フリーランスエージェントのおすすめを30社比較してみた【厳選】

フリーランス


  • フリーランスエージェントって何?
  • フリーランスエージェントのおすすめが知りたい
  • フリーランスエージェントを比較した結果を知りたい

こんな疑問に答えます。

フリーランスとして活動を続けているものの「案件が足りない」、正社員として働いているものの「フリーランスに転身したい」と感じている人は多いのではないでしょうか?
本記事では、フリーランスエージェントのおすすめから疑問点(マージン率、複数併用、未経験、在宅、ライター案件)について記事に纏めています。


この記事を読んで分かること
  1. フリーランスエージェントとは何なのか理解できる
  2. おすすめのフリーランスエージェントについて理解できる
  3. フリーランスエージェントの利用法・疑問点について理解できる

この記事を読んでフリーランスに対するハードルの高さや、自分には無理…という意識が下がれば幸いです。

\こちらもおすすめ/

スポンサードサーチ

【結論】フリーランスエージェントのおすすめランキングトップ3

【結論】フリーランスエージェントのおすすめランキングトップ3

最初にフリーランスエージェントのおすすめランキングトップ3を紹介します。

結論から言うと、以下の3つです。
フリーランスエージェントランキング
  1. レバテックフリーランス
    高単価案件 / 107,000人が選んだエージェント
    https://freelance.levtech.jp
  2. ミッドワークス(Midworks)
    エンジニアが選ぶNo.1エージェント / 福利厚生充実
    https://mid-works.com
  3. ギークスジョブ
    案件数 / 登録者数 / 福利厚生どれもトップクラス
    https://geechs-job.com

上記の3つは必須なので、必ず抑えておきましょう。

基本的にフリーランスは安定して活動していかなければならないので、「案件数・単価」「担当の対応」「周囲の評判」を総合的に考慮してランキングにしました。

この結果を踏まえ、フリーランスエージェントの基本情報から理解していきましょう。

職種毎のフリーランスエージェントについて知りたい方は下記のスクロールから移動して下さいね。

フリーランスエージェントの基本情報

フリーランスエージェントの基本情報

まずはフリーランスエージェントの基本的な情報から書いていきますね。

フリーランスエージェントとは

フリーランスエージェントとは、現状フリーランスのエンジニアやクリエイター、もしくはフリーランスに挑戦したいと感じている人に対して、案件を紹介してくれるサービスです。

つまりIT転職などではなく、フリーランス専門の案件紹介サービスになります。

近年フリーランスという働き方が認知されてきたものの、日本だとフリーランス人口はまだ10人に1人という現状です。
日本では終身雇用や年功序列が根強く残っており、個人で働きにくい社会構造になっています。それ故個人で契約が結びにくいんですね。
確かに個人で活動している人なんてほとんど周囲にはいないよね。

しかし近年フリーランスに対して案件を紹介してくれるサービスが徐々に浸透してきている為、フリーランスとして活動するハードルが下がりつつあります。

フリーランスエージェントとクラウドソーシングサイトの違い

フリーランスエージェントは案件を紹介してくれるサービスですが、同じようなものとしてクラウドソーシングサイトと呼ばれるものがあります。

有名なところでは「クラウドワークス」「ランサーズ」とかですね。自分で欲しい案件を探して応募し、仕事をこなしていきます。

正直フリーランスエージェントとクラウドソーシングサイトは明確に大きな違いはありません。

しかしクラウドソーシングサイトは誰でもできる簡単な案件から多く集まっていますし、どちらからというと副業に向いているサービスだと言えます。

単価も低いものが多いですし、営業も自分でかけていかなければいけません。

  • クラウドソーシング→簡単な仕事が多い。低単価
  • フリーランスエージェント→専門的な仕事が多い。高単価

このような違いが簡単にはありますね。自分に合った方で利用してみれば良いのではないでしょうか。

フリーランスエージェントは2019年で増加傾向

またフリーランスエージェントへの登録者数は2019年までのデータを確認すると、年々増加傾向にあります。

フリーランスエージェントは2019年で増加傾向

(参考:「ITエンジニア動向総まとめ」)

IT需要が伸びたこともありますが、やはりフリーランスエージェントの認知度が高まったことや、企業側がフリーランスを活用する機会が増えたことによるものでしょう。
2016年から2019年にかけて、2.4倍も登録者数が伸びています。

フリーランスの廃業率が高い理由とは?

フリーランスの廃業率が高い理由とは?

