Midworksの評判や口コミは?リモート案件やマージン料含め徹底解説

フリーランスエージェント


  • Midworks(ミッドワークス)って何?フリーランス向け?
  • Midworks(ミッドワークス)の評判や口コミが知りたい
  • Midworks(ミッドワークス)の利用に向いている人を知りたい

こんな疑問に答えます。

フリーランスとして独立したいという気持ちがあったり、フリーランスとして独立しているものの、もっと案件数や高単価案件が欲しいと感じている人は多いのではないでしょうか?
近年フリーランスへの案件紹介サービスは非常に増えてきており、「Midworks(ミッドワークス)」もその内の1つです。

そこでこの記事では、フリーランスへの案件紹介サービス「Midworks(ミッドワークス)の評判や口コミ」について記事にしていきます。

スポンサードサーチ

Midworks(ミッドワークス)の情報

Midworks(ミッドワークス)の情報

まずはMidworks(ミッドワークス)の情報の基本的な情報について確認していきます。

サラッとで良いので確認しておきましょう。

Midworks(ミッドワークス)とは

Midworks(ミッドワークス)とは、株式会社Branding Engineer(ブランディングエンジニア)が展開しているフリーランス向けの案件紹介サービスになっております。

フリーランスと言えば案件が継続できるのか不安、福利厚生や保証がなくて不安…という方が多いですが、Midworks(ミッドワークス)だと正社員と同等の保証を受けれることから人気度がダントツで高いです。

項目詳細
スキルJava、PHP、Python、JavaScript、Ruby、MySQL、React
Linux、AWS、iOS、Android、Windows server
職種・ポジションサーバーサイド、フロントエンド、アプリケーション、デーラサイエンティスト
インフラ、UI/UX、ディレクター、プランナー/プロデューサー
案件特徴高単価案件多め、週5常駐案件多め
エリア東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県
サービス無料

基本的にエンジニアに特化して案件紹介を行っており、スキルや職種は上記の通り。またエリアは都心部に集中していて地方でフリーランスをやりたい方には向いていません。

Midworks(ミッドワークス)はフリーランスエンジニアに特化した案件紹介をしてくれる無料のサービスと覚えておけば問題ないですね。

Midworks(ミッドワークス)の会社情報

次にMidworks(ミッドワークス)の会社情報についても記載しておきますね。

項目詳細
会社名株式会社Branding Engineer
代表取締役CEO河端 保志
資本金122,090,000円(資本準備金含む)
事業内容ITを活用したサービス事業
設立2013年10月2日
本社〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル5F

このような情報になっており、ITに関連した事業が主体です。

近年情報化社会はどんどん加速しており、将来的に日本はIT人材が不足すると言われているほど情報化社会に突入してきています。

基本的にエンジニアといっても様々な職種があり、フリーランスとして活動していきたいものの、自分に合った仕事を見つけていくことはとても難しいですよね。

そんなITの時代に伴い、自分の欲しい仕事を簡単に見つけることのできるこの案件紹介サービスは、とても有意義なものだと言えるのではないでしょうか?

現状フリーランスの人や、これからフリーランスになりたいと考えているエンジニア職の人達で興味のある方は、一度覗いてみると良いかもしれません。

\Midworksはこちら/

Midworks(ミッドワークス)の3つの特徴

Midworks(ミッドワークス)の3つの特徴

次にMidworks(ミッドワークス)の特徴について3点で説明します。

Midworksの特徴
  1. エンジニアが選ぶフリーランスエージェントでNo.1
  2. 案件が充実しているフリーランスエージェントNo.1
  3. 案件単価で満足度がフリーランスエージェントの中でNo.1

Midworks(ミッドワークス)の特徴としてはこんな感じになっており、業界での地位は圧倒的です。

この特徴を踏まえ、次の項でMidworks(ミッドワークス)のメリットとデメリットについて、より深掘りして触れていきたいと思います。

Midworks(ミッドワークス)の良い評判は?4つのメリット

Midworks(ミッドワークス)の良い評判は?4つのメリット

それではMidworks(ミッドワークス)のメリットについてまずは紹介していきますね。

全部で4点ありますので、1つ1つ確認していきましょう。

高単価案件を多く保有している(マージンが低い)

