【初心者必見】在宅フリーランスエンジニアで成功するための基礎知識〜安定的な案件を獲得する方法〜

フリーランスの生き方

エンジニアの方の中には、フリーランスになろうかと検討しているものの、勇気を出してその一歩が踏み出せないという方もいるのではないでしょうか。

在宅フリーランスエンジニアのメリットやデメリット、成功するためにどのようなことに気をつけなければならないか、本記事では、在宅フリーランスエンジニアになるために必要なことは何かをご紹介します。

在宅フリーランスエンジニアのなりかた

そもそも在宅フリーランスエンジニアにはどのようにしてなれば良いのかよくわからないという方もるでしょう。仕事を受注する方法をいくつかご紹介していきましょう。

クラウドソーシングの利用

最も簡単になれる方法が、クラウドソーシング系サイトを経由して仕事を受注する方法です。クラウドソーシングサイトにはさまざまな仕事が募集されています。その中からやりたい仕事を選べば、簡単に案件を獲得できます。

簡単に案件が獲得できるというメリットがある一方で、報酬から手数料などが引かれ手取りが少なくなってしまうことも認識しておくようにしてください。

人材紹介サイトを経由して登録する

エンジニアと企業を結ぶ人材紹介サイトも存在します。このようなサービスを利用すれば、エンジニアを探している企業とマッチングが可能になります。クラウドソーシング系サイトに比べ、常駐案件を獲得できるため、安定した仕事も獲得しやすいというメリットがあります。

オフィスに勤務しなければいけない案件もありますが、非常勤型の求人もあるので、要項を確認して応募するように心がけましょう。

知り合いから仕事の受注先を見つける

エンジニアの仕事は、さまざまな業界で求められることが多く、知り合いのツテで仕事を受注してなる方法があります。他の方法に比べて、安定した案件が受注でき、交渉もしやすいというメリットがあります。

在宅フリーランスエンジニアに向いている人

適性のある人とそうでない人がいます。フリーランスに転身してから失敗しないためにも、自分にはフリーランスエンジニアとしての適性があるかどうかを見極める必要があります。

向いている人

次のような人間性を持つ人は、フリーランスエンジニアに転身しても比較的安定して活躍することが期待できるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

フリーランスエンジニアとして重要なことは、コミュニケーション能力です。さまざまなクライアントと関係性を築いていかなければ、仕事の幅は広がりません。さらに、遠隔で作業をする場合は相手との認識のズレを解消しなければ、納品物でトラブルになることもあります。

そのため、どのような人でも円滑なコミュニケーションができる人がフリーランスエンジニアとしてふさわしいと言えるでしょう。

タスク管理ができる

フリーランスである程度案件を受注するようになると、複数のプロジェクトを同時進行でおこなうことも珍しいことではありません。仕事内容が日々変化し、優先度がその都度変わるためタスク管理が必要不可欠になります。

自己成長が可能

フリーランスの弱点は、上司がいないので自分で弱点に気づき成長していく必要があります。自己成長ができない方は、在宅フリーランスエンジニアに転身しても、スキルが上達せず、仕事の案件が増えない可能性があるので注意が必要です。

向いていない人

一方で、向いていない人は次のような人物です。該当している場合は注意が必要です。

仕事を自分で見つけるのが苦手

在宅フリーランスエンジニアは常に収入が不安定な仕事なので、その都度仕事を見つけていく必要があります。場合によっては、数ヶ月後を見越して案件を獲得することも必要になります。自分で仕事を見つけられなければ、収入源が無くなってしまうので注意が必要です。

コミュニケーション能力が低い

どのような案件でも、コミュニケーション能力が求められます。人との会話が苦手という方や、人とあまり関わるのが苦手という方は、フリーランスで活躍ができない可能性があります。

特に、フリーランスとして年収を飛躍的に伸ばしたいという方には、コミュニケーション能力が必要不可欠になるので、コミュニケーション能力に自信のない方はフリーランスとしての適性がない可能性があります。

タスク管理ができない

複数の企業のプロジェクトに関わると、同時進行で作業をする必要があります。タスク管理をしっかりしていないと、納期が遅れクライアントに迷惑をかけてしまうことがあります。特にフリーランスの仕事内容は、日々変化するので、その都度タスク管理が必要になります。

タスク管理がうまくできない方は、納期が遅れるだけでなく納品物の品質も低下してしまう可能性があるので注意が必要です。

フリーランスエンジニアのメリットやデメリットは

フリーランスエンジニアになるメリット・デメリットはどのようなことがあるのでしょうか。メリットとデメリットについて紹介していきましょう。

メリット

フリーランスになると、正社員の働き方にはない次のようなメリットがあります。

通勤時間がない

通勤時間が無いので、満員電車に乗るストレスも無くなります。さらに、すぐに仕事に取り掛かることが可能です。朝の時間帯や深夜の時間帯に集中して作業が可能になります。自宅で作業ができない人は、カフェなどで作業をして気分転換をするように心がけましょう。

