ランサーズの評判と口コミは?副業でも使えるクラウドソーシングサービス

クラウドソーシング
  • ランサーズって何?
  • ランサーズの特徴は?
  • ランサーズの評判や口コミを知りたい

こんな疑問に答えます。

近年では、企業に所属しながら副業に取り組む人も増えています。また会社を辞めてフリーランスとして働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか?
本記事では、大手クラウドソーシングサイトの1つであるランサーズの評判と口コミについて記事にしていきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確にすることができますよ。

ランサーズとは

ランサーズとは、日本最大級の規模を誇るクラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングでは、仕事を発注したい人と仕事を受注したい人のマッチングが可能であり、インターネット上で仕事を完結させることができます。

仕事を発注するのは個人から法人まで様々で、受注するのもフリーランスとして活躍する人から、副業で働くサラリーマン、隙間時間に働く学生や主婦など、多岐に渡ります。

ランサーズでできる仕事内容

ランサーズでは、専門性が求められる仕事から、初心者ができる仕事まで、様々な仕事が用意されています。

具体的には、以下のようなものがあります。
項目詳細
システム開発・運用 Webのシステムやツールの作成から、サイト運用の仕事を担当する
Web制作・Webデザイン WebサイトやHPのコーディング、サイトのデザインを担当する
デザイン制作 Web以外のデザイン(チラシ、ポスター、箱のデザイン)を担当する
ライティング・ネーミング Webライティング・社名のネーミングなどを担当する
タスク・作業 データまとめやアンケートなどの簡単作業を担当する
写真・動画・ナレーション 動画や写真の編集、ナレーション業務を担当する
翻訳・通訳サービス 指定の文章を指定された言語に翻訳・通訳する業務
事務・コンサル・専門職・その他 依頼された企業の事務・コンサル・専門性のある仕事を担当
営業・マーケティング・企画・広報 営業の代行や商品・サービスを売るための支援を担当
上記のカテゴリは大きな括りのものであり、実際にはその下に細かいカテゴリが設定されているので、自分に適した仕事も見つけやすくなっています。

ランサーズの仕事形式

ランサーズには、仕事形式として以下の3つが用意されています。

  • タスク形式
  • コンペ形式
  • プロジェクト形式

タスク形式とは、比較的短い文章を作成したり、簡単なアンケートに答えたり、と簡単な作業を行うのが特徴です。

報酬は安めですが、1つの案件に対して、複数人が同時に作業でき、募集人数も多いので、初心者でも取り組みやすくなっています。

コンペ形式は、ロゴやお店の名前などの成果物をクライアントに対して提案し、クライアントによって選ばれると報酬が貰えるというものです。

クライアントに選ばれるのはかなりハードルが高いですが、その分報酬は高めになっています。

プロジェクト形式は、クライアントの募集に提案を行い、提案が採用された後に、契約を結んで仕事をするというものです。

プロジェクト形式の場合、報酬は固定報酬と時間報酬の2種類が用意されています。また報酬額は案件によってばらつきがあります。

ランサーズの利用料金

ランサーズは、登録および各案件への提案は無料で行うことができます。ただし、実際に報酬が発生した際には、システム手数料が発生します。

ランサーズは登録自体は無料です。しかし報酬が発生した際にはマッチングサービスとして『システム手数料』がかかり、報酬の支払いの際に差し引かれます。
システム手数料は、報酬金額によって5~20%で設定されています。具体的には以下の通りです。
項目詳細
20万円を超える場合 5%
10万円超〜20万円以下の場合 10%
10万円以下の場合 20%

またシステム手数料とは別に、報酬を口座に振り込む際には振込手数料が500円必要になります。

ランサーズで仕事をし始めたばかりの人にとっては、500円もかなりの高額です。そのため、500円の振込手数料はかなりの痛手だと言えるでしょう。

ランサーズの特徴

ここでは、ランサーズの特徴について解説します。具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

豊富な案件数

ランサーズは、各ジャンルの案件を豊富に扱っています。

2020年9月の時点で、ランサーズ場で仕事を検索してみたところ、全てのジャンルを合計して160万以上の案件がありました。
勿論、案件の内容やレベルは多岐にわたりますが、これだけの数があれば、きっと自分にあった案件を見つけることができるでしょう。

認定制度

ランサーズには、認定制度があり、ランサーズが定める基準を満たすことで「認定ランサー」になることができます。

認定ランサーになるための条件は以下の通りです。
  • 獲得報酬額が各カテゴリの上位20%
  • クライアントからの評価が4.8以上
  • プロジェクト完了率が90%以上
  • タスク承認率が90%以上
  • 24時間以内のメッセージ返信率が80%以上
  • ランサーズへ最終ログインが1ヶ月以内
  • 各種認証やプロフィールの登録が認証済み・登録済み