フリーランスになるハードルは下がっているものの、「中小企業庁調べのデータ」で、フリーランスとして活動を始めたものの、1年後には約37%の人が廃業していることが分かっています。

この数字だけ聞くと「やっぱりハードル高いんじゃん…」と感じますが、実はこの数値はエージェントを利用せずに、個人で営業活動を行っている人の数値です。

つまり、フリーランスエージェントを活用することであなたのフリーランスとしての活動をより安定させ、より自由に快適に働いていくことができます。

次の項からフリーランスエージェントのメリットやデメリットについて触れていきますね。

フリーランスエージェントの5つのメリット

フリーランスエージェントの5つのメリット

フリーランスエージェントの基本的な情報について記載したので、次にフリーランスエージェントを利用する上でのメリットについて記載していきます。

全部で5つありますので、1つずつ確認していきましょう。

仕事の選択肢がかなり広がる

1点目は「仕事の選択肢がかなり広がる」という点です。
フリーランスとして活動していて案件を頂ける企業や人が確保できないと、案件自体が少なく、仕事の選択肢が狭まっていきます。

一方フリーランスエージェントを利用すると数千件の案件の中から自分に合った案件を探していくことができるので、自分のフリーランスとしての仕事の選択肢が広げることが可能です。

常に選択肢があり、好きな仕事を選ぶことができるので、これはフリーランスエージェントの大きなメリットと言えるでしょう。

高単価の案件を受注できる

2点目は「高単価の案件を受注できる」という点です。

フリーランス個人でやっていると、中々大手企業との契約を勝ち取ることは難しいので、必然的に仲介の会社がいくつも入ってしまい、単価が下がってしまうんですね。

しかしフリーランスエージェントは大手企業とのパイプも強く、直案件を取ることができるので、案件1つの単価が上がり、高単価案件が多くなります。
クラウドワークスだと低単価案件ばかりで働いている意味が全くないですが、フリーランスエージェントだと単価も爆上がりなので、これは大きなメリットです。

案件を常に補充できるので生活が安定する

3点目は「案件を常に補充できるので生活が安定する」という点です。

先ほど仕事の選択肢が広がるというお話をしましたが、やはりフリーランスだと案件がとれなくてジリ貧になってしまう可能性が少なからずあります。

フリーランスエージェントは案件数がかなり豊富にありますので、フリーランスとしてのデメリットを限りなくなくすことが可能です。
好きな案件を選べて、高単価。常に案件を補充できるので、フリーランスとして自由度の高い理想の生活を送ることができます

担当アドバイザーのサポートによって案件に集中できる

4点目は「担当アドバイザーのサポートによって案件に集中できる」という点です。

フリーランスをしていると、全て自分でやらなければいけません。その中で最も面倒なものが営業になってきます。

フリーランスエージェントだと担当のアドバイザーが案件紹介、単価交渉、案件参画中の問題やトラブルサポートまで行ってくれるので、自分は限りなく仕事に集中することが可能です。
営業が苦手、面倒だから任せたいと思っている方にとってはかなりメリットと言えるでしょう。

フリーランスにはありがたい福利厚生システムがある

5点目は「フリーランスにはありがたい福利厚生システムがある」という点です。
フリーランスとして活動していると、会社に雇われている頃にはあった福利厚生が失われてしまう為、社会保険や税金なども自分で何とかしなければなりません。

しかし一部フリーランスエージェントには「福利厚生システム」を設けているところがあり、以下のような優待を受けることが可能です。

福利厚生の種類
  1. フリーランス賠償責任を補償してくれる
  2. 「WELBOX」という福利厚生サービスを利用できる
  3. フリーランスにありがたい会計ソフトの特別優待
  4. 各県のコワークングスペースを利用できる
  5. 旅行やグルメなどの特別割引を受けることができる

その他フリーランスの交流会を設けていたり、確定申告のセミナーを定期開催してくれるエージェントも存在します。

このような超初心者にも優しいサービスを展開していますので、これは大きなメリットですね。

フリーランスエージェントの3つのデメリット

フリーランスエージェントの3つのデメリット

メリットについて紹介したので、次にフリーランスエージェントのデメリットについて紹介していきます。

全部で3点ありますので、それぞれ確認していきましょう。

一定のマージン料金を取られる

1点目は「一定のマージン料金を取られる」という点です。
先ほどメリットの部分でフリーランスエージェントの案件は高単価であるというお話をしましたね。しかし案件を紹介してくれる代わりに10%~25%のマージン料を取られます。

自分で案件を取っていれば自分に入ってくるお金ですので、この分はデメリットとなりそうです。

しかしそのマージン率を加味してもやはり案件の単価としては高いので、単価交渉やサポートを行ってくれる分の代金と割り切って仕事をするのも問題ないと言えるでしょう。

都心部の案件が多く地方案件が少ない

2点目は「都心部の案件が多く地方案件が少ない」という点です。

基本的にフリーランスエージェントで紹介してくれる案件は都心部に集中しています。

というのも、都心でIT企業を立ち上げた方が支援金が貰えるので、必然的にIT企業が都心に集まっているからなんですね。

東京近辺、名古屋、大阪、福岡にどうしても案件が集まる傾向がありますので、ここ以外で働きたい方にとっては案件が取りにくく、デメリットに感じてしまうでしょう。

企業に常駐する案件が多くフルリモート案件が少ない

3点目は「企業に常駐する案件が多くフルリモート案件が少ない」という点です。
フリーランスで活動していると、やはり「好きな場所で働ける」「在宅ワーク」といったフルリモートでの仕事に憧れます。確かに満員電車に揺られない生活は魅力的でしょう。