1点目は「高単価案件を多く保有している」という点です。
高単価案件を多く保有している(マージンが低い)

上記の画像のように一般的なフリーランスエージェントの案件紹介によるマージン率は20~25%と言われています。

しかしMidworks(ミッドワークス)においては業界トップクラスの低マージン(10~15%)となっており、高単価案件の紹介が実現可能です。

フリーランスの悩み事の1つとして、単価が上がらない、低単価案件が多いという悩みは非常に多いんですよね。

Midworks(ミッドワークス)だと高単価案件を多く保有しているので、あなたの収入はアップし、生活のレベルも一段階上がること間違いなしです。

また案件を検索した時に単価も公開していることから、よりクリアな検索が可能で、安心感があるのも利点ですね。

案件数が業界トップクラス

2点目は「案件数が業界トップクラス」という点です。
案件数が業界トップクラス
Midworks(ミッドワークス)は有名企業の株式会社Branding Engineerが運営しているので、中小企業だけでなく大手企業とのパイプも強く持っています。

それ故フリーランス個人では及ばない様々な案件を紹介することができ、案件紹介数が多くなるんですね。

案件数としては約3000件もの案件が蓄積されており、業界としてはトップクラスに多い案件数となっております。

フリーランスの悩みとして「案件がなくなる不安」というのは常に付き纏いますので、Midworks(ミッドワークス)を利用して案件を確保できる点は、非常に魅力的です。

正社員と同等の待遇を保証してくれる

3点目は「正社員と同等の待遇を保証してくれる」という点です。
正社員と同等の待遇を保証してくれる

このサービスがフリーランスエージェントとしてMidworks(ミッドワークス)が選ばれる最も強い理由だと言っても過言ではありません。

 

案件が長期のものが多く、継続して業務を行うことが可能

まず案件が全体として長期案件のものが多く、フリーランスとして継続的に業務を行うことが可能です。

短期案件ばかりこなしていると、どうしても案件を獲得し続けなければならない難しさや、案件獲得作業に時間が取られてしまう問題に直面し、効率が下がってしまいます。
しかしMidworks(ミッドワークス)だと長期案件のものが多いので、より正社員に近づいた状態で仕事に取り組むことが可能です。

 

他のエージェントにはない福利厚生システムが存在する

またフリーランスは個人事業主なので正社員による福利厚生や社会保障などの恩恵を受けることはできないものの、Midworks(ミッドワークス)だと福利厚生システムが存在します。

具体的に言うと、

福利厚生システムの種類
  1. フリーランス賠償責任を補償してくれる
  2. イーウェルが提供する福利厚生サービスWELBOXの利用が可能
  3. 全国各地にあるワークスペースの利用が可能
  4. 法務税務相談のレビューサービスの利用が可能
  5. クラウド会計ソフトfreeeを無料で利用が可能
  6. 任意加入で保険料が40%オフにできる所得補償制度
  7. 健康診断優待がある

こんな感じで、フリーランス協会に無料入会できることで上記のような恩恵を受けることが可能です。

ぶっちゃけこのサービスが最強すぎて、多くの人がMidworks(ミッドワークス)を選んでいる結果に繋がっています。

フリーランスとして自由度を持ちつつ、且つ正社員のような安定感を得ることができるので、あなたの不安に思っている部分を一挙に解消することができますよ。


\Midworksはこちら/

専門アドバイザーによる長期的な視点を入れた徹底的フォロー

4点目は「専門アドバイザーによる長期的な視点を入れた徹底的フォローがある」という点です。
専門アドバイザーによる長期的な視点を入れた徹底的フォロー

一般的なフリーランスエージェントだと、専門性の低いアドバイザーと案件の話を進めていくことになりますので、案件獲得においてクライアント企業と微妙に話が噛み合わないことがあります。

しかしMidworks(ミッドワークス)だと専門性の高いアドバイザーと共に話を進めていきますので、クライアントとのニーズにミスマッチが起こらず、テンポよく案件獲得が可能です。