認定ランサーになることで、公開されていない案件を紹介して貰えることがある他、クライアントから直接仕事の依頼を受けることもあります。

条件を見ると難しそうに思えるかもしれませんが、コツコツと継続して取り組んでいけば、認定ランサーになれる可能性は十分にあると言えます。

チェック体制

クラウドソーシングの案件の中には、悪質なクライアントが募集している案件や不正な案件、報酬が低すぎる案件などがあります。

ランサーズでは、利用者がそういった案件に引っかかってしまわないようにチェック体制を整備しています。

またクライアントの募集内容が分かりにくい場合などは、クライアントとランサーズが連絡を取り、修正を指示を行うこともあります。

ランサーズを利用するメリット・デメリット

ここからは、ランサーズを利用するメリットとデメリットについて解説します。

ここまで読んで興味を持った人もいるかもしれませんが、いい面と悪い面の両方を踏まえたうえで実際にやってみるようにして下さい。

ランサーズの3つのメリット

まずはランサーズのメリットについて解説します。

初心者でも受注できる案件が多い

先ほども触れていますが、ランサーズは扱う案件数が多く、初心者でもできる案件が多数存在します。

例えば、初心者でも取り組みやすいライティング案件には、インターネット上で情報を調べて記事を作成するものが多いため、専門知識などがなくても自分で情報を調べることができれば対応できます。
初心者でも気軽に始められる点はメリットと言えるでしょう。

実績が残る

ランサーズでの実績は自身のプロフィールページに残るので、仕事を受注すればするほど実績が溜まっていきます。

また案件の終了後にはクライアントによる評価も受けることになります。実績がたまっていけば、クライアント側から仕事を依頼してくるケースも増えるでしょう。

場所も時間も問わない

ランサーズはパソコンとインターネット環境があれば時間や場所に関係なく仕事をすることができます。

クライアントの定める納期までに成果物を納品すれば良いので、納期までのスケジューリングは自由です。午後から働くこともできれば、深夜に働くこともできます。
また自宅やカフェで仕事ができるのも嬉しいポイントです。

ランサーズのデメリット

先ほども触れていますが、ランサーズの中には単価がかなり低い案件もあります。

例えば、実際に検索してみたところ、記事作成の案件で1文字0.1円のものが見られました。

このような案件に対して「初心者だから最初はこれくらいでも仕方がない」と考える人もいるかもしれませんが、どんなに頑張っても雀の涙にも届かないくらいの報酬しか得られません。
チェック体制が整備されているとはいっても、完全ではないので、質の悪い案件には注意しなければいけません。

ランサーズの評判や口コミ

ここからは、ランサーズを実際に利用している人の評判について解説します。良い評判と悪い評判それぞれ取り上げているので、参考にしてみて下さい。

ランサーズの良い評判や口コミ

まずは、良い評判について紹介します。

メリットの部分でも説明しましたが、ランサーズでは自分から仕事に提案をするだけでなく、クライアントから依頼を受けるケースもあります。

実績は勿論ですが、プロフィールを充実させることもポイントになります。

また副業としてランサーズに取り組んでいる方でも、コツコツと取り組んでいくことで、ある程度の収入を得ることが可能です。

ランサーズの悪い評判や口コミ

一方で、悪い評判には以下のようなものが見られました。

どちらも単価に関するものです。単価の低い案件も存在しているので、案件探しの際には注意が必要です。

ランサーズとクラウドワークスの違い

ここまでランサーズについて解説してきましたが、ランサーズと同じく大手のクラウドソーシングサイトでクラウドワークスというサイトがあります。

この2つのサイトが2大巨頭なのですが、使い方や特徴に差はあれど、求人数や貰える案件に大きな差はありません。

クラウドワークスとランサーズの違いは?両社の違いを徹底比較

2020-07-19
そのため自身でどっちも利用してみて、使いやすいと感じたサービスを使っていくのが良いでしょう。

ランサーズの利用が向いている人

ランサーズは、誰でも利用できるのが特徴ですが、中でも以下のような方におすすめです。

  • 副業として取り組みたい、正社員・契約社員・派遣社員
  • 隙間時間を使ってお金を稼ぎたい主婦・学生
  • フリーランスとして活動している人
  • 定年退職をしたもののまだまだ働きたい人
  • 怪我や病気により外に働きにいけない人
仕事をしたいものの、企業勤務だと条件が合わないという人は、是非ランサーズを利用してみてはいかがでしょうか。

ランサーズで稼げるようになるには

最後に、ランサーズで稼げるようになるためのポイントについて解説します。

初心者はライティングが狙い目

ランサーズには様々なジャンルの案件がありますが専門性が必要な案件も少なくありません。

そのため、スキル等のない初心者がこれから始めるのであればライティングがおすすめです。

ライティング案件は、経験の有無を問わないものもあり、案件数も豊富にあるので、比較的受注もしやすいでしょう。

フリーランスのライターとは?仕事の受注方法からポイントまで解説

2020-11-09

タスクで仕事に慣れる

最初の内は、タスクで仕事の進め方やランサーズの使い方になれることがポイントです。

タスク形式の仕事でも実績として積み重ねることができます。時間も数分で終わるものや30分ほどで終わるものもあるので、取り組みやすいでしょう。

とにかく継続する

どの仕事にも言えることですが、最初から稼げるような人はほとんどいません。

そのため、まずは継続して取り組み続けることが大切です。「最初のうちは稼げない」と考え、マイペースで続けるようにしましょう。

まとめ

今回は、ランサーズについてその概要からメリット・デメリット、評判、稼ぐためのポイントなどについて解説しました。

クラウドソーシングサイトは副業としても使えますが、フリーランスの営業の場としても活用することができます。

たった5分で分かるフリーランスの仕事内容【種類や仕事の取り方も紹介】

2020-09-11
フリーランスの働き方について興味がある人は、上記の記事も参考にしてみて下さいね。