しかしフリーランスエージェントは企業に常駐し、そこで働いていく案件が多く、どうしてもフルリモート案件は少なくなります。

フルリモートで完全在宅ワーカーを目指している人にとっては、この部分はデメリットだと言えるでしょう。

フリーランスエージェントを利用する時の3つの注意点

フリーランスエージェントを利用する時の3つの注意点

フリーランスエージェントのメリットとデメリットについて紹介したので、次にフリーランスエージェントを利用する際の3つの注意点について触れていきます。

年齢によって案件を受注できない可能性がある

まずは「年齢によって案件を受注できない可能性がある」という点です。

特にSEやプログラマーだとその傾向が顕著ですが、年齢によってある程度受注できる案件に壁があります。

20代30代なら問題ないですが、40代50代になるにつれて、エージェントからの案件受注の確率は一気に落ちていく可能性が高いです。
年齢相応のスキルを身につけていかないと、案件が受注できなくなることを知っておきましょう。

担当アドバイザーによる運はある

次に「担当アドバイザーによる運はある」という点です。

基本的にフリーランスエージェントの担当アドバイザーは利用者の悩み事や不安をキャッチアップし、各々の状況に応じた案件を紹介してくれます。

しかし担当官もやはり人間ですので、どうしても馬が合わなかったり「この担当官ダメだな」と思うこともあるでしょう。この部分はどこにいってもあるので注意が必要です。
そんな時は速やかに担当アドバイザーの交換を申請してみましょう。よっぽどのことがない限り交換にも対応してくれます。

未経験からフリーランスエージェントを利用するのは厳しい

最後に「未経験からフリーランスエージェントを利用するのは厳しい」という点です。

基本的に2〜3年以上のある程度の経験を持ったエンジニアやクリエイター、デザイナーなどを募集しているので、残念ながら未経験からの案件獲得は大変厳しいでしょう。

ですので未経験の人はフリーランスになる前に、未経験OKの会社やスクールでスキルアップ転職を図るのが無難です。

IT転職であったら「レバテックキャリア」、プログラミングから学びたいのであれば「TechAcademy」というプログラミングスクールがありますので、興味がある方は利用してみると良いでしょう。

様々なサービスがありますので、実力に合わせてスキルアップしましょう。

フリーランスエージェントの利用に向いている人の3つの特徴

フリーランスエージェントの利用に向いている人の3つの特徴

ここまで色々書いてきましたが、フリーランスエージェントの利用に向いている人について纏めていきますね。

エンジニア・デザイナーなどでフリーランスになりたい人

現状エンジニア・デザイナーなどの職種で正社員勤務していて「フリーランスになりたい」と感じている人にとってフリーランスエージェントはかなり向いているでしょう。

スキルさえあればフリーランス未経験でも担当アドバイザーによるサポートがありますので、徐々にフリーランスになっていきたい人には大変おすすめです。
単価交渉や税金などについて知識を蓄えつつ、段々自分で営業をかけれるようになるのが理想ですね。

現在フリーランスでさらに案件を補充したい人

また現在フリーランスとして活動しているものの「さらに案件を増やしていきたい人」にもフリーランスエージェントはおすすめです。

案件がなくなることの不安がなくなりますし、仕事の選択肢も増えますので、自分の仕事に対する充実度をより向上させることができます。
サービスは無料で使用できるので、とりあえず登録しておくだけでも損はないでしょう。

都心部で働きたいと感じている人

最後に「都心部で働きたいと感じている人」にもフリーランスエージェントはおすすめです。

現状都心で働いていなくとも「将来的に都心部で働きたい」「東京に住んでみたい」と感じているなら向いていると言えるでしょう。

案件も高単価なものが多いですし、継続して案件を取れるように担当の方もサポートしてくれます。

在宅ワークとはいかないですが、正社員よりも仕事の選択の幅や、時間の自由度を向上させることができるでしょう。

フリーランスエージェントを利用している人の口コミ

フリーランスエージェントを利用している人の口コミ

一応ここでフリーランスエージェントを利用した人の実際の口コミについて一部抜粋して載せておきます。

案件をすぐに欲しい時でも対応してくれた

前にやっていた案件が終了し、急いで新しい案件を探していたのですが、そんな時にも対応頂けたのでとても助かりました。迅速に対応していただける点はかなりメリットです。
項目詳細
年齢・スキル30代・ディレクター

