フリーランス協会とは?フリーランスをサポートする心強い存在

フリーランスの生き方
  • フリーランス協会って何?
  • フリーランス協会でできることは?
  • フリーランス協会のメリットやデメリットを知りたい

こんな疑問に答えます。

フリーランスとして働いていると、「何かあった時の補償がないのが怖い」「怪我した時が不安」と感じる人もいるのではないでしょうか。
この記事では、そういったときに役立つ「フリーランス協会」について解説します。

この記事を読むことで、フリーランス協会とはなんなのか、何ができるのか、どういったメリットがあるのかなどを知ることができますよ。

フリーランス協会とは

フリーランス協会とは、フリーランスの支援を行っている非営利団体のことです。

正しくは「プロフェッショナル&パラレルキャリアフリーランス協会」と言い、略してフリーランス協会と呼ばれています。

協会2017年1月に設立されたばかりで、比較的歴史の浅い組織ですが、企業や各種団体の支援を受けて、フリーランスのための各種活動を行っているのが特徴です。

また、フリーランスに対する認知や理解を深めてもらうために、各種調査や研究、情報発信なども行っています。

フリーランスとして働く人は勿論、フリーランスを雇う人やフリーランスに興味のある人にとっても役立つ組織だと言えるでしょう。

フリーランス協会でできること

ここでは、フリーランス協会でどういったことができるのか解説します。

「こんなのがあったら便利なのに!」というものばかりなので、気になるものがあればぜひ試してみて下さい。

フリーランスDB

フリーランスとして働いていて、寂しさや孤独を感じたことはありませんか。会社員と違って1人で働くことの多いフリーランスは「仲間が欲しい」と感じることが少なくありません。

そういった時に利用できるのが「フリーランスDB」です。
これはデータベースに登録されているフリーランスを検索することができるサービスで、フリーランスは自身のプロフィールやポートフォリオなどを掲載することができます。

このサービスを使えば、同じ仕事をしているフリーランス仲間に声をかけることができるほか、仕事受発注をすることも可能です。

プログラマーデザイナーライターマーケターなど、様々なフリーランスと関わりを持つことができるでしょう。

会員限定の独自優待

フリーランス協会では、会員向けに各種優待サービスを用意しています。

協会会員のページにログインすると、フリーランス協会が提携している各サービス会社で利用できるクーポンや申し込みURLが表示されます。

それを利用すれば、通常よりも安い価格でサービスを利用することができるでしょう。

例えば、フリーランスがクライアントとのコミュニケーションに利用するチャットワークは本来なら400円するプランが無料で利用できます。

その他にも各種会計サービスや弁護士相談などのサービスも利用できるなど、非常に便利だと言えるでしょう。

コワーキングスペースが使える

こちらも一般会員向けのサービスですが、フリーランス協会に加入すると全国各地のコワーキングスペースを会員価格で利用することができます。

フリーランスは自宅で仕事をする人も少なくありませんが、自宅が仕事場になると、オンとオフの切り替えが難しくなってしまいます。

そのため、コワーキングスペースを利用する人も少なくありません。

一方で、コワーキングスペースを利用する場合、費用を気にする人もいるかもしれませんが、フリーランス協会に加入すれば比較的安い価格でコワーキングスペースを利用することができます。

協会ロゴと会員No.が使える

フリーランス協会に入会すると、フリーランス協会の一員として協会のロゴと自分の会員No.を利用できるようになります。

ロゴとNo.が得られるメリットは名詞に掲載できる点です。肩書きと名前、連絡先だけの名詞だとどこか寂しく、またクライアントもどういった人なのかなかなか理解しにくいかもしれません。
一方で、ロゴと会員No.を掲載できれば「所属団体を持っている人」と認識してもらえるため、信頼を得やすくなるでしょう。

賠償責任補償

会社員として働いている場合、ミスで損失を出してしまったとしても、会社が賠償責任を負ってくれますが、フリーランスとなるとそうはいきません。

情報漏洩や、著作権侵害など賠償が発生すると、自分でその責任を負うことになります。賠償金額は決して安くないため、下手をすると今後の人生に大きな影響を与えることにもなるでしょう。

そういった時にフリーランス協会に加入していれば、賠償責任補償を受けることができます。

保証は大手の保険会社による共同保険となっていて安心ですし、仕事の発注主も補償の対象となるため、クライアントに損害を与えないためにも非常に便利です。

また、補償は仕事に対するもの以外にも、業務を行っている最中に誰かを怪我させてしまった場合や、コワーキングスペースなどの施設の設備を壊してしまった場合などにも適用されます。

\こちらもおすすめ/

フリーナンス(FREENANCE)とは?評判や口コミを徹底解説

2020-08-17

福利厚生サービス

会社に所属している場合、各種福利厚生が利用できるのが一般的です。

しかし、フリーランスになると福利厚生はありません。フリーランスとして働いている人の中には「それはしょうがない」と思っている人もいるかもしれませんが、諦めるのはまだ早いです。

フリーランス協会に加入すれば「WELBOX」という福利厚生サービスを利用することができます。

こちらは、大手企業も利用しているサービスで全国各地の施設が利用できる他、健康診断の割引、子育て支援、旅行関連の優待など、充実した福利厚生サービスが利用できるというものです。