また案件参画後もフォロー体制が整っていますので、トラブルや問題解決にも尽力してくれます。

なかなかここまで痒い部分まで手が届いていないエージェントが多いので、この部分は大変魅力的だと言えますね。

Midworks(ミッドワークス)の悪い評判は?3つのデメリット

Midworks(ミッドワークス)の悪い評判は?3つのデメリット

Midworks(ミッドワークス)のメリットについて紹介したので、次にMidworks(ミッドワークス)のデメリットについても紹介していきたいと思います。

全部で3点ありますので、それぞれ確認していきましょう。

フルリモートの案件が少ない

1点目は「フルリモートの案件が少ない」という点です。
約3000件の案件を保有していると言いましたが、その中でもフルリモート案件というのはほとんどありません。他の記事では「ある」と書いているかもしれないですが、残念ながら信憑性は薄いです。

基本的には週5の常駐案件が9割、残りの1割の中に週1~週3があると思って下さい。それくらいフルリモートの案件は少なくなっています。

やはりフリーランスのメリットとして、完全フルリモートで働きたいという願望は1度は抱くものです。

しかしそのメリットを活かせる案件が少ないのは、残念ながらデメリットだと言えるでしょう。

未経験のエンジニアには案件取得は厳しい

2点目は「未経験のエンジニアには案件取得は厳しい」という点です。

Midworks(ミッドワークス)は現状エンジニアとして活動していて、フリーランスに挑戦したいという人や、フリーランスとして活動しているけどもっと案件を増やしたいという人に向いています。

故に全くの未経験から紹介してくれる案件はないと思った方が良いでしょう。

IT転職であったら「レバテックキャリア」、プログラミングから学びたいのであれば「TechAcademy」というプログラミングスクールがありますので、自分に合った選択を取った後、フリーランスになるのが賢明です。

いきなり未経験からフリーランスになるよりも、段階を踏んで行くことが大切ということですね。

案件が都心部に集中しているので地方の案件は少ない

3点目は「案件が都心部に集中しているので地方の案件は少ない」という点です。

先ほどもサラッと書きましたが、基本的に案件は都心部(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)に集中しています。

ですので上記の地域以外でフリーランスとして働きたいという人や、田舎で働いていきたいと考えている人達にとっては向いていないサービスだと言えるでしょう。

Midworks(ミッドワークス)を実際に使用した人の口コミ

Midworks(ミッドワークス)を実際に使用した人の口コミ

Midworks(ミッドワークス)のメリットやデメリットについて経ましたので、次に実際にMidworks(ミッドワークス)を利用した人の口コミについて触れていきますね。

担当者に熱意があり、安心して案件を獲得できる

担当者が熱に溢れていて、安心して案件を獲得することができました。
項目詳細
年齢・スキルM.T様 30代 男性 JavaScript

今思い返してみると、以前のエージェントの担当者は熱意がなかったと思います。私の意思もうまく伝わらず、会話が思うようにできなかったです。でもMidworksの担当者は熱心で、知識も豊富なので、話も合い、安心して任せられます。

担当の質が良いと、クライアントとのニーズの誤差も生まれないですし、テンポ良く進めていくことが可能です。やはりこの担当の質というのは非常に大きい部分だと感じますね。

福利厚生が充実していて安心できる

福利厚生などのオプションサービスが充実していて、かなり安心して利用することができました。
項目詳細
年齢・スキルR.Y様 20代 男性 iOS Android

他のエージェントと比べて、オプションサービスが充実していたことが決め手でした。交通費や案件が見つからないときの給与保証は、実際使わなくてもあるだけで安心できます。「フリーランスになりたての人にはMidworksが良い」と言う声が口コミで多かったのですが、確かにその通りだと思います。

交通費が出るのは嬉しいですね。自分のスキルに自信がない人にとっては給与保証が魅力的ですし、スキルアップに利用できるキャリアアップ支援費もありがたいです。私は技術書を毎月、最低でも1冊は買っていますね。1万円まで出してくれるので本当に助かっています。