トラブルが起こった時の対応が早くて助かった

まず第一に最初の面談の時にスキルの面をしっかり見て評価してくれました。また問題が発生した時に迅速に対応いただいたので、結果大きなトラブルにならず、とても助かりました
項目詳細
年齢・スキルG.S様 42歳 男性 PHP

福利厚生が充実していて安心できる

福利厚生などのオプションサービスが充実していて、かなり安心して利用することができました。
項目詳細
年齢・スキルR.Y様 20代 男性 iOS Android

他のエージェントと比べて、オプションサービスが充実していたことが決め手でした。交通費や案件が見つからないときの給与保証は、実際使わなくてもあるだけで安心できます。「フリーランスになりたての人にはMidworksが良い」と言う声が口コミで多かったのですが、確かにその通りだと思います。

交通費が出るのは嬉しいですね。自分のスキルに自信がない人にとっては給与保証が魅力的ですし、スキルアップに利用できるキャリアアップ支援費もありがたいです。私は技術書を毎月、最低でも1冊は買っていますね。1万円まで出してくれるので本当に助かっています。

フリーランスエージェントの選び方

フリーランスエージェントの選び方

さて長くなりましたが、フリーランスエージェントとひとえに言っても数十社以上ありますので「結局どれを選べばいいの…」と困惑してしまいます。

そこでこの項でフリーランスエージェントの選び方、次の項でフリーランスエージェントの厳選7社について順番に触れていきますね。

マージン率が低いフリーランスエージェントを選ぶ

まずフリーランスエージェントを選ぶ時には基本的にマージン率が低いエージェントを選ぶようにしましょう。

一般的なSESの会社だと平均で25%のマージンが取られてしまいます。ぶっちゃけこれは「取られすぎ」って感じですね。

そのため、マージン率が10~15%のエージェントを選択すると、比較的案件が高単価に近づきます。

これは絶対頭に入れておきたい内容ですね。

未経験や在宅、自分の希望に合ったエージェントを選ぶ

次に未経験や在宅ワークなど、自分の希望に合わせてくれる案件を出してくれるエージェントを選んでいくのが最適でしょう。

  • 週5で常駐したいから、週5常駐案件が多いエージェント
  • 週1~3で常駐できる案件が多いエージェント
  • リモートワークが可能な案件があるエージェント
自分の希望に合わせて、エージェントを選別できると良いですね。

複数のフリーランスエージェントを併用するのもアリ

また1つに絞れないという方は「複数のフリーランスエージェントを併用していく」というのも選択肢としてはアリです。

基本的にフリーランスエージェントのサービスは全般無料で利用することができますので、複数登録しておいて自分に合った案件を探していくというのも1つの選択でしょう。
他のエージェントにはない独占案件を抱えているエージェントは多いので、単純に案件補強にも有効ですよ。

エンジニアにおすすめのフリーランスエージェント12選

エンジニアにおすすめのフリーランスエージェント15選

それでは長くなりましたが、フリーランスエージェントについて厳選した30社を順次紹介していきます。

まずはエンジニアにおすすめのフリーランスエージェントが下記の通りです。

レバテックフリーランスの特徴

レバテックフリーランスの特徴

レバテックフリーランスの特徴
  1. 案件が高単価で案件提案数が業界トップクラス
  2. 担当アドバイザーの懇切丁寧な対応がウリ
  3. 正社員求人や勉強会、税理士の紹介などの特典豊富

レバテックフリーランスは単価も高いですし、案件も豊富。正にオールラウンダーなフリーランスエージェントです。

基本的にはよっぽどのことがない限り、まずはここに登録する人が多い傾向にありますね。

\簡単5分で登録/

参考:レバテックフリーランスの評判を調査してみた

ミッドワークス(Midworks)の特徴

Midworks(ミッドワークス)の特徴
Midworksの特徴
  1. エンジニアが選ぶフリーランスエージェントでNo.1
  2. 案件が充実しているフリーランスエージェントNo.1
  3. 案件単価で満足度がフリーランスエージェントの中でNo.1
  4. 充実した福利厚生システムが存在する

Midworksはフリーランスエージェントの中ではトップクラスのエージェントになります。

特にエンジニアに特化しており、フリーランスエージェントのサービスの中で満足度が最も高いと評判です。

また福利厚生システムが充実しており、このシステム故にミッドワークス(Midworks)を選ぶ方が多い傾向にありますね。

\簡単5分で登録/

参考:ミッドワークス(Midworks)の評判を調査してみた

ギークスジョブの特徴

ギークスジョブ(geechs job)の特徴
ギークスジョブの特徴
  1. 案件数が業界全体として多く安心感がある
  2. 独自の福利厚生プログラムが手厚い
  3. 登録エンジニア数16000人と高評価

