収入や信用情報の状態に関係なく発行できるのが大きなメリットです。

またデビットカードと事業に使っている口座のデータを紐づければ、確定申告の際も自動的に事業収入や経費などのデータも入力されるため、時間面でも節約できます。ポイント還元率が低いなど旨味が足りないところもあるものの、クレジットカードを持てないのであればぜひ1枚持っておくと良いです。

フリーランスにおすすめのクレジットカード5選をご紹介!

実際にクレジットカードを申し込む際、フリーランスにとっておすすめの種類もいろいろとあります。特におすすめなのは、以下に挙げられる5種類です。

freeeと紐づいている法人カード:クレジットカード決済と確定申告で役立つ

フリーランスの間でも人気の高いクラウド会計ソフトfreeeと紐づいている法人カードは、決済と確定申告の両方で役立ちます。

特にfreee MasterCardライトであれば年会費が無料で、本人確認書類のみで発行できるため、開業1年目の方でもハードルが低めです。発行も4営業日以内と非常に早く、利用限度額も最大300万円という高さも売りとなっています。

加えてゴールドカードであれば、海外・国内旅行保険や空港ラウンジの無料サービス特典もあるため、世界を舞台に仕事したい方におすすめです。

楽天カード:一般カード屈指の人気の高さ

クレジットカードの中でも、ポイント付与率が高いことなど不動の人気を誇るのが楽天カードです。

まずポイント付与率1%は業界の中でも高く、使えば使うほどポイントがどんどん貯まります。また楽天銀行や楽天市場など提携しているサービスの支払いに使えば、ポイント付与率がより上昇する点も人気の秘密です。楽天が発行する電子マネーEdyにポイントを利用できます。

加えて流通系カードであるために審査基準も緩く、信用情報がひどく傷ついているなどよほどの問題がない限り、フリーランスでも発行してもらえるでしょう。さらに一般カードにして海外旅行損害保険やWi-Fiルーターレンタルの割引特典も付いているため、初めて発行する場合でも多くのメリットがあります。

アメリカン・エキスプレスカード:海外旅行が多いフリーランスにおすすめ

世界的屈指の高いブランド性とステータス性で知られるカードです。一般カードでもステータスがゴールドカード並みであるため、審査基準も日本の一般的なカード会社より厳しくなっています。

ただし審査基準が厳しい分、利用上限額が無制限である点やポイント付与率が1%と高い点、マイルへの交換ができる航空会社の多さとメリットが非常に豊富です。特に旅行関係の特典が充実しており、海外旅行損害保険も最大3000万円である点や世界中の空港ラウンジを利用できる点などが挙げられます。

移動や旅行の傍らで仕事をする機会が多い方にとっては、ぜひとも持っておきたいカードです。

ACマスターカード:フリーランスにも優しい審査基準

大手消費者金融のアコムが発行しているカードで、マスターカードブランドが付いています。消費者金融が発行していることから、審査基準が非常に緩く、発行時間も即時という場合もあるのが利点です。

また年会費も無料であるため、利用料金以外の余計な出費を気にせずに済みます。特に、なるべく早くクレジットカードを持ちたいフリーランスにおすすめです。

FreCa:フリーランスが求める特典を追加できる特殊なカード

クラウドソーシングサービス大手のランサーズから発行されています。従来のカードと異なり、特典を好きに追加できたり会員コミュニティで考えたりできるのが大きな特徴です。

またもとからある特典でも、ランサーズ主催のイベントに無料または割引価格で参加できるものや、Wi-Fiやパソコン関連のものなどフリーランス活動で欠かせないものが多く用意されています。クレジットカードを通じて自身の活動をより充実したものにしたい方におすすめです。

まとめ

「フリーランスがクレジットカードを発行してもらえるのかどうか」について不安視する方も多いものの、実際には収入と信用状態をきちんと証明できれば発行してもらえます。加えてクレジットカードの発行率を高めるうえのおすすめの方法として、個人事業主の証明や事業内容の開示、固定電話の設置などできることは多いです。

また審査基準の緩さや付帯特典、利用限度額などの面から見て、フリーランスにとっておすすめのカードもたくさん発行されています。入念な準備を行ったうえで発行してもらいやすいカードを申し込めば審査を通過できるうえ、事業もより充実するでしょう。