楽しく働ける環境作りが可能

Midworks(ミッドワークス)を利用することで仕事選びや時間の使い方に関して充実度がかなり上がりました。
項目詳細
年齢・スキルS.K様 20代 男性 Python

案件の納期が短期間のものだと、人が少ない職場では圧迫されてしまい負担が大きくなってしまいます。Midworks(ミッドワークス)だと長期案件だし、自分の裁量で仕事を選べるので、会社員のように「会社に留まらないといけない」といった心配もいりません。

また1ヶ月の時間の使い方が違います。契約で事前に取り決めができれば、自分で時間調整して、行きたいセミナーに行くなど基本的には自由です。一方、会社員だと有給を使ったり欠勤したりする必要があるので、そういった煩わしさはないのもフリーランスの利点だと思います。

このように、フルリモート案件が少なかったとしても、自分で仕事を選択できて、時間も比較的調整しやすい。正社員に近い安心保証がついてきて単価が上がるのは魅力的ではないでしょうか?

もし現状フリーランスになることに興味がある、フリーランスだけど案件数を増やしたいという方がいるのであれば、Midworks(ミッドワークス)はかなり有益なサービスだと言えるでしょう。

\Midworksはこちら/

Midworks(ミッドワークス)を利用するのに向いている人【利用するべき人】

Midworks(ミッドワークス)を利用するのに向いている人【利用するべき人】

さて、ここまでMidworks(ミッドワークス)について色々紹介してきたので、Midworks(ミッドワークス)の利用に向いている人がどのような人なのか纏めていきますね。

Midworksを利用するべき人
  1. フリーランスに転身したいと考えているエンジニア
  2. フリーランスとして活動しているけどさらに単価や案件数を上げたい人
  3. 都心部(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)で働ける人

フリーランスに転身したいと考えているエンジニア

まずは「フリーランスに転身したいと考えているエンジニア」ですね。

エンジニアとして経験があるにも関わらず、いきなりフリーランスになるのは怖いと感じている人は多いと思うので、Midworks(ミッドワークス)を利用してのフリーランスデビューはとても向いています。
正社員と同じような福利厚生もあることから、純粋に自分の時間の使い方と単価向上を狙えるので大変おすすめです。


\Midworksはこちら/

フリーランスとして活動しているけどさらに単価や案件数を上げたい人

次に「フリーランスとして活動しているけどさらに単価や案件数を上げたい人」となります。

やはりフリーランスで個人で活動していて、単価交渉を行って単価を上げていくのはとても難易度が高いです。

Midworks(ミッドワークス)を利用すれば単価交渉の知識や、純粋に高単価案件を確保することができますので、あなたの生活レベルをより充実したものにすることができるでしょう。