ギークスジョブもフリーランスエージェントの中では有名です。

上記に書いた通り他と大差ない感じのサービスですが、ギークスジョブは頻繁に確定申告セミナーやフリーランス交流会など、フリーランス初心者にとても優しいサービスがたくさんあります。
これからフリーランスを目指していきたいと感じてる人達はギークスジョブが向いていると言えますね。

\簡単5分で登録/

参考:ギークスジョブの評判を調査してみた

テックキャリアフリーランス(テクフリ)の特徴

テクフリ(テックキャリアフリーランス)の基本情報
テクフリの特徴
  1. フリーランスエンジニア・クリエイター向け
  2. 高単価求人が揃っている
  3. 福利厚生システムが充実している
  4. 契約更新率が90%と非常に高い

テクフリも同様に福利厚生が充実しており、エンジニアやクリエイターに特化しているサービスです。

契約更新率が高く、担当アドバイザーが熱烈にサポートしてくれるのがしっかり数字に反映されています。

\簡単5分で登録/

参考:テクフリの評判を調査してみた

PE-BANKの特徴

PE-BANKの特徴
PE-BANKの3つの特徴
  1. 取引企業数1000社以上、案件数50,000以上と豊富
  2. 全国9拠点で案件をこなせる地域が広範囲
  3. 充実した福利厚生制度

PE-BANKは他のエージェント比較して全国的に紹介できる案件があることが特徴ですね。

またフリーランスエージェントとして30年近く続いているサービスですので、長期的に利用したい方にとってはかなり向いていると言えるでしょう。

\簡単5分で登録/

参考:PE-BANKの評判を調査してみた

エミリーエンジニアの特徴

エミリーエンジニアの特徴
エミリーエンジニアの3つの特徴
  1. 高単価の案件が豊富で利用者の20%が年収1000万
  2. 利用者の25%がフリーランス未経験で初心者に優しい
  3. 幅広い案件を抱えており最適な案件を選択可能

エミリーエンジニアも他社と同様に高単価案件を多く抱えています。

また利用者の25%がフリーランス未経験で初心者に優しいので、もし自分1人で不安が大きい方は利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録/

参考:エミリーエンジニアの評判を調査してみた

BTCエージェント(forエンジニア)の特徴

BTCエージェント(forエンジニア)の特徴
BTCエージェントの3つの特徴
  1. 高単価案件が多い
  2. 成長に繋がるハイクラス案件が豊富
  3. コンサルタントによる徹底的なフォロー

BTCエージェントは高単価案件且つハイクラスな案件を持ったフリーランスエージェントです。

担当の方がフリーランスとして成長し続けれらるような案件をしっかり考えてくれるので、成長思考を持ちながら案件をこなすことができます。
フリーランス初心者でも対応可能なので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか?

\簡単5分で登録/

参考:BTCエージェントの評判を調査してみた

エンジニアルートの特徴

エンジニアルートの特徴
エンジニアルートの特徴
  1. フリーランス初心者に優しい
  2. 営業力が高く、幅広い案件を保有
  3. 高単価求人が多く、担当のフォローも手厚い

フリーランス初心者に手厚く、どの年代にも幅広く対応できる案件を保有しているのがエンジニアルートの特徴です。

特に担当の方の対応が手厚いと高い口コミが多く見られたので、案件獲得までをスムーズに行いたい人は非常に向いていると言えるでしょう。

\簡単5分で登録/

参考:エンジニアルートの評判を調査してみた

High-performerの特徴

High-performerの特徴
High-performerの特徴
  1. 12年以上の高い実績があり安心
  2. 高単価案件を多く保有
  3. 上流の案件にも挑戦可能

次に紹介するエージェントはHigh-Performerです。

High-PerformerはITコンサルメインの事業を展開していることから、通常のエンジニア案件だけでなく、さらに上流の案件にもチャレンジすることができます。
現在の報酬や案件内容に満足していない方は、是非利用してみてはいかがでしょうか?

\簡単5分で登録/

実績十分で安心安全!

フューチャリズムの特徴

フューチャリズムの特徴
フューチャリズムの3つの特徴
  1. 企業からの直案件により高単価案件が豊富
  2. 技術者出身の担当が就くので高いマッチング精度を実現
  3. 契約更新に協力的、且つ給料の支払いが早い

フューチャリズムは長期的に利用できるフリーランスエージェントです。

支払いの早さや案件獲得までにスピード感があり、且つ案件の契約更新に非常に協力的である為、長期的に利用していくのに非常に向いていると言えるでしょう。 

\簡単5分で登録/

参考:フューチャリズムの評判を調査してみた

Techclipフリーランスの特徴

Techclipフリーランスの特徴
Techclipフリーランスの3つの特徴
  1. 高単価案件が豊富
  2. 希望案件を新規開拓してくれる
  3. 現役エンジニアによる徹底サポート

TechClipsフリーランスの特徴的な点は、「希望案件を新規開拓してくれる」という点です。

これにより、「自分がもっとこんなことを学びたい」という悩みを解消することができ、フリーランスとして成長しつつ活動することができます。
どの程度まで要望が叶うのか、まず電話にて相談してみてはいかがでしょうか?