好きな時間に働ける

フリーランスは好きな時間に働けます。仕事をうまく調整すれば、大型連休を作ることも可能です。また、期日を守れば朝に仕事をしようが、夜に仕事をしようが構いません。

さらに、仕事の合間に気分転換に映画館や博物館など趣味の時間を楽しむことも可能になります。束縛がないのでストレスのない自由な働き方が可能になります。

仕事を自由に選べる

フリーランスの最大のメリットとも言えることは、仕事を自分で選べるようになります。企業の仕事では、やりたくない仕事を嫌々やらなければいけない状況がありました。しかし、フリーランスになれば、自分で好きな仕事を選択できるので、やりたくない仕事を断ることも可能になります。

人間関係で悩まなくてもよい

企業で働くと、仕事で関わりたくない人間とも関わらなくてはいけないことがありました。在宅フリーランスになれば、苦手な人間と関わりたくなければ仕事を切ることも可能になります。

1年で年収を倍にすることも可能

正社員ではいくら一生懸命働いても、昇給しても数万円程度しかあがりません。場合によっては数千円にしかならないこともあります。しかし、フリーランスでは、働いた分だけお金になるのでうまくいけば、正社員時代に稼いだ年収を軽く超えてしまうこともあります。

デメリット

一方で、どのようなデメリットがあるのでしょうか。デメリットについて紹介していきましょう。

収入が不安定

フリーランスは仕事の受注内容がその都度変化するので、安定的な収入が期待できません。いくら調子がよくても、災害などで企業活動がストップしてしまうと、仕事が全く入ってこないこともあります。

実績がないと仕事が安定しない

実績のない状態で仕事をスタートさせると、仕事が全く入ってこない可能性があります。クラウドソーシング系サイトや人材紹介サイトに登録をしても、仕事が単発でしか入らず、おまけに依頼案件は安い単価のものばかりということも考えられます。

自己投資が必要になる

在宅フリーランスエンジニアでは、専門の電子機器が必要になります。特に業務用の機器を使用する場合は、自己投資をする必要があります。投資するためのお金がなければ、在宅での作業が難しくなるので、注意が必要です。

案件獲得するために最低限やるべきこと

フリーランスに転身した後に、案件を安定的に獲得するためには、どのようなことをすべきなのでしょうか。フリーランスになった人が最低限やることは何かを紹介します。

実績を作る

実績がない人は実績づくりをするところからはじめましょう。正社員として大型プロジェクトに関わったことがある方は、それ自体が実績になるのですぐに安定的な仕事の獲得が期待できます。

一方で実績がない人は、クラウドソーシング系サイトで実績をコツコツと作るところからはじめてください。

セルフマネジメントをおこなう

長期的なプランで自分がどのようなキャリア形成をしたいのか、検討しておく必要があります。年間の目標はもちろんのこと、短期、中期、長期に分けて在宅フリーランスエンジニアとしてどのような仕事を受注したいか検討するようにしてください。

営業活動をおこなう

案件を獲得するためには、営業活動を積極的におこなうことが求められます。営業活動を円滑にするため、ポートフォリオはもちろんのこと、履歴書、職務経歴書を作成しましょう。

クラウドソーシング系サイトに登録をしている方は、定期的にプロフィールを更新し、活動内容をアピールするようにしてください。

案件を獲得するためにやってはいけないこと

一方でやってはいけないことがあります。次のようなことは注意するようにしてください。

作業場をリビングにする

1人暮らしの場合、作業場がリビングになることもありますが、家族がいる場合はリビングでは作業が全くできないことがあります。必ず在宅で作業を検討している方は、作業スペースを作り、集中できる環境を作るように心がけましょう。

仕事のない時に単価を下げる

ある程度収入が安定してきた時に、仕事が一時的になくなってしまうことがあります。このような時に、仕事を安定させるために単価を下げることは極力避けるようにしましょう。

一度単価を下げてしまうと、これまで高単価で依頼をしてきた業者が安い価格で依頼交渉をする場合が考えられます。値崩れをおこさないよう、最低ラインを設定するようにしてください。

契約内容を確定させてから仕事を請け負うようにする

フリーランスになりたての人が、契約内容が定まっていないうちに作業に取り掛かり、報酬酬が支払われないトラブルに巻き込まれることがあります。このようなトラブルを回避するために大切なことは、契約内容を確定させてから仕事をすることです。

フリーランスは作業をしても報酬がもらえるわけではありません。必ず無報酬にならないよう、慎重に交渉を進めるようにしましょう。

まとめ

ここ数年で、在宅フリーランスエンジニアとして活躍している方が増えています。しかし、成功するためには今回紹介したポイントを意識する必要があります。是非、本記事を参考にして在宅フリーランスエンジニアとしての第一歩を踏み出しましょう。