\Midworksはこちら/

都心部(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)で働ける人

最後に「都心部(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)で働ける人」となります。

Midworks(ミッドワークス)はとても利便性の良いサービスですが、この部分だけはどうしてもデメリットになる部分です。

しかし現状都心に住んでいなかったとしても「将来的に都心で働きたい」と考えている人には利用検討の余地はあるでしょう。

Midworks(ミッドワークス)と他社のフリーランスエージェントの比較

Midworks(ミッドワークス)と他社のフリーランスエージェントの比較

念の為、Midworks(ミッドワークス)と他社のフリーランスエージェントを比較し、特徴違いについても理解を深めておきましょう。

*横にスライド可

会社名案件数特徴地域・エリア
レバテックフリーランス約8000件(公開求人)
週5常駐案件が多い
登録者数10万人・認知度No.1東京、大阪、福岡、愛知
Midworks(ミッドワークス)約3000件(公開求人)
週5常駐案件が多い
正社員に近い福利厚生制度
エンジニアが選ぶサービスNo.1
東京・神奈川・埼玉・千葉
テクフリ約2000件(公開求人)
週5常駐案件が多い
福利厚生制度有り
低マージン料による高単価案件を実現
東京、神奈川、埼玉、千葉
ギークスジョブ約1400件(公開求人)
週5常駐案件が多い
独自の福利厚生制度
フリーランス初心者へのサポート充実
東京、大阪、名古屋、福岡
PE-BANK約650件(公開求人)
週5常駐案件が多め・非公開含めると5万件以上
福利厚生充実
案件の地域が全国9拠点と多い
東京・札幌・仙台・名古屋・京都・大阪・岡山・広島・福岡
ポテパンフリーランス 約400件(公開求人)
週2~3からの案件豊富
高単価案件、経験が浅く未経験でも利用可能東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪
エミリーエンジニア約200件(公開求人)
ほぼ非公開求人・週5常駐案件多め
高単価案件、実務経験無しでもスキルがあれば可能東京・神奈川・千葉・埼玉
DYMテック5000社を超える企業からの案件(案件数不明)
週1から週3など幅広い案件有り
転職大手のDYMによる企業との強いパイプ首都圏、関西、名古屋、福岡
tech tree直請け案件200件以上。保有率No.1
リモート案件多め
直請け案件のみ。高単価で即日案件紹介も可東京・神奈川・埼玉・千葉

このようになっています。

見ていただけると分かる通り、それぞれのエージェントに特有の特徴があり、案件の地域や数なども全く違います。

Midworks(ミッドワークス)を利用するのも良いですが、Midworks(ミッドワークス)以外のフリーランスエージェントを併用して使っていくのも大変良い手段だと言えるでしょう。

フリーランスエージェントのおすすめを30社比較してみた【厳選】

2020-03-21

\Midworksはこちら/

Midworks(ミッドワークス)を登録する時の手順(60秒)

Midworks(ミッドワークス)を登録する時の手順(60秒)

最後にMidworks(ミッドワークス)を登録する時の手順について書いていきますね。

STEP1. Midworks(ミッドワークス)の公式HPに移動

まずはMidworks(ミッドワークス)の公式サイトに移動し、上記の画像の緑のボタンに書いてある「登録する」というボタンを押しましょう。

Midworks(ミッドワークス)の登録画面にリンクしています。

STEP2. 氏名・職種・就業状況を記入

STEP2. 氏名・職種・就業状況を記入
次に上記の画面に移りますので、氏名・職種・就業状況などを入力していきます。

STEP3. 生年月日・メールアドレスを記入

STEP3. 生年月日・メールアドレスを記入

最後に生年月日・メールアドレスを記入して「送信する」ボタンを押しましょう。

スキルシートなどの面倒な手続きを踏まなくて済むので、簡単に登録することが可能です。

Midworks(ミッドワークス)に関連するよくある質問

Midworks(ミッドワークス)に関連するよくある質問

Midworks(ミッドワークス)に関連するよくある質問についておまけで載せておきますので、気になる部分は見ておいて下さいね。

Midworks(ミッドワークス)の利用は無料ですか?

基本的にサービスに関する利用は全て無料になります。案件を取得した際に料金の支払いが発生することはありません。

Midworks(ミッドワークス)で週3とかの案件はありますか?

一部ございます。しかし人気が高いので、早い段階でアドバイザーに相談いただけると助かります。

Midworks(ミッドワークス)の常駐案件って何ですか?

基本的に実際に企業に行き、指定されたデスクで案件を行っていくというやり方です。会社員と変わらないじゃん!と感じる方もいるかと思いますが、会社員よりも単価が高く、契約期間も更新の自由度が効きますので、自分に合わせた働き方が可能です。

フリーランスになるには何から始めれば良いですか?

フリーランス(個人事業主)になる際に、税務関連や保険関連などの手続きが必要です。Midworksサポートを行っていますので、気軽にご質問下さい。

支払サイトはどれくらいになりますか?

20日サイトが弊社の一般的な支払いサイトになります。

Midworks(ミッドワークス)の評判や口コミのまとめ

Midworks(ミッドワークス)の評判や口コミのまとめ

というわけで内容は以上になります。

Midworksを利用するべき人
  1. フリーランスに転身したいと考えているエンジニア
  2. フリーランスとして活動しているけどさらに単価や案件数を上げたい人
  3. 都心部(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)で働ける人

上記に当てはまる人達にはかなり向いているサービスだと言えますので、是非利用してみると良いでしょう。

\Midworksはこちら/