\簡単5分で登録/

参考:Techclipフリーランスの評判を調査してみた

フォスターフリーランスの特徴

フォスターフリーランスの特徴
フォスターフリーランスの特徴
  1. 20年という実績があり会員登録数17000人以上
  2. 優良案件が常時5,000件以上あり、最高報酬230万円
  3. 課題解決のスピードと対応力でエンジニアの満足度は90%以上

フォスターフリーランスは実績が非常に長いエージェントで、登録者数は17000人にも上ります。

優良企業が常時5000件以上と非常に安定しているので、安定志向が強い方には非常におすすめのエージェントです。

\簡単5分で登録/

参考:フォスターフリーランスの評判を調査してみた

Webデザイナーにおすすめのフリーランスエージェント3選

Webデザイナーにおすすめのフリーランスエージェント3選

次にWebデザイナーにおすすめのフリーランスエージェントを3つ紹介します。

クリプラスの特徴

クリプラスの特徴

クリプラスは、1日~数日だけ働くことのできる短期派遣サービスで、フリーランスの利用に非常に向いています。

特にフリーランスデザイナー・クリエイターの業務が専門なので、少しリソースが空いた時に利用できると良いでしょう。

クリエイターズマッチの特徴

クリエイターズマッチの特徴

クリエイターズマッチは、試験に合格した人のみフリーランスデザイナーとして活動できる、制限の付きのフリーランスエージェントです。

大手クライアントと仕事をする機会も多く、より専門的な仕事を行いつつ、且つ自由に働いていくことができます。
不合格になっても1ヶ月経てば再度試験を受けることができるので、是非トライしてみると良いでしょう。

Kaizen Platformの特徴

Kaizen Platformの特徴

KAIZEN PLATFORMによって案件を受注すると、自宅でも地方でも海外でも、好きな場所で働いていくことが可能です。

年収1000万を超えるグロースハッカーも存在するので、積極的に利用してみると良いでしょう。

Webマーケターにおすすめのフリーランスエージェント5選

Webマーケターにおすすめのフリーランスエージェント5選

次にWebマーケターにおすすめのフリーランスエージェントを5つ紹介します。

プロの副業の特徴

プロの副業の特徴
プロの副業の特徴
  1. マーケティング・広報やPR案件が多い
  2. 週1 月1などの副業的な運用が可能
  3. スタートアップ企業が多め

プロの副業は、Webマーケター専門のフリーランスエージェントになります。

エージェントといっても働き方としては様々で、週1から月1など、副業的な運用方法も可能です。
キャリアが活きる案件をこなし、収入を増やしていきたい人は使ってみると良いでしょう。

Draftの特徴

Draftの特徴

Draftは中小企業のWebマーケティング支援プラットフォームです。報酬が15%の広告運用の継続案件と、Webコンサルティングのスポット案件が多くあります。

Professional Marketerの特徴

Professional Marketerの特徴

Professional MarketerはWebマーケティングからディレクションまで、様々な案件を抱えるマッチングサービスです。

週8時間で月30万円、週4時間で月15万円などと、単価の高い案件を多いので、高いスキルを持った方は是非利用してみてはいかがでしょうか?

KAIKOKUの特徴

KAIKOKUの特徴

KAIKOKUは、マーケティングの仕事をしたいフリーランスと企業を繋いでくれる、マッチングサービスです。

Facebookのアカウントを持っていればすぐに利用開始できるので、興味のある方は利用してみると良いでしょう。

Workship AGENTの特徴

Workship AGENTの特徴

Workship AGENTもWebマーケター、ディレクター、コンサルタントの案件を紹介しれくれるサービスとなります。

サービス自体が2018年に始まったばかりですが、週1から働くことができ、非常にエージェントとして利用しやすいです。
多種多様な働き方をしたい人は、是非利用してみると良いでしょう。

Webコンサルタントにおすすめのフリーランスエージェント6選

Webコンサルタントにおすすめのフリーランスエージェント6選

次にWebコンサルタントにおすすめのフリーランスエージェントを6つ紹介します。

BTCエージェントforフリーコンサルタントの特徴

BTCエージェントforフリーコンサルタントの特徴
BTCエージェントの特徴
  1. フリーコンサルタントの案件豊富
  2. 平均継続期間は11.5ヶ月と非常に長期
  3. 案件獲得まで丁寧なフォローを実施