フリーランスでありながら、福利厚生が利用できるのは大きな魅力だと言えるでしょう。

収入・けが・介護に対する保険

フリーランスとして働いている場合、注意しなければいけないのがけがや病気などによって十分な収入が得られなくなることです。

フリーランスは、仕事量と収入が比例するため、仕事が少なくなると生活すること自体が苦しくなってしまう恐れがあります。
そういったリスクに備えてフリーランス協会では所得補償プランが用意されています。

これは、怪我や病気によって働けなくなった場合などに利用できる所得補償の保険のことです。

また、万が一怪我によって介護が必要になった場合は、介護サポートプランを利用することもできます。

こちらは、要介護2以上の状態の人が90日以上その状態が続いた場合に一時金が支払われるというものです。

怪我や病気のリスクはいつ発生するかわからないため、このような保険に加入しておけば、万が一の時でも安心できるでしょう。

\関連記事/

フリーランスが知っておくべき保険の知識【必要な手続きを解説】

2020-08-22

フリーランス協会に登録する5つのメリット

ここでは、フリーランス協会に登録するメリットについて解説します。協会への入会を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

フリーランスとして信頼アップに繋がる

フリーランス協会に所属すると、自身の所属団体を持つことになります。

クライアントから見れば、どの組織にも所属していないフリーランスよりも何かしらの組織に所属しているフリーランスの方が、どういった人なのか理解しやすいため、信頼を得やすくなるでしょう。

イベントで繋がりが生まれる

フリーランス協会では、フリーランス向けに各種イベントを行っています。

そのイベントで同じフリーランスと出会えるため、新たな繋がりが生まれるでしょう。

フリーランスというと孤独な側面もありますが、こういった繋がりを持つことで、情報共有ができたり、お互いの存在がモチベーションになったりします。

安心して仕事に取り組める

フリーランス協会は先述の通り、充実の保険サービスを展開しています。

フリーランス協会に加入し、保険を利用すれば、必要以上に怪我や病気のリスクを恐れなくて済むため、安心して自分の仕事に取り組めるようになるでしょう。

税務会計が非常にスムーズになる

フリーランス協会に登録すると会計管理が非常にスムーズになります。

例えば簿記について詳しく知らなくても会計管理ができるfreeeの概要が分かるガイドブックが貰えたり、確定申告のスタンダードプランを2ヶ月無料で利用可能です。

freeeは銀行の口座やクレジットカードのデータも同期することができるので、非常に管理の手間を省くことができるのでおすすめですよ。

法務に関する相談も可能

フリーランス協会に登録すると、ココナラ法律相談を使い、初回の料金が無料で相談することが可能です。

例としては「クライアントからの賃金未払いをなんとかしたい」とか「契約内容の確認」などが相談の内容になります。

フリーランスになると問題が起きても自分で解決するしかありませんので、このような相談を設けられる場所がある点は非常にメリットだと言えるでしょう。

フリーランス協会に登録するデメリット

基本的には、フリーランス協会に登録することで得られるメリットは沢山ありますが、中にはデメリットも存在します。

例えば、ここまで紹介してきたサービスの多くは、年会費の発生する一般会員が利用できるものです。そのため、年会費が発生する点はデメリットになると言えるでしょう。
また、登録にあたっては入会審査があるため、場合によっては審査に落ちてしまう恐れもあります。

フリーランス協会の入会手続き手順

フリーランス協会に入会したいと考えている場合、以下の手順で入会手続きを行う必要があります。

  • 任意のメールアドレスで無料アカウントを取得する
  • 無料アカウントにログインして一般会員の入会フォームから申込む
  • 申込情報と身分証明書の画像をもとに、事務局にて本人確認審査を実施(2営業日以内)
  • 審査と年会費の決済が完了した人には入会承認メールで会員IDが届く
手続き自体はいつでもできるので、気になる人はぜひ今すぐ行ってみましょう。

無料会員と一般会員の違い

フリーランス協会には無料会員と一般会員(有料)の2種類の会員プランが存在します。

一般会員の場合、年会費として1万円が必要になるので注意してください。なお、フリーランス協会の無料会員と一般会員の違いは、利用できるサービスにあります。

無料会員と一般会員で共通して利用できるのは、メールマガジンの配信、フリーランスDBの登録・検索のみです。それ以外のサービスは一般会員のみ利用可能となります。

フリーランス協会の評判

フリーランス協会は、実際に利用している人からどのような評価を受けているのでしょうか。

ここでは、Twitterで見つけたフリーランス協会の評判について紹介します。

基本的には、ポジティブな意見を持っている人が多いようです。

まとめ

今回は、フリーランス協会の概要から、できること、メリット・デメリットなどについて解説しました。

フリーランスは自由度が高く、会社員よりも給料アップが期待できるなど、魅力的に見える人も多いかもしれません。

しかし、会社員のように会社に守ってもらえる存在ではなくなるので、様々なリスクが付きまとう事になるのも事実です。
そういった時に備えて、フリーランス協会の利用を検討してみてはいかがでしょうか。