BTCエージェントはエンジニアの項で挙げましたが、コンサルタントのエージェントも同時に行っています。

案件の平均継続期間も長く、案件獲得まで丁寧にフォローしてくれるので非常に安心です。
無料で利用できるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

HighPerformer Consultantの特徴

HighPerformer Consultantの特徴
HighPerformerの特徴
  1. 直案件が多い為、案件単価が高い
  2. 支払いサイトが早く、安心
  3. 全録者数10000人超えの実績

HighPerformer Consultantは案件単価が高く、支払いも早いエージェントです。

15年以上の実績を持ち、全登録者数が10000人を超えているので、十分な信頼感があります。
フリーコンサルタントをしている人にとって、必須のエージェントだと言えるでしょう。

フリーコンサルタント.jpの特徴

フリーコンサルタント.jpの特徴

フリーコンサルタント.jpでは、外資系コンサルティング会社や大手SI会社などのコンサル案件を紹介してくれる案件紹介サービスです。

内容はマーケティング、新規商品・サービス開発、プロジェクトのPM・PMO、リサーチ業務、システム開発、など様々あります。

コンサルポータルの特徴

コンサルポータルの特徴

コンサルポータルは、PMO、BPR、システム導入など様々な業種の案件があるフリーランスエージェントになります。

業種は様々ありますが、担当の方があなたのスキルにマッチングする案件を紹介してくれるので安心です。

Patioの特徴

Patioの特徴

Patioは14年もの間続いている実績豊富なフリーランスエージェントです。

製造業向けのSCM業務プロジェクトやRPA設計開発支援プロジェクトなど、メーカーや小売業などの大型プロジェクト案件が豊富にあります。

VIRECの特徴

VIRECの特徴

VIRECクライアントから直接スカウトが届くダイレクトマッチングサービスです。

コンサルタントは無料登録できますが、企業から直接スカウトを受けたい場合は、有料のチケットを購入する必要があります。その代わり、仲介手数料は無料です。

在宅(リモート)から週1~週3案件を多く保有するフリーランスエージェント4選

在宅(リモート)から週1~週3案件を多く保有するフリーランスエージェント4選

フリーランスエージェントは常駐案件が多いので、最後に在宅(リモート)から週1~週3案件を多く保有するフリーランスエージェントを4つ紹介していきますね。

DYMテックの特徴

DYMテックの基本情報
DYMテックの3つの特徴
  1. 5000社を超える企業との繋がりがある
  2. DYMテックだけの独自案件も数多く存在
  3. 担当アドバイザーによる徹底サポート
  4. 週1から週3など幅広い案件有り

基本的に今まで述べてきたサービスは週5の常駐案件が多いですが、DYMテックは週1から週3など幅広い案件があります。

基本的な案件は他のエージェントで確保しつつ、一部気になる案件をDYMテックで取得していく形が理想ですね。

\簡単5分登録/

参考:DYMテックの評判を調査してみた

tech treeの特徴

techtree(テックツリー)の特徴
tech treeの特徴
  1. 高単価案件と独自案件の保有
  2. スピーディな対応とキャリアアドバイザーの丁寧なサポート
  3. 継続的な案件紹介や正社員登用制度と安定した選択が可能
  4. リモート案件多め

tech treeは案件数的には少ないですが、リモート案件を多く保有している特徴があります。

こちらもDYMテックと同様に大手フリーランスエージェントと併用で活用し、興味のある案件だけ獲得していく使い方が望ましいでしょう。

\簡単5分登録/

参考:tech treeの評判を調査してみた

ポテパンフリーランスの特徴

ポテパンフリーランスの特徴
ポテパンフリーランスの4つの特徴
  1. エンド直請案件が多く高単価求人が豊富
  2. 税金や保険関連も担当プランナーが徹底サポート
  3. 週2~3からリモート案件も有り
  4. フリーランス未経験に優しい

基本的にフリーランスエージェントはある程度の経験がないと案件を紹介してくれませんが、ポテパンフリーランス は「独学で学んだ人」や「スクールに通った人」でも案件を紹介してくれます。

未経験にとことん優しいのがポテパンフリーランスの最も強い部分だと言えますね。他は似たり寄ったりな特徴です。

\簡単5分登録/

参考:ポテパンフリーランスの評判を調査してみた

クラウドテックの特徴

クラウドテックの特徴
  1. 取得案件の33%がリモートワーク
  2. 週3~4からOKの仕事も多数
  3. 登録社数が14万社と業界最大規模

クラウドテックはフリーランスがより柔軟に、自由に働いていく為に作られたエージェントサービスです。

常駐案件のエージェントが多い中、クラウドテックは在宅案件を多く抱えており、週3~4からの案件も多数存在しています。
多様な働き方ができるクライドテックは、正にフリーランサーの必須ツールだと言えるでしょう。

\簡単5分で登録/

エンジニアやデザイナーの案件が豊富!!

フリーランスエージェントの利用する時の流れ・手順

フリーランスエージェントの利用する時の流れ・手順

フリーランスエージェントを利用する時の流れや手順については一般的にはどこも似たようなものですので、ここで一般的なフリーランスエージェントの利用の流れについて書いておきますね。

STEP1. 会員登録

まずは会員登録からですね。

基本的にエージェントの公式HPに飛び、個人情報を入力していけば5分もかからずに終わります。
スキルシートを入力させてくる面倒なエージェントもありますが、基本的には5分で終わるものが多いです。

STEP2. 担当アドバイザーと面談

登録が終了すると、3営業日以内に会社の担当の人から連絡が掛かってくるので準備しておきましょう。

ここで実際に担当アドバイザーと面談を行い、欲しい案件のキャッチアップや要望を話し合っていきます。
エージェントにもよりますが、対面での面談、電話での面談様々です。ですがフリーランス初心者だったら対面で行った方が良いですね。

STEP3. 案件紹介→案件決定

面談が無事終了したら担当アドバイザーが案件を紹介してくれるようになるので、自分に合った案件を決めていきましょう。

案件が決まったら、実際にクライアントと面談し、案件に参画できるかどうかが決まっていきます。
ここのクライアントとの面談の部分も担当がしっかりサポートしてくれるので安心して取り組むことが可能です。

STEP4. 実際に案件に参画

最後に案件が無事決まったら、実際に案件に参画して終了です。

またこの時にフリーランス特有の問題やトラブルが起こったとしても、担当がしっかり継続してサポートを行ってくれますので、気になった部分は何でも質問すると良いでしょう。
以上でフリーランスエージェントを利用する流れは以上になります。

フリーランスエージェントの疑問点・質問の回答

フリーランスエージェントの疑問点・質問の回答

最後にフリーランスエージェントの疑問点・質問に対して回答していきますね。

フリーランスエージェントの利用は無料ですか?

基本的に全てのフリーランスエージェントは無料で利用することが可能です。

しかし案件紹介に伴いマージン料が引かれていますので、そこだけは理解しておきましょう。

フリーランスエージェントはエンジニア職種が多いですがWebライター案件はありますか?

基本的にはエンジニア、クリエイター、デザイナーなどの案件が多く、Webライターの案件はほとんどありません。

Webライターでフリーランスをやりたいのであれば、業務委託の求人に募集をかけるか、クラウドワークスを利用することをおすすめします。

フリーランスエージェントに在宅案件はありますか?

結論から言うと、一部存在します。ですが人気度が高く、案件数も少ないことから、かなり倍率が高いことが予想されます。

在宅案件だけを見つけて生活していくのは、至難の技だと言えるでしょう。

フリーランスエージェントの複数併用は可能ですか?

可能です。基本的な案件は大手のエージェントを、リモート案件や週1案件などは他のエージェントで補充、というように使い分けできると良いですね。

フリーランスエージェントは未経験でも利用できますか?

結論から言うと、難しいです。

2〜3年以上のある程度の経験を持った人材を募集しているところが多いので、未経験の人はフリーランスになる前に、未経験OKの会社やスクールでスキルアップ転職を図りましょう。

IT転職であったら「レバテックキャリア」、プログラミングから学びたいのであれば「TechAcademy」というプログラミングスクールがありますので、興味がある方は利用してみると良いですね。

様々なサービスがありますので、実力に合わせてスキルアップしましょう。

フリーランスエージェントのマージン率はどのくらいですか?

一般的には10~25%の間を彷徨っている感じです。ですので、10~15%のマージン率のエージェントを利用できると、高単価な案件に巡り合うことができるでしょう。

フリーランスエージェントおすすめのまとめ

フリーランスエージェントおすすめのまとめ

フリーランスエージェントのおすすめ30選に関する記事は以上になります。

フリーランス需要は伸びているものの、やはりまだまだ個人で安定して生活していく為には営業力やスキル・経験が必要です。

エージェントを利用することで自分に足りない部分が分かり、次何をするべきかが明確になっていくので、複数のエージェントを併用してしようしていくことが重要だと言えるでしょう。
案件を獲得しなくとも、「無料で情報収集できるツール」としても利用できますので、是非利用してみて下さいね。
フリーランスエージェントランキング
  1. レバテックフリーランス
    高単価案件 / 107,000人が選んだエージェント
    https://freelance.levtech.jp
  2. ミッドワークス(Midworks)
    エンジニアが選ぶNo.1エージェント / 福利厚生充実
    https://mid-works.com
  3. ギークスジョブ
    案件数 / 登録者数 / 福利厚生どれもトップクラス
    https://geechs-job.com